プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:スポーツニュース
今年の甲子園出場校も出そろってきた。

毎年、「ひょっとしたら」と期待している我が母校は、今年も早々に敗退。

一度でいいから甲子園出場する母校の姿を見てみたいものだが、夢のまた夢のようである。

可能性があるシナリオとすれば、天才的剛腕投手が入学し、獅子奮迅の働きをして出場、というぐらいしか考えられないが、「栴檀は双葉より芳し」で、そういう選手は中学生の頃から注目され、私立の強豪校に行ってしまう。

また、今年の神奈川県代表の東海大相模は、140キロ以上で投げる投手が4人もおり、決勝戦では今大会初先発の控え投手が20奪三振で快勝したが、このぐらいの質量を確保しないと、一人の大エースだけでは勝ち進めなくなった。




最近テレビで甲子園大会もあまりみなくなったが、それでも春夏ともにたまの土日に見ることもある。

昨年印象に残ったのは、春と夏に活躍した愛媛の済美高・安楽投手である。

二年生ながら体は大きいし、球も早いし、これはすごい投手になるな、と思った。

そして、アメリカのメディアから「投げさせ過ぎ」が指摘され、かなり話題にもなった。日経新聞記事損傷

結局、肘を故障してしまい調子が上がらず、今年は予選敗退してしまった。

長い目で見れば、今年は甲子園に出て来なくて正解だったかもしれない。

結局また、連投、連投となってしまう。





ヤンキースに行った田中も素晴らしい活躍をしたと思った途端、故障してしまった。

原因が色々言われているが、「投げ過ぎ」という点は一致している。

メッツの松坂も復帰したと思った矢先、またも故障である。

メッツの投手コーチは、「言ってくれれば」という談話を出していたが、松坂ほどの実績のある投手でも日本人の性格として言えなかったものと思える。ヤフーニュース参照


これが高校生なら、もっと言出だせるわけがない。

以前から高校野球に投手の「投球数制限」や、「タイブレーク制」の導入等の話が出てはいるものの、この話が一向に進む様子がない。

高校野球関係者は、相変わらず昭和の根性野球に取りつかれているのだろうか。




試合に勝つということは、当の高校生にとってのメリットだけではない。

監督個人の評判、私学なら知名度向上による学校経営、OB・OG達の自尊心、町おこしに繋げようとする地元商店街の思惑、こんなものまでまとわりついてしまう。

いい投手がいれば、誰だって連投させたくもなるし、延長戦になっても投げ続けさせたくなる。

「フォアザチーム」を叩き込まれて、また、ただでさえ活躍したい高校生は、肩がおかしい、とは言い出しにくい。

だからこそ最初からルール化すべきと思う。



日本は貿易赤字国に転落してしまった。

あれほどの黒字国であったのに。

例えはよくないが、プロ野球の世界では、外人選手の輸入額と日本人選手の輸出額を比較すれば、圧倒的な赤字であろう。

才能のある選手を使い捨てにしてはならない。




ただ日本の高校野球も少しずつ変わりつつあるのかもしれない。

ウォールストリートジャーナルにこんな記事を見つけた。WSJ記事

記事は少々長い。かいつまんで紹介すれば、

・奈良県大和広陵高校の立田投手は少年野球時代に2つのチームを全国優勝に導いた、日本のみならずメジャーリグも注目の投手である。

・彼の父もプロを目指していたが、練習中の故障により断念せざるをえなかった。そこで父は、過度の投球や自分の肩に不安を感じた場合、投げないように指導した。

・複数の私立高校から奨学金のオファーがあったが断り、無名の公立校に進学した。強豪校の指導者たちは、立田投手の肩を犠牲にしてでも、勝利を最優先させるのではと恐れたからだ。

・チームへの献身、指導者への服従、長時間の投げ込みを尊ぶ日本の高校野球の伝統の下では、エースピッチャーが自分の意思で肩を温存し、与えられた登板機会で投げることを拒むというのは、かなり大胆な反抗であるが、彼は納得をしてこれを行っている。

・ただ、日本のプロ野球のスカウトは、立田投手のやる気を疑問視しており、「夏の大会で投げるかどうか次第」とみている。



こんな内容である。

奈良県大会の状況を調べてみたら、シード校であった大和広陵高校は、強豪智弁学園に準決勝で負けてしまった。
奈良県代表は、その智弁学園である。

さて、ドラフト会議で彼は指名されるのか気になる。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
昨年庭のクスノキを伐採した。

娘が、可哀そうなクスノキの代わりに木を植えてくれ、というので枝垂れ梅と、花ももを、どちらも40cmぐらいの苗木を買って今年の一月に植えた。

ももは三月生まれの娘、梅は二月生まれの息子、というつもりであった。




ももは、大変順調に生育しており、もう私の身長近くまで育ってきた。

一方梅の方は全く大きくならなかった。


ところが、先月頃から急に枝が伸び始めた。

異常なほどに枝が長い。

木の高さが50cm程度にも関わらず、地を這うように伸びた枝は120cmもある。
2014-7-27-1.jpg

幹より倍も長い枝といのも、バランスがよくない。
2014-7-27-2.jpg

この枝は切った方がよいのか、切らない方がよいのか。

「桜切るバカ梅切らぬバカ」というが、切るのはあまり好きではない。

このまま放置しておいけば、幹がいずれ大きくなってそれらしい枝垂れた枝になるものなのか。

どのように処置したらよいのか、詳しい方がおられたらご教示下さい。







| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
エンピロさんのブログを読んでいたら、ベネッセコーポレーションの顧客データ流失事件が載っていたので、真似をしてこれについて書くこととした。「エンピロのネタ箱2」参照



我が家にもベネッセから「個人情報漏れに対するお詫び」のダイレクトメールが届いた。

内容は、息子と私の個人情報が漏れたとのお詫びであるが、どういう訳か娘の名前がなかった。

娘は小学校の時に、進研ゼミを一時やっていたが、息子は全くやったことが無かった。

ただし、案内は再三再四どころか、月に一度ぐらいは来ていた。

「ゆりかごから墓場まで」の世界であるから、年齢がある程度進んだからといって、そう簡単に名簿から削除されるとは思えないが、どうしたことなのだろうか。

問い合わせしてみようかとも思ったが、「二人以外はの情報は洩れておりません」と言われておしまいのような気がして、まだ聞いていない。





ところで、「住所でポン」というサイトをご存じだろうか。ここ参照

ここを知った時の驚きは大きかった。

試に私の実家の住所を入れてみたら、父の名前と住所と電話番号がまさしくポンと出てきた。

おまけに住所をクリックするとピンポイントの明細地図まで出てくる。



自分の住所でもやってみたが、幸いにも出てこなかった。

このサイトは電話帳をデジタル化したもののようで、私は電話帳に一度も掲載したことがないからと思える。

しかし、隣近所の方々はザクザクと載っていた。


これにストリートビューまで重ねあわすと、家の様子や車の車種まで簡単に特定できてしまう。

昔でも、電話帳をパラパラめくって調べることはできた。

インターネットの時代である。

そのスピードと処理量には圧倒的な違いがある。

犯罪にも簡単に利用できるだろう。

恐ろしい時代になった。





ベネッセの話に戻すと、今朝の新聞によるとベネッセの会長の記者会見では、「過去の事例では1件500円の補償」と発言したとのことである。

「安すぎる」と言うと「どんな実害があったのか」と反論されそうであるが、実害がなくとも、とても気持ちの悪い話である。

個人情報は既に漏れていることを前提に行動した方がよいのかもしれない。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
先週金曜日は、超大型台風が太平洋沿いを東進してきたので、通勤はどうなるんだろうとか、我が家にも重大な影響が出るだろうかと気になったが、何事もなかった。

予報の良い方へのハズレなのでこれで良しということだろう。

これまでは冷夏の兆しがあったが、台風一過でセミも鳴きだしいよいよ本格的な夏到来にとなるか。

今年初めて見た我が屋の庭にいたセミ。(7/6)
2014-7-13





今更クールビズでもないが、ここ数年来、私も職場でオリジナルのクールビズを実施している。

それは、裸足にサンダルばきである。

我がオヒィスでは、窓を全開すると結構涼しいので、まだ冷房を入れていないが、裸足にサンダルは既に実行している。

これは結構気持ちがいい。

たかが裸足、されど裸足である。



6~7年前に始めた当初は結構ひんしゅくをかった。

上司から「なんだその恰好は」と怒られもした。

女性からは、「えっ」という顔もされた。

同年代の女性の中には「男性は大変ねぇ、女は昔から裸足にサンダルでもOKだったからねぇ」と言ってくれた人もいたが、大半は「しょうもねえ奴だなあ」というのが本音ではなかろうか。

かつては、来客がある時は、きちんと靴下はいて革靴に履き替えていたが、いけないとは思いつつ、最近はだんだん横着になってきてお客様の前でも裸足にサンダルで行く時がある。

「クールビズです。すみません。」とか言い訳しながら。




ネクタイをしないというのは、私の職場ではクールビスがこれほど盛んに言われるようになる前からあった。

私が新人の頃、役職者ではないものの実力派のベテラン、上司に対しても一家言あり、部下には厳しい鬼軍曹、という感じの人が夏にはよくノーネクタイ姿であった。

といっても今のように5月からというわけではなく、7月下旬から8月下旬までの一か月程度のことであったと思う。

今と違って夏場でも上下スーツがお決まりの時代であった。

みんな我慢しながら着ていた。




鬼軍曹氏がそうであるから、当然のごとく私も夏場はノーネクタイになった。

ある時、鬼軍曹氏は私に言った。

「上着は常にロッカーに入れておけ、ネクタイは必ずカバンに入れて持ち歩け、何時でも出せるように準備しておけ。」




鬼軍曹氏は、今の私の裸足にサンダル姿をみたら何と言うか。

「直ぐに靴下と靴を履けるように用意しておけ」ぐらいは言うだろうか。

考えてみると、クールだったな。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
用事があって相模大野(相模原市)に出かけたが、時間がないにも関わらず、歩行距離を伸ばすために遠回りをした。

傘をさすほどでもない程度の小雨が降っていた、

とあるビルの前を通ると、なんとも形容のし難いオブジェが入口の脇に置いてあった。

巨大な左手のだが、人差し指と中指が足にも見え、親指と小指が両手にも見える。

見れば見るほどおかしい。笑ってしまった。
2014-7-6-5.png

中指と薬指の関係も妙に色っぽい。
2014-7-6-4.png

このビルはどういう建物なのか確認するのを忘れてしまった。

そしてこのオブジェにはどのような意味があるのだろうか?


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ