プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:神奈川の名所
早いもので、一月ももう終わりである。

29日は横浜で、30日は伊勢原市の大山でと、連日の新年会であったが、これで新年会という名称の飲み会もようやく終わりとなる。

最終回の大山は天気予報が雪とのことであり、開催が危ぶまれたが、結局雪は降らずに雨のみですみ、無事新年会は開催できた。

大山阿夫利神社に参拝して、その後ふもとの料亭で新年会、というコースであるが、さすがに大山阿夫利神社は雨降らしの神社であり、霊験あらたかということであろうか。
大山阿夫利神社HP




この地は、江戸時代には「大山詣り」と呼ばれ、数多くの参拝客が訪れ隆盛を極めたようであるが、今はかなり寂れている。

この日は、客もほとんどおらず、参道の店も閉店しているところが多かった。

そういう理由ではないが、参道の様子は写真を撮り忘れたため割愛。

まずは、この十月に新装なったケーブルカーで下社へ。
2016-1-31-1.jpg

2016-1-31-2.jpg

? の看板。
2016-1-31-3.jpg

2016-1-31-4.jpg

ケーブルカーを下りれば直ぐに下社。
2016-1-31-5.jpg

天気も良くないし閑散としている。
2016-1-31-6.jpg

雪はすぐ後ろの山まで迫っている。
2016-1-31-12.jpg

下山して来た人たちは、さすがにちゃんとした装備。
2016-1-31-8.jpg

これが「さざれ石」。
2016-1-31-7.jpg

日本三大獅子山のひとつ大山の獅子山。獅子山についてはこちらを参照
2016-1-31-9.jpg

これが大山阿夫利神社の名水。
2016-1-31-10.jpg

この先の拝殿で祈祷をしてもらったが、写真撮影は遠慮した。
2016-1-31-13.jpg

この後、料亭で新年会。

早く飲みたいということに気がはやり、料亭の様子やら名物の豆腐料理やらを撮影することを全く忘れてしまった。

結局は、日本酒を大量に飲み、泥酔してしまったが、豆腐料理は美味かった。




大山の遠景。
これは先週、「ららぽーと海老名」から撮影。
2016-1-31-11.jpg

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:二宮尊徳
先月のクリスマスの前頃であったが、Gさんから「二宮尊徳語録」を出版するので、原稿の校正をして欲しいというメールが来た。

Gさんの自費出版は、既に十冊ぐらいはあるだろうか。

「正月明けぐらいには、印刷に出したい」とのことであり、年末年始にやろうと思い「わかりました。」と返事したところ、直ぐに原稿が送られてきた。

実際、年末から空いている時間に、少しずつ始めたのだが、これが進まない。

原文は明治時代に二宮尊徳の弟子が漢文で書いたものを、戦前の人が読み下し文に改めており、それを元にしてGさんは資料集として出版するようである。





作業が全く進まないのは、字が細かくて読めないこと、なかなか土日も時間がとれないこと(ブログもやらきゃいけないし、ウォーキングもしなきゃいけないし)、そして何よりも原稿の枚数が多いこと、と理由はいくらでもあげられる。

論語をはじめ四書五経といわれる漢籍からの引用も多く、なかなか分かり難いのもある。





それで結局は、締め切りを伸ばしてもらった。

冬休みの宿題の提出期限としては、異例の三月下旬までに。

というもの、原稿をもらって約1ケ月になるが、校正を終えたのはおよそ1/3。

何とかしなきゃいけないが、遅々として進まず。

2016-1-24.jpg


まだ1/3しか読んでいないが、面白いというか、分かりやすいのがあったので、紹介したい。

【五五】
家を興さんと欲する者、宜く家具什器を購蔵すべからず。
必用の時に臨み、之隣人に借るべきなり。
若し耕さんと欲して、鍬無きも亦宜く之を借るべし。
隣人も亦、耕すと曰はゞ、則ち励精之を助耕し、速に其の畝を畢へ、然る後、我が圃を耕す。
夜に及ぶも亦可。
是れ則ち家を興すの道なり。
然りと雖も、終始之を借るを以て是と為すも、亦、貧を免る能はざる所以なり。
其の之を借るより、雇と為り銭を得て、以て鍬を買ふに如くは莫し。
是れ一日の雇を以て其の鍬、我が有と為る。
凡そ貧を免れ富を致すの術、此の理を拡充するに在るのみ。





家を興すなら家具など買うな。
鍬も借りろ、ただ借りた家の田畑を耕やすのを手伝いをし、それが夜になってもよい。
もっといいのが、人に雇われて金を稼ぎ、鍬を買うことだ。



まあこういうことなんだろうが、これが語られたのは江戸時代末期のことである。

雇い、雇われるという形態は、今ほどは一般的なことでは無かったのではないかとも思う。

今風に言えば、起業を志す場合は、まずはサラリーマンから始め元手を稼げ、ということになろうか。

極めて当たり前のことだが、尊徳は「私は誰にでもできることのみ言う、私の言うことをやれば誰でも富者になれる」ということも言っている。


当たり前のことがなかなかできない、よくある話ではある。

この原稿の校正もそうなんだが。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
いつものように散歩してしたら、交番の掲示版にあぶない刑事の宣伝ポスターを発見した。

最近、日本テレビでガンガン宣伝をしているが、それにしてもこんなところに映画の宣伝ポスターを貼っていいのか、としばらく見てしまった。

よく見ると、「神奈川県警察」とも書いてあるし、「さらば、オレオレ詐欺」とも書いてある。

2016-1-17.jpg

あぶない刑事と神奈川県警のコラボのポスターらしい。

映画会社にとっては、神奈川県内の交番や警察署の掲示板、或いは他の公共施設などにもに無料で宣伝ポスターを掲載してもらえるし、警察側も全く減る様子がない「オレオレ詐欺」防止の啓発に、人気映画をタダで利用できるとあれば、両者ともにおいしい話、いわゆるwin-winの関係ということになる。

いいアイデアだと思う。




とは思いつつ、オレオレ詐欺のターゲットの高齢者が、このポスター見て「自分も気を付けよう」と思うだろうか。

或いは息子や娘が、遠く離れた場所に住む高齢の親に、「たまには電話でもしなければ」、と思うだろうか。

高齢者は寂しいから騙されるんだろうと思う。

自分の子供の声も分からなくなるほど連絡が無い、ということなんだろうと思う。

それらに対してポスターでは為すすべがない。



一方、映画側にとっては、「1.30」と公開日もちゃんと入っている。

この勝負は、やっぱり映画会社の勝ちだろう。






| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:季節、気候、天気
今年は暖冬である。

今日は妻とスターウォーズを見に出かけたが、ポカポカ陽気で歩いていると汗ばんでくる。

暖かいのはいいが、この先地球は大丈夫か、今夏の暑さはどうなるのか、とかいろいろ不安にもなるが、心配してもどうなるものでもない。




本日の歩行数が足りないため、映画から帰る途中に遠回りして歩いた。

そして、あちこち見つけた「春」。
2016-1-10-1.jpg

種類は分からないが、この幹からしても桜に間違いない。
2016-1-10-2.jpg

ここの紅梅は満開。
2016-1-10-3.jpg

白梅はまだチラホラで、この方が普通でよい。
2016-1-10-4.jpg

2016-1-10-5.jpg

この鳥ばウグイスか?
これは今朝映画に出かける途中、近所のお宅の庭で発見。
(ウグイスではなくアオジです。Shige Haruさんから教えていただきました。)
2016-1-10-6.jpg

ちょっと数は少ないが菜の花も満開。
2016-1-10-7.jpg





以下蛇足ながらスターウォーズの感想。

月日の経つのは早いものである。

あの可愛らしいレイア姫は、レイア婆になってしまった。なんとも・・・・・。

年を取らないのはチューバッカとロボットのみ。



レイア姫とハン・ソロの間に生まれた息子が不良になって、或いは変な新興宗教にはまって、スターウォーズ的に言えばダークサイドに落ちて、両親が困っているという設定には笑ってしまった。

それがおまけに、祖父であるダースベーダーの後継者になっているものの、どこかひ弱くて頼りない、というのもどこの世界でもありがちで・・・・・。

子育てというのは、未来の世界でもなかなか難しいようで。


内容的には、帝国軍と共和国軍との戦いで、相変わらず深みは感じられないが、でも私は、この後に続く「8」と「9」もたぶん見に行くだろう。

蛇足の方が長いというのもしょうもないので、以上おしまい。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お遊び
皆様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。



さて、昨年の箱根駅伝終了後、今年の優勝校の予想をした。

こちら→ 一年早い箱根駅伝優勝チーム予想

一年前の予想通り、青山学院が優勝した。

この予想は当然のことで、それほど自慢できるものではないが、それでも多少気をよくしている。

そしてとかくこういうものは、当たれば「当たった、当たった」と大騒ぎするし、当たらなければ知らんぷりすることになる。(笑)




で、気をよくしたついでに、今回も来年の優勝校を予想することとする。

ズバリ、青山学院の三連覇。

原監督が優勝インタビューで「うちのチームは13分台、28分台が当たり前」と言っていたが、これは5000mと10000mのタイムのことで、他の大学ではせいぜいチームに2~3人いるかどうかであろう。

それが青山学院にはゴロゴロいるし、今日の復路でも昨年の区間賞の選手を出さずに一年生を出してそれが区間記録タイ。

選手層が分厚い。



ただし、来年は今年のような「ぶっちぎり」というようなことにはならなくて、もっと混戦になると思う。

理由は、1区久保田5区神野という傑出した選手が卒業するので、その代わりをは育成するのはそう簡単ではないからである。





と、炬燵でゴロゴロ、テレビを見ながら思った。



外れたら、もうこのネタやめます。(笑)



| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ