プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:イベント
三浦海岸 桜まつりに昨日の2月21日に行ってきた。
電車の吊広告の写真はこのようであったが・・・・。
2015-2-21-1.jpg

天気はあいにくの曇り空であるが、団体客も多くかなりの人出であった。
2015-2-21-3.jpg

京急の駅名の看板の色は通常は水色と青だが、ここはピンクである。
京急もよほど力を入れているものと思われる。
2015-2-21-24.jpg

桜の種類は早咲きの河津さくらである。
桜まつりは14日から開催なのだが、まだ二分咲き程度であった。
2015-2-21-4.jpg

2015-2-21-5.jpg

2015-2-21-2_201502221219275e9.jpg

この辺りの菜の花もまだこれからであった。
2015-2-21-6.jpg

少し咲き始めているところもある。
2015-2-21-7.jpg

妻は、来週また来ようか、と言っていたが・・・。
2015-2-21-8.jpg

2015-2-21-9.jpg

この辺りの菜の花はほぼ満開。
2015-2-21-10.jpg

桜と菜の花が満開の中を電車が走る、という写真を撮るならこの辺か。
ただし、よほど早い時間に来ないと人が多くて撮れないかも。
2015-2-21-11.jpg

コースの終点は小松ケ池公園。
2015-2-21-12.jpg

2015-2-21-13.jpg

柵を潜り抜けて入ってくる猫。
屋台も出ており公園に来る客から餌を貰い慣れているのか妙に人懐こい。
2015-2-21-14.jpg

2015-2-21-15.jpg

公園の敷地の一部を田んぼとしているのか、隣接する農地なのか不明。
2015-2-21-16.jpg

公園を出ると三浦特有の大根畑。
2015-2-21-17.jpg

農産物の販売もやっていたが、農家のおじさんが「この大根は面白いだろう」と自慢していた。
2015-2-21-18.jpg

一応、桜まつりのコースは終了したが4000歩ぐらいしか歩いておらず物足りない。
歩数を増やすために、行ったことがなかったホテル・マホロバマインズに行ってみた。
妻によると温泉も料理も結構評判がいいらしい。
2015-2-21-19.jpg

ご利益のせいか、客がどんどんやって来て大繁盛の様子。
2015-2-21-20.jpg

ホテル敷地の桜。
2015-2-21-21.jpg

2015-2-21-22.jpg

見頃は、来月初めぐらいだろうか。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
陸上競技で言えば何週遅れかわからないぐらいの遅さではあるが、スマホを購入した。

ブックオフが始めた「携帯を売ればスマホがただ」で月々980円、という広告を電車の中でみたことが、きっかけである。

参照

現在の携帯電話は引き続き継続使用し、月千円ならプラスしてスマホを持ってもよいかなと思った次第である。

ヨドバシカメラの月480円のプランの方でもよかったが、なんとはなしに決定。
2015-2-14-1.jpg


遅れながらも少しでも時代の流れに付いて行かないと、と思っていたことや、最近健康のためにあっちこっち出鱈目に歩き回っている際に、手元に地図があったらもっと楽しいのではないか、と考えたのもきっかけではある。





一方、我が家には昔使った携帯がたくさん残っているものの、売れそうなものはない。

そこで、「となりのじろろ」さんに要らない携帯は無いかと聞いたところ、かなり状態のいい携帯をもらった。

ということで、携帯を売って金まで貰った上に、スマホがただで手に入った。

ここでお礼を申し上げたい。




これを聞いて、予期せぬことに妻も同じようにスマホが欲しいというので、手持ちの携帯を全部持って行ったのだが、案の定売れるものは全くなし。

こちらは一万円で購入となった。
2015-2-14-2.jpg

で、妻に「スマホで何するの?」と聞いたところ「写真を撮って、こうやって見られるでしょ」と指を動かすしぐさ。

デジカメは既に何台もあるぞ、と突っ込みたくなる。

スマホの設定は全て息子にやってもらい使える状態にはなったが、結局あまり使っていないので、ひとのことをどうこう言える立場ではない。


電車の中でみんな一生懸命にスマホにしがみ付いているが、何をやっているのか不思議でならない。

ゲームはやる気がしないし、新聞は文字通り新聞紙で読みたい。

同年代の友人に聞いてみたところ、
yotubeで昭和歌謡曲を聞いている、
麻雀ゲームにはまっている、字一色・大三元をあがった、
毎朝ラジオを聞いている、
万歩計に使っている、
と、まあスマホでなくともいいんじゃないの、というものばかり。

皆さんは一体どのように活用していますか?




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
AFPの「徒歩通勤33キロの男性救済募金に2000万円超、米国」という記事を読んで、つい「???」と思ってしまった。

AFPニュース

ざっくりと要約すると以下のとおりである。

○ミシガン州デトロイトのある男性は、使用していた自動車が壊れて以来、10年以上職場までの33キロを毎日歩いて通勤している。

○彼は、時給10ドル55セント(約1240円)で働いており、新車を買うことができない。

○これを知ったある学生が、クラウドファンディングを通じて8000人以上の人達から、20万ドル(約2350万円)以上の募金を集めた。






まず、「職場までの33キロ」というのが気になる。

この表現では「片道33キロ」とも受け取れるが、よもやそれはないだろう。

というのも、33キロは時速5キロで歩いても片道6時間半要するため、往復では13時間を越えてしまうので、8時間寝れば働く時間が無くなってしまう。

従って、これは往復で33キロと解釈するのが妥当と思われる。
それでも片道16.5キロもある。
それを3時間以上かけて毎日通勤する。
なんて健康的なのであろうか。



私のアメリカ人へのイメージは、大量の飲食によるデブという概念を超えたデブが多い、というものである。

が、大勢の人の好意がかえって仇になってしまうのではないか、今までの健康的な生活をだめにしてしまうのではないか、と懸念する。


そして、「飢えた人には魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という老子の話があるが、その趣旨からしてもこの寄付というのはアメリカらしい話ではあるものの疑問が残る。

車はいずれ壊れるし、もっとよい就職先を紹介するというのが、本当の親切かもしれない。


健康は2000万円でも買えない。
しかし、「これで車を買えよ」と、目の前に2000万円出されたら、誰でも喜んで貰ってしまうだろう。
私も間違い無く貰う。そして、車を買う。



それにしても、いくら時給が安くとも10年以上継続して働いているのであるから、自動車は無理でも自転車ぐらいは買えるのではないか。
アメリカでは、自転車なのは全く考慮の対象外なのか。




と、ここまで書いてきて、やっぱり片道33キロ歩いているのが正しいのかもしれないと思い直した。

だから、働く時間が短いので収入が少ない、とこういうことなんだろう。

だから車をプレゼントするからもっと働けということなのだろうか。

よくわからない。




アメリカの人は、困っている一人の人に大勢の人が援助するという、こういうのが好きなようでよくテレビで見る。

しかし、このようなことを拡大したのが福祉であると思うのだが、国として行う健康保険のような制度はあまり好きではないようである。

貧困で病院にも行けない人が大勢いるだろうに、こういうアメリカ人の価値観はよくわからない。






私の友人にも、職場まで毎日片道6キロ、往復12キロ歩いて通勤している人がいる。

彼は常々「歩くと発泡酒がビールの味になる。歩くのが酒をうまく飲むこつだ。」と言っていた。

先日、その友人と飲んだ時に彼がこんなことを言っていた。

「股関節を痛めてしまった。病院に行って診察をしてもらったら、医者から『歩き過ぎだよ、過ぎたるはなお及ばざるが如し、だ』と言われた。それで今はバスで通勤しているから酒が旨くない.。」

なかなか難しいものである。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
本日も近所を歩き回り、一日一万歩を達成した。
昨日までの前月の累計はたぶん34万歩/月ぐらいであったと思う。
2015-2-1-14.jpg

万歩計を購入し歩き始めたのは10年以上前のことであるが、以前はやったりやらなかったりというのが実態であった。

ところが、このところ多少力が入っている。
というのも、この数か月は毎日キッチリ一万歩を歩いていたら、右肩上がりに上がっていた血圧が少し下がったためである。
うろ覚えながら一昨年の秋の健康診断では135-110の血圧であったが、昨年11月末の健康診断では120-90ぐらいになっていた。

実際のところたった数か月でそんなに効果がでるものか、という疑念はあるものの、つい嬉しくなって歩くことに力が入っているという次第である。




我が家の周辺は、とにかく坂道が多い。
2015-2-1-9.jpg

このような急傾斜地はいくらでもある。
2015-2-1-7.jpg

そしてこのような階段を随所で登らねばならない。
平地を歩くのとは負荷が全く異なる。
災害が怖いが、これが健康のために良いと、前向きに考えるしかない。
2015-2-1-13.jpg

散歩に出るときは、「パスモ」を持っていく。
調子に乗ってドンドン歩いて、帰りは疲れてしまい電車やバスを利用して帰ることもあるためである。

我が地域のバスは10時から16時まで、しかも1時間に2便しか走っていない。
朝晩のバスが無いということは、推測するに、高齢者が日中、買い物に出るために作られた路線、ということか。

坂道は高齢者には確かにきつい。
わが近所でも空き家が増えつつある。
2015-2-1-8.jpg

急な坂道を登ったご褒美は、このような見晴しの風景。
IMG_9506.jpg

そして富士山もよく見えた。
2015-2-1-11.jpg



今日は冬晴れの快晴であるが、気温は低くかなり強い風が吹いている。
こういう天気の時は、日本海側では大荒れの大雪のことが多い。
脊梁山脈を越えるだけの差でこうも違うものかと不思議な感じがする。
2015-2-1-5.jpg

寒くはあるが、長く歩いていると汗ばんでくる。
条件の良いところでは、梅が満開である。
2015-2-1-2.jpg

2015-2-1-6.jpg


2015-2-1-1.jpg


もうすぐ春。
2015-2-1-3.jpg

2015-2-1-4.jpg

歩いていると住宅街で妙な車を発見。
まつ毛?
IMG_9511.jpg

2015-2-1-15.png

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ