プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:独り言
先日、朝のテレビニュースで「スマホの普及率が28%」と言っていた。

これには、驚いた。

もう7割ぐらいになっているかと思っていた。



車の中では、男も女も、老いも若きも、皆一様にうつむいてスマホ、スマホ、スマホである。

覗いてみると、ゲームをやっている人が多い。

電車の中で、新聞、雑誌を読んでいる人は、極々少数。

昔は、読んだ新聞や雑誌を網棚にポンと捨てる人は多かった。

そしてそれを拾って読む、いわば回し読みもよく見る光景であり、私もよくやった。

こういう風景は、携帯やスマホの登場でほぼ消えた。




新聞、雑誌は売れていないだろうと思う。

私も、若いころは毎日のように帰宅途中で、東京スポーツや日刊ゲンダイを駅の売店で買っていた。

今は全く買うことも、売店に置かれている新聞の見出しをチェックすることもなくなった。





8月頃のことだったか、友人のIさんからメールが来た。

「スマホにしたので電話番号とメアドが変わった」というメールであった。

これには、少なからずショックを受けた。

何せ「まだまだ我々はガラケーで行こう」と誓い合っていたのに。




またある時、別の友人と飲んだ時、コンコンとこんなことを言われた。

「我々は、スマホほ持たなきゃいけないんだよ。

3.11の時のような大災害があれば、メンバーの安否確認や被災状況の確認をしなきゃならない。

そんな時、いちいち電話して誰それ無事です、とか伝言ゲームみたいなことやってられないだろう。

メンバーが3~4人ならまだしも、50人とか100人とかになったらどうすんだよ。

A地点が大変だから、近くのB地点に行っているCに応援に行け、という指示が出されたとすると、それが、ラインだと同時にメンバー全員にもれなく情報が伝わるんだよ。

そういう情報が共有化されると、指示がなくとも動けるやつは自発的に動くだろう。」





全くそのとおりだなあ、反論の余地はないなあ、と思いつつ聞いてみた。

「職場の若い女性ともラインで繋がっているの? 嫌がられてない?」




彼の答えは「うん。嫌がられるなー。えーー? 何でそんなことしなきゃならないの?、っていう雰囲気だなあ。」とのことであった。



そして彼はこうも言っていた。

「もう俺たちは年なんだから、意識して新しいことにチャレンジしないと何もやらなくなってしまう。
今やらなかったら一生やらなくなるぞ。いつやるの?ってやつだよ」




全くそのとおりである。

でも、私はまだまだスマホに変更する予定はない。

携帯でさえしょっちゅう家に置き忘れるぐらいだし、それでも不自由ないし。






いや、やっぱりそろそろかな。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
本日、横浜関内にある「象の鼻パーク」で開催されている「よこはま国際フェスタ2013」を妻と見てきた。

どんな催しであるのかは、全く知らなかった。

実は、娘がボランティア参加している、というだけで見に行った。

暇つぶし&親ばか、というだけの話。



「横浜から世界の貧困と多文化共生を発信」というのが、テーマで、様々なボランティア団体や、海外の民芸品を売っているブースが沢山でていた。

民芸品などを売るにしても、その代金で後進国、貧困地域の支援にあてるという趣旨のようである。


様々な義捐金、寄付金も募っており、100円の寄付で1m2の地雷探査ができる、というのもあった。

そして、足を失った子供たち写真。


また、大学や高校などのブースもあったし、福島の子供達の支援コーナーもあった。
2013-10-19-1.jpg

象の鼻パーク
2013-10-19-2.jpg

2013-10-19-3.jpg

2013-10-19-4.jpg

南米の踊り
2013-10-19-5.jpg

バリ島の踊り
2013-10-19-6.jpg

2013-10-19-7.jpg

何の踊りだったか解説聞き忘れ。
2013-10-19-8.jpg

フードコーナー
2013-10-19-9.jpg

インドネシアのミコレンを食してきた。
初体験であったが、甘くて辛くて不思議な味の焼きそばだが、旨かった。
2013-10-19-10.jpg

チベットのバター茶も飲んだ。これは申し訳ないが超個性的な味。
私には、ちょっと無理。
2013-10-19-11.jpg

ルーマニアのワインはいい味。ちなみに1杯300円。
2013-10-19-12.jpg

ベトナムのラーメン食べたかったが、もう満腹状態で見ただけ。
2013-10-19-13.jpg

この7匹の犬連れのおばさんには、外人さんにも大うけ。
何処に行っても声を掛けられていた。
2013-10-19-14.jpg

娘は、楽しそうに働いていた、というかボランティアしていた。

そっと覗いて、帰ってきた。




一方こっちは、横浜公園。

「よこはま wai wai フェスタ2013」というのをやっていた。

労働組合系のイベントのようである。
2013-10-19-15.jpg

こっちも食べ物のコーナーがあり、旨そうであった。
2013-10-19-16.jpg

2013-10-19-17.jpg

市営地下鉄のゆるキャラ「はまりん」
2013-10-19-18.jpg

いちょうは、少し色づき始めた。
ようやく秋本番。
2013-10-19-19.jpg


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:動物
我が町内会の悩みは、野良猫とカラスである。

我が家でも、庭、門、玄関先と所構わず、猫のフンに悩まされている。

最近これまで以上にひどくなってきた。

土日は、この掃除が日課である。



一方カラスは、屋根の上でガンガン、ガサガサと音をさせたり、電柱からフンを落とされたたりと、こっちもやっかいである。

それ以上に、毎日通勤途上にある公園にカラスが集結していて、歩いている人をおどろかす。

カラスには威嚇するつもりはなくとも、数が多く何とも嫌な感じがする。

ただ不思議なことに、夜明けから1~2時間程度は集合しているが、後はどこかへ三々五々とどこかへ行ってしまう。

2013-10-14-5.jpg

普段通勤の時は、近寄っても逃げないカラスも、何故かカメラを向けると逃げてしまう。

何日かチャレンジしたが、カラスもシャイなのか、どうにも写されることは嫌いらしく近寄れない。

写真では、大してカラスが写っていないが、実際はもっともっといる。

公園の砂場に、滑り台に、水飲み場に、傍の電柱に、カーブミラーに、真っ黒になって集まっている。

結構な迫力である。

小学生なんかは怖がるのも無理はない。

2013-10-14-1.jpg

2013-10-14-2.jpg

2013-10-14-3.jpg


この原因を作ったとされるのは、我が町内会では「赤いベンツの女」と噂されている人である。

私は未だに見たことはない。



以下は、近所のおばあちゃんに聞いた話である。

「赤いベンツの女」はこの付近には住んでないようで、どこからか車に乗ってやってきて、野良猫に餌を与えている。

ベンツのエンジン音を聞いただけで、野良猫が一斉に集まってくる。

その数も夥しい。

そしてその野良猫の餌を狙ってカラスが集まってきてしまった。

止めるよう何度注意しても、「猫を捨てた人が悪い、猫が可哀そう」と言って止めてはくれない。

カラスはまだ気味が悪い程度だが、子育て時期になると人を襲い始めるのではないか。

これから日が短くなると、カラスがいる時間帯と小学生の登校時間帯とが同じになる。

なんとかならないものか。


と、こんなような話であり、町内会の大方の意見でもある。




ただ、「赤いベンツの女」以外にも野良猫に餌を与えている人はいるようである。

実は、昨日の夕暮れに、公園で野良猫に餌をやっている人を見かけた。

中年の女性であった。



猫の可愛いさはわかるけど、困ったものだ。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
我が家に坪庭がある。

ほんとうに一坪ほどの広さであるが、何の手入れもせずに放っておいた。

竹はどんどん増えるし竹の落ち葉で地面は見えず、そして竹垣は朽ち果てるまま。



仕方なしに、まずは竹垣のリプレイスを業者に頼んだ。

本当は、本物の竹を使った建仁寺垣にしたかったのだが、結局プラスチック製の人工のものにした。

業者は、「こっちの方が長持ちするし、価格は半値以下、今時どこの家でも人工竹垣」という。

価格の魅力には勝てない。



そして、竹を切り、落ち葉の掃除。

この季節にも拘わらず、蚊の集団が襲ってくる。



最後は、ホームセンターで購入した玉石を撒いた。

玉石は、10kgの袋を7袋購入した。

理由は、3000円以上の購入で無料で配達してくれるからで、3000円を超えるには7袋購入しないといけない。



玉石をまきはじめると、7袋では少し足りなかった。

12袋ぐらいは必要だった。

すぐ忘れてしまうので、次回のためにここに記録しておく。


完成した坪庭。

妻には、「左側の竹をもっと切れ」と言われている。

確かにまだ多い。


玉石を入れたことでこの坪庭は明るくなった。
2013-10-5-1.jpg
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ