FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:季節、気候、天気
我が近所にも秋の実が生ってきた。

何という名前のキノコだか知らないが、一日でアッと言うに大きくなる。

比較するものがなくて大きさが分かり難いが、私の帽子の大きさ位はある。
s_2017-9-24-1.jpg

こちらはまだ生えたて。
s_2017-9-24-2.jpg

種類が違うがこちらは食べられそう。
2017-9-24-5.jpg

銀杏の実も落ち始めてきた。
歩道が臭くてしょうがないのが難点。
毎年、掃除のボランティアを兼ねて拾って食べようかと考えるものの、一度もやったことなし。

昔、職場のおじさんが、手軽に食べる方法を教えてくれた。
銀杏の実をミキサーに入れてかき回すと果肉が取れるので、それをビニールの袋に入れて電子レンジでチンするとできあがり、というもの。
今年はやってみるかな???
s_2017-9-24-4.jpg
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
横浜・中華街を知らない人はほとんどいないだろうが、中華街がとても汚い街だということは、どれほどの人が知っているだろうか。

中華街はグルメのテレビ番組でよく取り上げられるが、この悲惨な実態も是非取り上げてもらいたいものだ。

私は、毎朝、散歩をするのが日課だが、中華街だけは足を踏み入れたくない。

(ただし、夜はこのところよく飲みに行っている。)
2017-9-17-1.jpg

毎朝のゴミの散乱は、とてもひどいものである。
2017-9-17-4.jpg

カラスが生ゴミの奪い合いをして大騒ぎ。
2017-9-17-5.jpg

まさに憤慨(糞害)
2017-9-17-6.jpg

2017-9-17-7.jpg

想像するに、お店の人が有料の「事業系ゴミ」として出さずに、無料の「家庭ゴミ」として出すから、ゴミ収集がされないことが原因ではないかと思う。
2017-9-17-8.jpg

ドヤ街として有名な寿町は中華街からも近いが、ここと比べれば百倍もきれいである。
2017-9-17-9.jpg

2017-9-17-10.jpg

一度観光客が離れたら、それを呼び戻すことはかなり難しい。

是非とも早急に改善してほしい。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
「細菌検査室」一般公開20周年記念講演会が、長浜ホールで開かれたので、これは行かねばならぬと思い出かけた。

講演者は、ノンフィクション作家・ジャーナリストの山本厚子さん。

新進気鋭の若手作家かと思っていたら、年配の方であった。
2017-9-10-1.jpg

会場の長浜ホール。
2017-9-10-2.jpg

会場は満杯。
2017-9-10-4.jpg

ホワイエでは、パネルの展示。
2017-9-10-6.jpg

いつもながらこの自販機は、よいデザインだと思う。
2017-9-10-7.jpg


こちらが、一般公開されている細菌検査室。
2017-9-10-5.jpg

講演会終了後覗いてみたが、見学者は誰もおらず。
また、新規の展示物もなし。
2017-9-10-8.jpg

この講演会の共催でもある「野口英世細菌検査室保存会」の人達の会誌。
300円で購入してきた。
2017-9-10-9.jpg

講演会は、「中南米・アフリカにおける野口英世」というテーマで、当時の国際状況を踏まえての野口英世の事績の説明で、なかなか興味深いものがあった。

最も印象に残ったのが、野口英世とロックフェラーとの関係である。

「石油プローカーとして巨額の利益を上げ、うさんくさい成金が箔を付けるために作った研究所、当時の感覚では『5流の研究所』。

野口英世がロックフェラー研究所の知名度を上げるのに大いに貢献した。

また、野口英世も日本に帰りたくとも、日本の大学は全く相手にしてくれない。

まさに、持ちつ持たれつの関係であった。

だから黄熱病研究が失敗に終わったと分かっている現在でも、創業者ロックフェラーと野口英世の銅像が今で相対する形で置かれている。

失敗の研究でも後に続く者は、それを生かしてさらに研究を深めていく。

海外では、失敗の研究でも評価されうるということである。

エクアドルやガーナには今でも野口の前が付いた通りや銅像がある。・

銅像には『黄熱病の病原菌発見』の説明板の下に、『それは後に間違いだったと判明した』という説明板が後につけられた。

決して銅像を壊すというようなことはしておらず、評価は今でも続いている。」

というようなことであった。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
これまで携帯は、ドコモのガラケーと格安SIMの二台持ちであった。

だんだんこれも面倒になってきたし、ドコモの更新月になったこともあり、格安SIMに一本化することにした。

携帯会社は色々検討したが、最近CMをかなり流しているUQに決定。

データ3GBまでの制限はあるが、価格は税抜き1680円/月。

私の場合、これまでの経験では3GBどころか2GB超えることもなかった。






そしてこの際、スマホも買い替えることにした。

当初の予定は性能に比べて価格が安いHUAWEIにしようと思っていたが、ヨドバシカメラの中国人の店員さんと話しているにうちに迷いが生じてしまい、結局性能の劣るAQUOSにしてしまった。

中国人の店員さんは、完璧な対応で何の問題もなかったが、かえってそれだけに「頑張れニッポン」と思ってしまったのが原因かも。

そのシャープだって、鴻海の傘下にあるわけだが。

ポイント3000点を加えると5000円以上の価格差、という現実的な魅力もあったのは事実。




それにしても電話帳の移行が面倒。

結局、今となってはあまり付き合いのない人など、人数を大幅に削減して手入力。

メールはGメールだが、これまでもサブとして使用していたが、これがメーンとなるとやっばり使いづらい。

これも値段相応となるとしょうがないか。

老後の年金生活に備えて今から準備、ということを考えてのことだが、やっぱり慣れたガラケーが恋しい。

料金を考えれば、これまでのように、スマホと二台持ちがよかったかな、と今更ながら思う。

と思ってももはや戻れないし、慣れるまでの辛抱かな。


ドコモとは二十数年のお付き合い、どことなくこれも寂しい。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ