プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:日常生活
この日は出張であった。

お昼時になったので、昼飯でも食べようかと店を物色した。

近くに1階フロアはCoCo壱番屋、すき屋等の大手チェーン店が入居、2階フロアはちょっと小汚い居酒屋が入居、3階から上は一般住宅となっているビルがあった。

昼飯なんか何でもいいと思いつつ、大手チェーン店では面白くないので2階の居酒屋フロアに行ってみた。



2階に行くと直ぐ目の前に、小柄だが太めの70代後半のおじさんが店の前にメニューを並べていた。

そして、「今日は炒め物の日だ。旨いから食べて行け。」と誘ってくる。

このおじさん、ロレツがやや回らないのと、足が少し不自由で、軽い脳梗塞でもやったかな、と思わせるところがあったが、手の動きは何ともなさそうで、声は大きく元気な人だった。



他の店はやっていなかったし、入ってみた。


中はカウンターと小さなテーブルが2~3個あるだけの小さな店である。

掃除はよくされているようであるが、長年の営業で染み付いた油などであまり綺麗とは言えない。

下町によくある居酒屋という感じ。

客は私のみ。

メニューは炒め物の日なので、ナス炒め、マグロ炒め、ホルモン炒め、厚揚げ炒め等・・・。

カウンターの中にはどっからどう見ても、今日から、ホンの30分前からこの店で働き始めました、という雰囲気のお姉さんが一人いた。



おじさんか「何にする?」というので「ナス炒め」と答えると、「何でナス炒めなんだよ、ナス炒めなんか奥さんが作ってくれるだろう?」
という。

「ナス炒めは結構好きなんですよ、簡単だからカミさんもよく作りますけどね」と答える。

「うちのナス炒めも野菜たっぷりでうまいけど、うちのマグロ炒めは最高だよ、これ食っていけ、これ評判いいんだよ」と、熱心に勧めてくる。

ちょっと不審に思い直ぐに同意しなかったら、ますます熱心に勧めてくる。

私が何食おうとも勝手だろうと思いつつも、「じゃあマグロ炒め」と変更した。



シンマイのお姉さんが慣れぬ手つきでカウンター越しにお盆を差し出す。

お盆には、サラダ、冷奴、漬物、海苔、味噌汁、ごはん、1/4カットのバナナ。

ただし、サラダにドレッシングがかかってないよ、冷奴にシラスがのってないよ、ごはに「ゆかり」がかかってないよ、とか逐一おじさんに指示され、五月雨的に出てきた。

いよいよ期待の「マグロ炒め」が出て来るのか、と待ったがなかなか出てこない。


そのうちおじさんとお姉さんが下らない話で盛り上がる。



「お姉さん美人だねえ、それに体が引き締まっているし、いい女だねえ。」

「あらあ、私のこと口説いてくれるの、うれしいわ、でもマスターはもうあっちは役に立たないでしょう、それに私は空手初段なのよ」

「おー空手かよ、俺も昔は正拳突きで、突いて、突いて、突きまくりだな、今はもう役に立たなくなったから、舐めるだけだな、ただし俺は料理人だから味にはうるせいよ、どうだ?」

こんな話を延々と続ける。


しょうがないので、「マグロ炒め忘れてない?」と催促。

ようやく出てきた。

マグロだけ炒めたものかと思ったがそうではなく、マグロと野菜を甘辛い味噌で炒めたもので、量も多くてなかなか旨い。

「マグロ野菜炒め」の方が名称としては妥当か。

値段も600円で安い。



私が食べていると、一人の客が入ってきた。

その客は「ホルモン炒め」と注文した。

この注文を聞くとおじさんは、やっぱりマグロ炒めを熱心に勧め始めた。

そのうち食べている途中の私にも「なあ旨いだろ、なあ、なあ」と同意を求めてくる。

旨いことは間違いないが面倒くさいなー、と思いつつも「こんな旨いマグロ炒めは初めて食った」と言うと、おじさんは心底嬉しそうであった。

結局この客も「マグロ炒め」に注文を変更した。



600円を払って店を出ようとすると、また客が一人入ってきた。

三人目の客は「厚揚げ炒め」を頼んだ。

今度はシンマイのお姉さんが、これまでのやりとりを聞いて学習したらしく、「うちのマグロ炒めはすごくおいしいんですよ」と勧め始めた。

この客もやっぱりマグロ炒めに変更した。





かなりの量の野菜と一緒に甘辛い味噌で炒めてしまえば、マグロでもナスでも厚揚げでも大して変わらない味になるように気がするがなあ・・・・・。



店を出がけにおじさんから「明日は天ぷらの日だよ」と声を掛けられた。

天ぷらにもお勧めがあるのかな。

何の天ぷらを勧められるのだろうか。



面白い店だなあを、店を出て一人で笑ってしまった。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
少し前のことだが、バラエティ番組で出演していた女性タレントが、「バイブス下がる~」とか言っていた。

ブスが倍でひどい顔のことかと思って聞いていたら、気分とか、気持ちとか、雰囲気とかそんな意味らしい。

やれやれ、また訳のわからないカタカナ語の登場か。



そもそもバラエティ番組ってなんでバラエティ番組というのかよくわからない。

バラエティというのは、「多様な」とか「変化にとんだ」とかという意味だと思うが、ひな壇に芸人が並んで適宜発言していく構成のお笑い番組のどこが、「多様」なんだろうか。

芸人が一人で笑わせる形式でないから多様なの?

最近使われているMCという言い方もなんで「司会者」じゃいけないのかい? って思うのだが。



また最近よく聞くのが、「トップアスリートはリスペクトされるべきである」というような言い方。

なんだよトップアスリートって?

何リスペクトって?

恥ずかしながら初めて聞いたとき意味がわからず調べてしまった。

「優れたスポーツ選手は尊敬されるべきである」と言えばいいじゃないか。

「『スポーツ』」だってカタカナだろう『運動』にしろ」、という反論があるかもしれないが、これは構わない。

「スポーツ」という単語は、私の子供の頃からとっくに一般的になっていた。




何時、何処で、誰が、どのような機械を前にして言った言葉だか記憶がないが、まだ私が若かった頃、あるおじさんが言った言葉が記憶に残っている。

「俺が二十歳を過ぎてからできた機械にはさわらない、操作方法なんか覚えてやらないぞ」って。

しょうもないオヤジだな~と、その時思ったものだが、まあ最近これに近づきつつあるとは自覚している。



「クライアントのオーダーによりカスタマイズする」みたいな言い方をされたり、文章を読んだりすると無性に腹が立つ。

「何言ってるかわからない、日本語で言え」というようなこともかなりある。


特に、パソコン関係の用語なんか最悪でまったく分からないし、覚えられない。

まあこの場合は、当てはまる日本語なんかないだろうから仕方がないのだけれど。



いつだったか職場の昼休みの時、同世代の男性が弁当箱を洗っていたのを見て「弁当箱洗うなんて大したもんだね」と声を掛けたところ、「古いなあ、ランチボックスと言ってくれよ。弁当箱というのは昔の梅干し入りの平べったいやつだよ」と言われた。

それにしても訳の分からないカタカナが多くて、バイブス下がりっぱなしである。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:うちの猫
最初に気付いたのは息子で「庭で変な音がする」と少し前から言い始めた。

我が家の飼い猫もしきりに庭の方を気にしていた。

しかし、私は全く気づかず先週庭掃除をしていたところ、モコモコした動物を二匹発見した。

今年も我が庭の片隅、隣家との境のガラクタ置き場で野良猫が出産したようである。

人間の世界では少子化だが、野良猫の世界は今年も大繁殖。
2014-5-17-2.jpg

2014-5-17-5.jpg

全く平和なもので近寄っても逃げていかない。
2014-5-17-9.jpg

2014-5-17-7.jpg

2014-5-17-4.jpg

ところが今年は様子が少し違う。
目をやられた猫がいる。

今日もカラスが庭にいたから、カラスに襲われたかもしれないし、病気かもしれない。
原因は不明だが、なんとも気の毒である。
野良猫とはいえ、このまま無事に成長して欲しいものである。
2014-5-17-3.jpg

この子猫は痛々しい。
2014-5-17-6.jpg

2014-5-17-8.jpg

この子猫たちの親が誰なのかまだよくわからない。

側に黒い猫がいて何度か逃げて行ったのでその黒猫だと思って、妻と「去年生まれたあの黒猫が親になったのか」などと話していたが、隣家のおばあちゃんは「去年の母猫がまた生んだのよ、うちもお宅も何もしない人間だと思って安心しているのよ」と言っていた。

そしておばあちゃんも子猫の数は二匹だと言っていたが、違った。
うじゃうじゃと団子のようになって寝ていたのを今朝目撃した。
2014-5-17-10.jpg

五匹、仲良く固まっていた。
2014-5-17-1.png

妻からはガラクタを片づけないと毎年こうなる、と言われているが、そのとおり。

このガラクタは前所有者がおいていったプランターや植木鉢で、今でもそのまま放置してある。

一体何年たったんだよ、という話。

子猫が大きくなった秋には片づけることにしよう。

可愛い子猫が毎年みられるのは楽しいが、野良猫の増加に協力するのは気がとがめる。

近所の人には、子猫の貰い手がいないか探してもらうことにした。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
昨日の各新聞に、2040年には全国1800市区町村の半分が消滅するという推計が発表された。日経新聞記事

(本家のネタ元はこちら。日本創生会議

若い女性の動向に着目した推計のようでなかなか面白いとは思うけど、深刻な話ではある。

また、この創生会議の資料を見ると日本の出生率の1.41に対し、イタリア1.40、ドイツ1.39、韓国1.23ともっと悪い国もある。





この創生会議では、次の三つ提言がされている。

1.ストップ 少子化戦略;若者 (男女)が結婚し、子どもを産み、育てやすい環境作り

2.地方元気戦略;地方を建て直し再興を図る

3.女性、人材活躍戦略;女性や高齢者など人材の活躍を推進する

というものである。



私はこの提言の実現に、「3」を除いて極めて悲観的である。

「3」の女性や高齢者など人材の活躍は、いやでもそうならざるを得ない。

年金が期待できない以上、年を取っても働かなければ生活できないし、また、夫だけの収入では生活できないから女性が専業主婦をやっているわけにはいかないからで、もはや昔のよき時代には戻れはしない。

まあつまりは、我が家庭のことであるが。



「2」の地方を建て直しについては、怒られることを承知で書くと、もはや地方にまで投資するのは割に合わなくなりつつある。

例えば、山の中の小さな集落のために、道路・橋を整備し、電線や上下水道を引き、学校や病院を作り、郵便や宅急便を配達するのには、自ずと限度がある。

だから、ある程度の下界や便利な地域に出てきてもらわないと、コストが掛かり過ぎインフラが維持できない。

暴論だとは承知しているが、現実にそうなりつつある。




で、一番の問題は「1」の若者が結婚し、子どもを産み、育てやすい環境作り、である。

昨年の安藤美姫選手の出産に関する騒動みていると、「子どもを産み、育てやすい環境作り」なんていうのは、とても無理な話である。

経済力もある彼女が未婚で出産したからとって、祝福されこそすれ、バッシングされなければならない話なのか、とあの時大いに疑問に思ったものだ。


また、「うるせーから子供は飛行機に乗せるな」<参照>という論争も記憶に残ってる。


「電車の中のベビーカーは迷惑」「子育てに対する理解がなさすぎる」というベビーカー論争もある。<参照>

私が通勤の時に見かけるベビーカーのお母さんは、子供が大声を出したりするときは、本当に困ったように電車の片隅で小さくなっている。

そんなに気にしなくともいいのに。



まあ、そんなこんなで、とても子どもを産み、育てやすい環境作りには程遠いと思う。




ある時、職場の若い人と飲んだ時「なぜ結婚しないのか」と聞いたことがある。

その答えは、「恋愛しないと結婚できないでしょう」

「恋愛するにはそれなりの見た目も必要だし、出会いも無いし」

「そしてプロポーズなどの儀式もしなければならないし」

「そんなのとても無理ですよ」というものであった。



美男美女が大恋愛の末に結婚、「ディズニー映画の見過ぎじゃないの」とその時言ったのだが、案外真実はそんなところにあったりして。

見合い結婚の絶滅と恋愛至上主義、良くも悪くも欧米化というかディズニー化というか。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:歴史
前回のハイキングの続きであるが、ここでは会津藩士の墓だけをまとめることとした。


会津と横須賀の関係は結構古く、まずは横須賀から会津へ行ったケースである。

源頼朝を擁立した関東武士団の中でも有力な三浦一族であるが、その中心は大介・三浦義明である。

その子の佐原十郎義連が1189年の奥州藤原氏征伐での戦功により源頼朝から会津を与えられ、その子孫が会津にやってきた葦名氏である。


その次は会津から横須賀に行ったケースである。

会津藩が幕末の1810年に幕府から江戸湾警備の任務を命じられ、多くの会津藩士がやってきた。

以下、<横須賀市ホームページ>からコピーさせてもらう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
命を受けた会津藩は鴨居と三崎の地に陣屋を構え、三浦半島のほぼ全域を会津藩領としました。

任務につくと観音崎と浦賀の燈明堂近くの平根山へ三浦半島で最初の台場を造り、守りを固めました。

この任務が永遠に続くものと思っていた会津藩士は一家をあげて横須賀に移住してきたので、鴨居には藩士の教育機関である藩校の養正館も設けられました。

ちなみに江戸湾警備についた他の藩はすべて単身赴任でした。

このような状況のもと、横須賀で生涯を閉じた会津藩士およびその家族も多く、現在確認できる墓石だけでも70基以上にのぼります。

会津藩は文政3年(1820)にその任務を解かれますが、ペリーが来航した嘉永6年(1853)には房総半島で再び任務に就き、ペリーが久里浜へ上陸した時には海上警備をしていました。

明治維新で会津藩が新政府軍に破れると、会津を離れ、因縁深い横須賀へ新天地を求めて来た人も多く、その子孫の方が現在も住まれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西徳寺

西徳寺は鴨居港の近くにある浄土宗の寺である。
2014-5-3-1.jpg

2014-5-3-2.jpg

会津藩士の墓の案内板がありわかりやすい。
ということは、私のような物好きが訪ねてくることが多い、ということだろうか。
2014-5-3-3.jpg

2014-5-3-4.jpg

2014-5-3-5.jpg

無縁となった墓地を整理して集めたようである。
2014-5-3-6.jpg

2014-5-3-14.jpg

途中の道は結構きつい山道であった。
2014-5-3-7.jpg

到着。説明の看板もある。
藩校「養正館」には、40名ほどの子供がいたという。
2014-5-3-11.jpg

お墓の周辺はきちんと手入れされており、手厚く管理されている。
ただ、水を入れたペットボトルがたくさん置かれているのが景観として少し違和感がある。
この近くに防衛大があり、そこの福島県出身者の有志が手入れしている、というのを新聞か何かで読んだ記憶があるが、定かではない。
2014-5-3-8.jpg

2014-5-3-9.jpg

2014-5-3-10.jpg

2014-5-3-12.jpg

山道のハイキングコースにもなっているようである。
2014-5-3-13.jpg

この西徳寺の近くに「鴨居陣屋」や藩校「養正館」があったというが、現在は住宅地で何も残っていない。

町内会館の壁に説明書きの看板が掛かっているだけあり、とても写真を撮る気にもならなかった。



腰越墓地

ここは鴨居港から観音崎のトンネル方面に進んだところにある墓地である。

ここも案内板の表示がたくさんありわかりやすい。
2014-5-3-15.jpg

2014-5-3-16.jpg

2014-5-3-17.jpg

鶴ヶ城の写真とともに説明書きがある。

800人以上の会津藩士とその家族が来たとのことであり、藩士の子供や家族の墓もある。

よくわからないのは、他の藩は単身赴任であったのに対し、会津藩だけがどうして「この任務が永遠に続くものと思って一家をあげて横須賀に移住してきた」のだろうか。

軍事目的だけなら単身赴任が妥当であるが、この役目に伴い三浦半島全域が会津藩領になったというから、屯田兵的な開墾も行っていたか、また領地経営のための行政職としての赴任もあったのか。

しかし、1821年には三浦半島は会津藩領では無くなった。

その後の京都所司代、戊辰戦争のバターンと同じで、一生懸命に対応するのだけれども、どうにも要領が悪いというか、情報収集不足というか。

2014-5-3-18.jpg

ベンチも置かれてここもきちんと整備されている。
2014-5-3-19.jpg

2014-5-3-22.jpg

2014-5-3-20.jpg

2014-5-3-21.jpg

藩士の奥さんのお墓だろうか、娘さんのお墓だろうか。
2014-5-3-23.jpg

2014-5-3-24.jpg



円照寺

円照寺は、走水神社の近くにある日蓮宗のお寺である。

円照寺そのものは直ぐにわかったものの、会津藩士のお墓に関する看板も無く、その場所がなかなかわからなかった。

いろいろ探し回った後、境内にいた人に訊いてようやくたどり着いた。
2014-5-3-25.jpg

2014-5-3-26.jpg

会津藩士6人と川越藩士1人の墓であるというが、境内の片隅の極めて狭い場所に集められていた。

たぶん昔はもっと広々としていたものと思われるが、お墓を分譲するためのスペース確保が必要になったからであろう。

ハッキリ言って「処分するに処分はできないし、困った邪魔もの」という扱いであるが、お寺の経営もあると思うし致し方のない話である。
2014-5-3-27.jpg

2014-5-3-28.jpg

2014-5-3-29.jpg

2014-5-3-30.jpg

2014-5-3-31.jpg

今回のハイキングコースでは、以上三か所立ち寄ったが、このルート沿いにもう一つ会津藩士の墓があるお寺「能満寺」があったのだが、すっかり見落としてしまった。

三浦半島には、会津藩士の墓が九か所あるとのことなので、また次の機会に尋ねることにしたい。
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ