FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:神奈川の名所
久しぶりの週末の晴天、八週間ぶりとか。

昨日、妻とウォーキングを兼ねて鎌倉文学館から銭洗弁天、そして葛原岡神社に出かけた。

久しぶりの晴天のせいか、コロナの自粛にみな飽きてきたせいか、人出はかなりあった。

特に、池子や横須賀あたりの米軍関係者と見られる家族ずれが、逗子や鎌倉に沢山いた。

逗子、鎌倉には、月に一度ぐらいは歩きに来ていたが、こんなに沢山外国人を見たのはコロナ以降は初めである。

米軍の外出禁止令が解除になったのかどうかは知る由もないが、小さな子供たちが街なかを楽しそうに歩き回る姿は何とも愛らしい。





御成り通りは小町通りとは異なり落ち着いた雰囲気。
2020-10-25-1.jpg

味わい深い建物も多い。
2020-10-25-2.jpg

庚申塚も移動されることなく保存されている。
2020-10-25-3.jpg

予約すればこのお宅の中を見せてくれるらしい。
2020-10-25-4.jpg

鎌倉文学館の敷地。いかにも鎌倉の雰囲気。
2020-10-25-5.jpg

鎌倉文学館は、加賀百万石の旧前田家の別邸で国の文化財となっている。

そして、鎌倉ゆかりの文学者の原稿や愛用品などの資料の収集展示がされているが、残念ながら館内は撮影禁止。

この日は、川端康成展。
2020-10-25-6.jpg

妻によると、この建物はテレビドラマで「お金持ちの家」の設定でよく撮影に使われているとか。
2020-10-25-7.jpg

文学者よりも、実はバラを見る方が目的であった。
2020-10-25-8.jpg

他の観光客が私の思っていたことをズバリと言っていた。

「大したことないね、これじゃあ山下公園の方がずうっといいねぇ」
2020-10-25-9.jpg

敷地から相模湾が望める。
2020-10-25-10.jpg

このまま帰宅するには歩数が足りないので、銭洗い弁天、源氏山経由で北鎌倉に抜けることとする。
2020-10-25-11.jpg

銭洗い弁天は参拝者の長蛇の列で「密」もいいところ。

コロナ不況の影響かあまりの行列の長さに参拝を断念。
2020-10-25-12.jpg

鎌倉で縁結びといえば、葛原岡神社。

神聖な「縁結び石」を不届きにも撮影したためか、写真がおかしい。
2020-10-25-13.jpg

妻は葛原岡神社境内の木々の根の張り方をみて、「複雑に絡み合って切っても切れないから、こっちの方がご利益があるんじゃないの」と言っていた。

葛原岡神社のホームページを見てみたがこの木に関する写真も記述も無い。

葛原岡神社の皆さま、これも売り出したら如何でしょうか。
2020-10-25-14.jpg

久しぶりの源氏山コース。
2020-10-25-15.jpg

さだまさしの楽曲に「縁切寺」というのがあった。

源氏山から北鎌倉へ行き、たどり着いたのが縁切寺で「お願いここだけは~よしてあなたとの~」というフレーズを覚えていたので、妻に縁切寺によるかどうか確認した。

「途中で買い物しなきゃならないので早く帰りたい」との事で、寄らずに帰った。

一応、まだ縁は切られずに済みそうである。



スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
本日ウォーキングして帰ってきたら、コタツが出ていた。

いくらなんでも早いんじゃないのと思ったが、冷え性の娘の「下半身が冷えるし猫も可愛そう」という主張を妻が受け入れたらしい。

2020-10-18.jpg

昨日は確かに寒かった。

箱根駅伝の予選会をテレビで見ていたが、冷たい雨の中のレースであった。

しかし、選手にとってはこれがとても良いコンデションのようで、好記録続出となった。

選手には絶好のコンデションでもテレビで見ているこちらは寒さでついエアコンの煖房を入れてしまった。

エアコンよりコタツの方が電気代のが安い、という妻の思惑だろうか。

さすがにコタツのスイッチは入れていないが、猫はしっかりコタツにもぐっている。

冬はもうすぐ。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
一昨日と昨日(10/2・3)、GO TOを使ってふらりと一人で会津へ行った。

一泊二日、往復新幹線の切符とビジネスホテルの朝食付きで15,000円というのは安い。


一方でコロナ。

今でも毎週居酒屋で飲んでおり、また、職場の雑居ビルではクラスターも発生しており、私がコロナに感染していてもおかしくはない。

万が一を考慮して、実家にも知らせず寄らずで、ひたすら盆地内をサイクリングをする計画。






初日は喜多方駅からのサイクリング。

ところが駅を出ようとする警察が規制線を張っていて、テレビ局も来ているではないか。

凶悪事件勃発かと思いお巡りさんに聞くと、熊が駅前に出現したとの事。

「でっかい熊ですか」と尋ねると、「よくわからない」とのんびりした答え。結局見つからなかったらしい。
2020-10-2-0.jpg

まずは、駅前のホテルで電動アシスト付きのレンタルサイクルを借りた。
2020-10-2-1.jpg

次に、有名どころのラーメン店で腹ごしらえ。
2020-10-2-2.jpg

当てもなく、あっちこっち走り回る。
2020-10-2-3.jpg

一面田んぼのはずがこの光景。転作が進んでいた。
2020-10-2-4.jpg

2020-10-2-6.jpg

行くつもりはなかったが、吸い寄せられるように実家の墓に。

せっかくなので墓参り。
2020-10、-2-5.jpg

2020-10-2-7.jpg

自転車で適当に走っていると田んぼの中に妙な風景が出現。

お墓の集団なのだがこの辺りは古墳が沢山あったようだから、これも古墳かもしれない。
2020-10-2-13.jpg

この辺りからみれば雄国山とは思えない形。
2020-10-2-9.jpg

熊倉町はかつての宿場町で、昭和以前の風情が残っていて私の好きな所。

きちんと保存していれば、立派な観光地になっただろうが残念である。
2020-10-2-15.jpg

この後は電車で会津若松へ。そしてビジネスホテルに宿泊。

食事は、宿泊客のみを対象とした日本酒一杯におつまみがついて千円という「ほろ酔いセット」で飲み屋のはしご。

酒は地元の日本酒でつまみも三品ぐらいあり、どの店もとても素晴らしくつい四軒回った。

三軒までは気持ちよく回ったが、四軒目はダメだった。

どの店も酒の銘柄を言ってから出すのだが、四軒目は銘柄も言わず、出された酒もまずい。

「この酒の銘柄は何」と尋ねても「会津の酒」というだけで答えないし、つまみも一品のみ。

おかみさんの態度も横柄だし、千円で儲からない観光客相手とはいえひどすぎ。

こういう店に当たると会津のイメージが悪くなるから、観光客相手のキャンペーンには参加して欲しくない。






翌日は会津若松駅前でレンタルサイクルを借りて盆地の南部をサイクリング。

ただ昨日は天気があまりよくなく、ときおり雨もぱらつく。

伊佐須美神社。
2020-10-2-10-10.jpg

会津高田町も私の好きな所。

ただここも寂れる一方のようで寂しい限り。
2020-10-2-12 (2)

昼食は駅前で未体験の「山塩ラーメン」。

期待していなかったが、これがなかなか当たり。
2020-10-2-11.jpg

思う存分会津盆地を走り回ることができたが、尻がとても痛くて困った。

それにても電動アシストの素晴らしさには脱帽。

毎日自転車で走り回っていた中高生時代並みに走れた。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ