FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:日常生活
本日、妻はピアノを断捨離した。

妻は、25年前に10万円で中古のピアノを購入した。

長年弾いたピアノを「もういらない」ということで、業者に25,000円で引き取ってもらった。

「処分費がとられるかと思ったけど、元をとっておつりが来た」と妻は大喜びであるが、猫が登るし隠れ家にもなっていたので、私は売らなくてもいいと思っていた。
2019-7-28-1.jpg

妻の得意の曲は、ショパンのノクターン。

よく弾いていた。

ただある時、「その曲を聞くと浅田真央の引きつった顔を思い出すからやめてくれ」と私が言ったことがあり、それが原因かどうかは分からないがあまりピアノを弾くことが無くなった。

ソチオリンピックで浅田真央が失敗したショートプログラムの曲がショパンのノクターンである。

私は、あれ以降、ショパンのノクターンを聞くとどうしても浅田真央を連想してしまうようになった。




娘もピアノを習っていた時期はよく弾いていたが、それも随分と昔のこと。

娘は結局、妻ほどの腕にはならなかった。
2019-7-28-2.jpg

25,000円で売られたうちのピアノは綺麗になり調律もされ、いつか東南アジアかどこかの少女が弾いてくれるかもしれない。


で、可哀そうなのが猫。

登れるところで、出窓以上の高いところが無くなってしまった。

スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
今年の梅雨は長い。そしてよく雨が降った。

その代わり気温が低いのが救いである。

通勤時に歩くことを日課にしている私にとっては、今年の梅雨は痛しかゆしである。

大雨の時はさすがに歩くことは無いが、小雨だと歩いてしまう。

この日は、かろうじて傘はいらなかったが、湿度がとても高い。

まずは桜木町駅前から。
2019-7-21-1.jpg

建設途中の市役所も大分高くなってきたが、高さはこれ以上高くはならないのかも。
2019-7-21-3.jpg

ランドマークプラザの入り口は6時55分にならないと開かない。

かなりの人数が開くのを待っており、もう少し早く開けて欲しい。

晴れていればここに入ることは無いが、濡れるのを減らすにはこのルートに頼らざるを得ない。
2019-7-21-2.jpg

喫茶店は7時から。
ここで朝食やお茶をして仕事にいくのだろうが、喫茶店、マクドナルド、コンビニなどどこも行列状態。
2019-7-21-4.jpg

それだけ朝食難民がいるということてあるが、私の場合は、家で朝食をとっており寄ることは無い。
2019-7-21-5.jpg

クイーンズスクエアは7時4分頃通過。

人はまだまばらである。

このルートのいいところはトイレに不自由しないこと。
2019-7-21-8.jpg

この「ひさし」のルートを使うのも濡れたくないから。

手塚治虫が書いていた未来の都市はこんなイメージだったかな、とここを通るたびに思う。
2019-7-21-6.jpg

風雨が強い日は、全身ずぶぬれになり、海のそばのこの辺りを歩くと悲惨である。
2019-7-21-9.jpg

赤レンガ倉庫の当たりは撮影に使われることが多いが、この日も何かの撮影、グラビアかな、をしていた
2019-7-21-7.jpg

顔が小さくとてもスリムで背の高い女性の撮影で、モデル一人にスタッフは20人以上。

こういう天気も写真に味わいが出るのかもしれない。



雨が降らなくとも、湿度が高くて汗で全身が濡れてしまう。

職場には入るとこの季節はシャツだけは変えるようにしている。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
毎日雨が降り続いている。

雨が多いと緑も繁茂する。

数年前からか、10数年前からかは、記憶が無いが、散歩途中のこのお宅は空き家である。

元々ツタの絡まるお宅であったが、最近の雨でますますツタが絡まり、もはや遠目には家とは見えなくなってきている。
2019-7-14-1.jpg

2019-7-14-2.jpg

2019-7-14-3.jpg

2019-7-14-4.jpg

空き家は、我が家の周辺でも相当な数になってきている。

明日は我が身で、我々夫婦の死後は我が家もこうなる可能性はある。

「自然に帰れ」という言葉があったが、住宅街が元の山に戻っていくのはどうも気持ちが良くない。

一方で、まだ開発が続いているのは、不思議なことである。。

何か良い対策はないものか、これが大きなビジネスチャンスになるのではないか、とこのお宅の前を通るたびに思うのだが良い考えは浮かんだためしがない。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:動物
朝いつものように家を出て駅に向かっていた。

いつもの道、何時もの時間であるが、道路に変なものが居た。

最初は紐かと思ったが、動いている。

なんだこれは?

太さは1cm程度だが、長さは1mぐらいはある。

ぬめっとしていて、とても気持ちが悪い。

子どもの頃の教科書に載っていた寄生虫の写真を思い出した。




カメラに接写機能も付いているが、写真を取るのも気持ち悪く、近づきたくなかった。

とりあえず、腰の引けた写真だけ撮って職場に行った。
2019-7-7-1.jpg

2019-7-7-2.jpg

2019-7-7-3.jpg

2019-7-7-4.jpg

2019-7-7-5.jpg

2019-7-7-6.jpg

職場で早速検索してみた。

オオミスジコウガイビルというらしい。

私は初めて見たし、職場の同僚も見たことないと言っていた。



以下全てネット情報による。

中国原産で日本では1968年に皇居で初めて発見されて大騒ぎになったという。

肉食であり、ミミズやナメクジ、カタツムリなどを食べ、都会の公園などに出没する、また、ヒルという名前がついているがヒルではなく、プラナリアの仲間とのことである。

高校生が実験したところ、体を切断したら二週間で再生した、何ていう話もあった。

ネットには他にも色々出ているが、犬に食べさせた実験などこれが一番面白かった。→偽寄生虫 コウガイビル




今までこんなもの見たことも無く全く知らなかった。


ところが息子に写真を見せると「小学校の時に何度も見たよ、煉瓦の下とかにいるんだよ」と言った。

「うちの庭にもいるんじゃないの」、という妻の言葉にもぞっとする。

無害であると言ってもこんなのがうじゃうじゃいたら庭仕事をする気が無くなる。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ