プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
4月から職場が変わり、通勤時間が2時間半となった。

これまでの職場も1時間40分を要していたが、これほどの遠距離通勤は経験したことがない。

単身赴任を進める人もいるが、我が家の経済状況ではそんなことはできない。

一か月ほど経ったことでもあり、この間の出来事を記録しておきたい。



その1

まずは気候が違う。

自宅付近は天気が良くても職場付近では雨、またはその逆、ということが何度かあった。

距離にして60km以上あるのだから当然ともいえる。

家を出る際ついつい自宅付近の天気予報を見てしまうが、勤務先付近もチェックしないといけない。



その2

朝五時半に家を出るため電車は座れるものの、長時間電車に乗っているためか腰痛が発生した。

三月までの通勤時間1時間40分の頃は、乗換回数が多く待ち時間が多かったため、電車に乗っている実質時間はさほどでもなかった。

今は乗換回数も少なく、ロスタイム無しでほとんど電車・バスに乗りっぱなし。

これまで腰痛というのは、草むしりをした後などはあったが、座席に座っているだけで腰が痛いというのも情けない。

何かよい対策はないものか。

今のところ椅子に座らず立っている、という位しか方法がない。



その3

通勤の最後はバスであるが、近所に高校がありそこの高校生と一緒に乗っている。

バスは常に満員。

人数は多く、でかい荷物を床に置き通路は歩き難い。

そして話声は煩い。

態度も悪い。

こちらも出来の悪い高校生であったし、先月まで高校生であった娘、これから高校生になる息子がいる身としてはお互い様ということなのだが。

高校生の話は、声の大きさの割には、話す速度が速いこと、単語の意味がわからないこと、話の展開・つながりがわからないことなどから、よく理解できない。

が、長距離通勤を少しでも面白くするために、何かネタは無いかと聞いている。


それで高校生がバスの中で話していたことを三つほど紹介する。


【箱根駅伝】

何人かで友達の噂話をしていた。そしてある人の話題になり、

「〇〇って、漢字書けないんだよ。この間、箱根駅伝って漢字で書けなかったんだよ。

どこが難しいの?

それぐらい、書けるよねぇ。

頭悪すぎだよ。

えっ、ウチも書けないかもしれない。どんな字だっけ?」

そこで皆シーンとなった。



【オレオレ、ウチウチ】

「この間家に電話がかかってきたの。

そしたらオレオレ、オレだよオレだよって言うの。

はあっ?と思ったんだけど、お兄ちゃん?

ウチだよウチ、ウチ、ウチ。

ウチ今お金なくて困ってんの、お金貸してよ、と言ったら電話が切れたの。」



【加藤清正】

「どっかに加藤清正のパワースポットていう所があるんだって。

誰、加藤清正って?

ジャニーズ?

子役じゃなかったけ。

昔の人らしいよ。

新撰組じゃね?

あーそうなんだ。」

皆納得して話はそこで終わった。





以上は、いずれも女子高校生の話である。

彼女らは、明るくて楽しそうで元気である。

一方、男子高校生は、割合おとなしい。

これは、昔からそうだったかもしれない。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:家族
三月末のことであるが、娘が茶髪にしてきた。

その理由は、「今時みんなしているし制服みたいなものだ」という。

そして、黒のスーツも買った。

桜の季節でもあったので、頼みに頼んで何とか桜の花をバックに、茶髪の黒スーツ姿の写真を撮らせてもらった。

娘は、その写真をはがきに印刷して、私の父のところに送ったようである。


それにしても、茶髪に黒のスーツというのは、まさしく制服のようである。

あっちこっちでよく見かけた。


【職場】

四月から職場が変わったが、新しい職場には新人も含めて二十歳前後の若い女性が何人かいる。

これが皆揃いもそろって、茶髪であり、出勤時には、黒っぽいスーツでの出勤。


前の職場には若い女性など皆無であったので、妙に新鮮というか、珍しいというか、印象に残った。



【入学式】

娘の大学の入学式を少し覗いてきた。

女子学生は、90%ぐらいは茶髪、そして黒いスーツはほぼ100%であった。

人数が多いだけに壮観でもあった。

全く制服のようである。驚いた。






蛇足ではあるが、大学の入学式に行くとは何と親ばかな、と思われるかもしれない。

少し言い訳すると、この日は仕事で午後から出張が入っていた。



自宅と勤務先と出張先の三点を頂点とする三角形をイメージしていただきたい。

四月から職場が変わり、自宅から勤務先までの通勤時間は、約二時間半である。

当然片道での話。

毎朝家を出るのは五時半。



勤務先から出張先までは、約二時間を要する。

ところが自宅から出張先までは一時間四十分ほど。

おまけに、娘の大学は出張先の途中にある。


これでは、午前中休暇を取り出張先に直行したくなるというのも人情だろう。

ついでに入学式でも覗くか、さらについでに買ったばかりの一眼レフでも試すか、となっても仕方ないところ。



この茶髪に黒のスーツの話を前の職場の同年代の女性にしたところ、「今頃気づいたの、とっくにそうなっているよ」とあきれられた。

おまけに、「黒スーツは着ないけど私も茶髪よ、白髪染めで」という。

あーそうだった。


そして妻も茶髪だった。

関心なさすぎだったかな。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:うちの猫
我が家で猫を飼い始めて、二か月になろうとしている。

最初の一週間はピアノの裏、そして二週間目からは出窓のカーテンの陰が拠点であったが、現在はダイニングテーブルの下の椅子の上が定位置となっている。

ここからほとんど動くことがない。
2013-4-14-3.jpg

妻の席がお気に入りで、妻は猫をどかさずに他の席に行って食事をしている。
2014-4-14-5.jpg

この椅子の上から下りるときは、餌をねだる時であるが、その時のねだり方も下の写真のように、ただじっと座りこちらを見つめるだけである。

たまに、極めてか細い声でニャーと鳴くこともある。

まさに消え入りそうな声。
2013-4-14-2.jpg

依然として野良状態の延長上にある。

過去に何があったんだろうと、よく家族で話題になる。


多少は進歩したところもある。

ほんの少しだが体を触らせる時もある。

が、触ろうとすると大抵はフーとかシャーとかいって怯えて逃げてしまう。



手のひらから餌も食べるようになった。

が、何時でも逃げる体制に入っているため、必死に食べており手をかまれてしまう。

餌容器から食べている時でも逃げる体制には入っている。

腰が引けていて何とも情けない。
2014-4-14-6.jpg

猫じゃらしなどをやっても、あまりのってこない。

それどころか逃げ出してしまう。

逃げるところは、椅子の上、それでもだめなら出窓のカーテンの陰。

これまでケージの中で飼われていたようで、これが年齢の割にはあまり動かない原因のようである。


この状態がずうっと続くとは思われないが、猫がのどを鳴らしたり、膝の上に抱かれたりするのはいつの日になるだろうか。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
EOSkiss6iを買いました。

一眼レフ購入は、なんと二十数年ぶり。

最近のコンパクトカメラは優秀なので、一眼レフなんかいらないと思っていたが、たまには一眼レフもいいかなと買ってみた。

以上報告終了、では内容が寂しいので、以下どうでもいいことを書きます。

2013-4-6.jpg


〇動機

一眼レフを初めて買ったのは高1の時で、カメラが欲しく貯めていた小遣いで買った。

買ったのは初心者向けのキャノンの一眼レフ。

その後、ニコンに転じ、二十代の頃は各種コンテストなどにも応募するほど凝っていたが、結婚する前あたりから写真を撮るのも面倒になってきて、そのうちやめてしまった。

本当のところは、撮った写真の整理が面倒だったのが理由。

今も整理は苦手であるが、現在はデジタルカメラの時代になり写真の整理が不要になった。

老後も近づいてきていることから青春時代に戻ってみようか、というのが一眼レフ購入の動機。


〇一眼レフか、ミラーレス一眼か

もともとコンパクトカメラで十分と思っていたぐらいなので、ミラーレス一眼にしようと思い、実物を見に行った。

小さくていいのだが、なんともちゃちい。おもちゃのような感じ。

その中でもソニーのミラーレスはなかなかよいと思ったが、一眼レフを見るとやっぱりミラーレスを買う気にはならなかった。


〇ニコンか、キャノンか

フィルムカメラ時代のことではあるが、ニコンが好きだった。

何度もカメラを落としたが、多少ボディが傷ついても一度も故障しなかったし、安心感があった。

が、性能はともかく現在のニコンのカメラのデザインがどうにも気に入らない。

それで、キャノンに。


〇EOSkiss6iか、EOS60Dか。

kiss6iは初心者向け、60Dは中級者向けであるが、価格はほとんど同じ。

スペックもあまり変わらない。

何が違うかといえば、60Dのボディはいかにも堅牢そうでがっちりしており重い。

一方、kiss6iのボディはちゃちくて軽い。

ここは悩みどころであったが、軽さを取った。

若い頃なら躊躇なく60Dにしたと思う。


〇ダブルズームキットか、18-135mmズーム一本か

ダブルズームキットは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」の二本のレンズがついている。

一方「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」のセットは、レンズが一本にもかかわらずダブルズームキットより五千円高い。

なんか納得いかない。

かつては24mm、36mm、50mm、85mm、135mm、200mmと五本の単焦点レンズを持ち歩いていたが、レンズ二本持ち歩くのも面倒だし、レンズ交換も面倒。

調べてみるとこの135mmは、フィルム時代の200mmに相当するとのことであり望遠でも十分。

それで18-135mmの一本のセットに決定。





なんか、一眼レフを買う意味があまりないような選択であった。


買ったのは三月であったが、実はあまり写真を撮っていないので、ここに写真を紹介できない。

結局、このカメラを主に使っているのは息子である。



| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ