プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:マイホーム
先月末ことであるが、我が家の1階のトイレが詰まった。

完全に詰まって水があふれた、というわけではないが、秋ぐらいからどうも水の流れが悪くなってきた。

ゴポゴポといつまでも音をたてている。



ここは男としての腕の見せ所、と思い、まず市販のパイプ洗浄剤を試してみた。

どうにもよくならない。

妻には、「業者に頼んだら」と言われたが、自分でなんとかできるだろうと思っていた。



結局、近くのドラッグストアに売っている洗浄剤を次から次と、全種類を試したがその時は多少良くなった気がするだけで、回復はしなかった。

パイプ洗浄剤の説明をよく読むと、「トイレの詰りには有効ではない」なんて書いてあった。

5、6種類あったか、いずれも2~300円程度だったので大した金額ではなかったが。



市販のものではダメか、と思いネットでアルカリ系のピーピースルーなるものを買って試してみた。

これは、いかにも強力そうであった。

しかし、これも効果無し。



薬品ではダメなんだろう、金属のようなものが詰まっているのかもしれないと思った。

それなら物理的な対応しかないだろうな、と考えを改め、「スッポン、スッポン」の強力版の真空ポンプをネットで買って試してみた。

しかし、何も吸い込むことも、出すこともなく、スカスカで全く役に立たず。
2013-1-26-1.jpg

いよいよしょうがない、ワイヤーブラシを買ってみた。
IMG_4364.jpg

これは、使い方が悪いせいなのか、どうもうまく中に入っていかない。

あまり強引にやるとパイプを損傷させるんじゃないかとビビっていたのも原因のひとかだが。
2013-1-26-6.jpg



万策尽きた。

仕方なしに業者を頼んだ。

電話をすると、「10分もあれば直せます」と言う。

来たのは、大柄で陽気な男と小柄でまじめでそうだが無口な男の二人。

余計なことだが聞いてみると兄弟だそうだ。




今後のこともあるのでプロのやり方をよく観察した。

まず、真空ポンプ。

最初は、私がネットで買ったものと全く同じものでやったがダメ、次に大型の真空ポンプ、これは一升瓶ぐらいの大きさがあった、で試したがこれもダメ。


次に、やっぱりワイヤーブラシを使うが、結局ダメ。


「二万円になるが便器をはずしてもいいか」と聞くので、どうにもならないので同意する。

ここが最も肝心なところと思い、熱心にその手順を見て記憶しようと務めた。

ただ、兄の方の携帯電話がひっきりなしになり、作業がなかなかはかどらない。

「年末なんで大掃除の家が多く注文多くて・・・」と言っていたが、ちょっと違うような感じもした。

まあ、どうでもいい。



それで、長々と時間がかかりようやく便器をはずし、便器の中にワイヤブラシを入れると、ワイヤブラシの頭がいとも簡単に出てきた。

「あれっ? ここが原因じゃない。外だな。」と言う。

ここまでで、うちに来てから1時間を超えていた。




外に出て、汚水の排水枡の蓋をあけると、そこは汚水があふれんばかりになっていた。

匂いも強烈。

勾配の関係なのか、我が家の場合直接下水に繋げず、こういう枡を介して下水に繋いであるらしい。

業者によると、平地は少ないが、横浜市内の傾斜地には多い方式、とのこと。

2013-1-26-3.jpg



この枡の掃除は、三万四千円という、ただし便器の分解の料金は発生しないとのこと。

枡からあふれんばかりの糞尿をみると、自分でやる意欲がなくなり、同意した。

しかし、ここからが大変であった。

まず、高圧洗浄機のパイプ洗浄用の器具をいれ、洗浄しながら糞尿を下水に流そうとするのだが、なかなか流れない。

二人の兄弟は、糞便にまみれながら悪戦苦闘した。




その原因は、木の根っこが枡の中にびっしりと生えていたことである。

ようやくのこと糞尿を流し、木の根っこを取り出したが、二抱えほどあり、大きいゴミ袋を何重にもしてから、ようやく入れた。

私も持ってみたが、濡れていることもありその重さはすごいもので、ゴミ集積所までようやく運んだ。



この間、約二時間を要した。

便器の分解を含めて、約三時間。

最初三万四千円は高いと思ったが、終わってみればそれだけの労力はあった。

おまけに彼らは、室内だけの作業を想定してか、この寒いのに薄着であった。

こっちはダウンを着ていても、寒かったのに。



きれいになった枡の中。

2013-1-26-4.jpg


妻が言うように最初から業者に頼めばよかった、と思いつつ、いろいろ勉強になった。


ちなみに根っこの木は、クスノキであった。

クスノキ独特の匂いがするので疑いの余地はない。

なんともすごい生命力だと思っていたが、こんなところから栄養を取っていたとは。




スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
1月19日、海の公園でどんど焼きが行われたので、例年のごとく散歩がてら妻と行ってきた。

いつものように歩いて行ったが、15日に降った雪がまだあちらこちらに残っていた。
2013-1-19-2.jpg

2013-1-19-4.jpg

海の公園は、風も無く晴れて穏やかであり、絶好の中高生の部活びよりである。
2013-1-19-7.jpg

2013-1-19-8.jpg

どんど焼きにはまだ火がつけられていなかった。
2013-1-19-5.jpg

例年のごとぐの賑わいで、また、出し物もいつもと同じではある。

ここへの出店は、いわゆる「テキヤ」はおらず、金沢区内のお店が出張してきており、ボーイスカウトや社会福祉協議会なども店を出している。
2013-1-19-6.jpg

頭をかじってもらおうと大勢の人が集まっていたが、相手にしてもらえるのはやっぱり子供が中心。
2013-1-19-10.jpg

2013-1-19-9.jpg

何の行列かと思ったら、団子焼きの団子をもらう列。
2013-1-19-11.jpg

2013-19-13.jpg

書初めコーナー。私も妻も一筆書いてきた。

妻は、心願成就と書いていた。
2013-1-19-12.jpg

消防署の餅つき。この餅が評判がよくいつもあっという間に売り切れとなる。
2013-1-19-14.jpg

これは、初めて見た。

金沢動物園のゆるキャラ「金沢ゆーかりん」というらしい。

私もこういう着ぐるみに入ったことがある。

子供たちが興奮して、けどばしたりぶつかってきたり、結構大変なものであった。

中には「人が入ってんでしょう」と言いながら怖がる子供もいた。

この「ゆーかりん」ももてもて状態であった。
2013-19-14.jpg


その辺の出店で、1杯300円のかけうどんを食べたが、このうどんが意外にもなかなかの絶品のうどんであった。


どんど焼きに火が付くまで待てずに、帰ってきた。

春が近い。

でも火曜日にまた雪が降るらしい。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
今日は、この冬の初雪が降った。

積雪量は我が家の近辺では20cmぐらいで、この数年間で最も多い。




育ちが育ちだけに、冬に雪がないと物足りない。

いい年をして今もって雪が降るとうれしくなる。

今日は、久しぶりに娘と雪合戦した。

子どもの頃の感覚が蘇ってくるようだ。

また、家の中のこたつに入って、降る雪を眺めたり、風雪の音を聞いたりするのもまた楽しいものである。





現在電車は止まっているようだが、休日なのでとりあえず私には影響なし。

ただし、明日は大混乱だろう。

それを考えると少し憂鬱ではある。

こんな程度の雪で、と雪国の人は思うだろうが、致し方ない。

覚悟して出勤するしかない。

久しぶりにゴム長靴で行くか。




娘が作った雪だるま。
2013-1-14-2.jpg

公園にあった雪だるま。
2013-1-14-1.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
またしてもプランターに植えた花が引き抜かれてしまった。

このようなことは、昨年の春ごろから度々ある。

ある時は苗を根こそぎ引き抜き地面に捨てておいたり、
またある時は花びらだけをむしり取ったり、
またある時は引き抜いた苗をご丁寧に天地をひっくり返しておいたりと、
様々な手口である。

2013-1-13-1.jpg

2013-1-13-2.jpg

一体誰が、何の目的でこんなことするのだろうか、と家族でよく話題になった。

門にカギは無いので、その気になれば誰でも我が家の敷地内に入れる。

怖いので防犯カメラを設置してくれ、と家族から訴えられもした。


近所では、度々空き巣に入られたり、家の中に侵入しようとして窓を壊された、というお宅もあった。

幸いなことに我が家では一度もそのようなことは無かったが、不気味といえば不気味である。






ある時、犯人を見てしまった。

プランターの上に乗り、植えたばかりのパンジーを引き抜きプランターの中の隅に置いていた。


カラスである。


苗や花を食べているわけではないし、何故このようなことをするのかわからないものの、犯人がカラスで家族はとりあえず安心はした。




昨年春頃から、この近辺では急激にカラスが増えた。

朝といい晩といい騒々しくて堪らないし、人や車が近寄っても逃げようともしない。

それどころか、威嚇してくることもあり、結構怖い。

大人に対してもそうだから子供はなおさらであろう。

石を投げたこともあったが、当然あたるわけはない。



電線の下は真っ白の一面糞だらけ。

ゴミ集積所は、カラス対策のためにネットがしてあるが、ネットの隙間から器用に嘴を入れて目的物を引きずりだし、道路上にゴミが散乱して困っている。




以前からカラスはいたが、このようなことは全くなかった。

一体どうしてこのようなことになったのか。

近所の人の話によると、公園に野良猫が住みつき、その猫に餌をやる人が出た、というのが原因とのことである。

餌を目当てに野良猫が増え、さらに大量の餌をやるようになったところ、その餌を横取りしようとカラスが集まり始め、今では真っ黒なカラスの群れが出現してしまった。


町内会の役員も猫に餌をやる人に対して注意をしたらしいが、「捨て猫がかわいそう、そもそも猫を捨てる人が悪い」との反論で全く聞き入れてもらえないようである。


我が家では、カラスだけではなく庭にされる猫の糞にも悩まされている。

困った問題である。




蛇足だが、妻は「カラスが喋っている内容が少しわかる」と言っている。

「おい、こっちに餌があるぞ」とか教えあったりしているんだそうだが・・・・・・???

2013-1-13-3.jpg
こちらはまだ被害のないパンジー。
2013-1-13-4.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

今年の正月は、全国で大荒れの天気。

神奈川県内はとんでもない強風が吹き荒れ、その影響か箱根駅伝でも二校が途中棄権。

元旦も、当地からみれば東の房総半島方面は雲が多く、きれいな初日の出は見ることができませんでした。

2013-1-1-1.jpg

集まった人たちからも「今年はダメだな」との声が上がる。
2013-1-1-2.jpg

2013-1-1-3.jpg

七時半頃まで待ったが、このとおり。
今年の初日の出はあきらめた。
2013-1-1-4.jpg

その後、初詣と妻の実家と恒例行事。

白内障手術後のため、医師からは一か月ぐらいは過度の飲酒は控えるように言われていたが、結局、飲みすぎるまで飲んでダウン。

ふと気が付くと、右目と左がまったく焦点が合わず大きくずれたまま、ものが二重にみえた。

一晩寝たら元にもどったが、今後飲酒は適量にしたい。

と、新年から反省。



今年もよろしくお願いします。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ