プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:病気
今年は寒かった。

今日も寒いので、まだ、過去形にするには早すぎるかもしれないが。

積もりはしなかったが、雪の降った日が多かった。

先週の日曜日も、晴れていたので庭仕事をしていたら、チラチラと雪が舞ってきた。

眩しいほど日が差しているのでよもや雪とは思わずに、なにか綿毛のようなものが飛んできた、と勘違いしてしまった。



どんなに寒くても、季節はきちんと巡ってきて、通勤途中の街路樹は花を咲かせていた。

2012-2-26-1.jpg




そして、とうとう花粉も飛ぶようになった。



今年は、殆ど花粉症の兆候が無かったので、ヒョッとして花粉症が治ったのではないか、という期待があったのだが、一昨日から症状が出始めた。


先々週に、「となりのじろろ」さんに「飲み納め」を開いてもらい、覚悟はしていたもののちょっとショックではある。


これから二ヶ月間の禁酒生活に突入する。

三月四月は何かと飲み会が多いが、飲んだ後の鼻づまりの苦しみに比べれば、酒を飲まずにお茶で過ごすことはなんでもない。

ただ、私には「酒を良く飲む」、或いは「日本酒好き」というイメージが定着しているのか、何で飲まないのか、と詮索され面倒くさいことこの上ない。

花粉症で酒が飲めない、といってもなかなか納得してもらえない。




幸いなことに今年の症状はまだ四合目程度で軽い。

春一番が吹くのが遅れているようで、毎年、春一番と共に十合目に達してしまう。


同病の友人は、マスクもせずに「今年は治ったかもしれない」
などと油断している私を見て、
「去年は花粉の量が十倍と言われていたが症状は平年とあまり変わらなかった。
ということは、今年は花粉が少ないと言われているが、やっぱり症状は変わらないだろうから、
準備した方がいいな。」
と忠告してくれていた。

その予言はあたりつつある。



ゴールデンウィークが待ち遠しいなあ。


2012-2-26-3.jpg


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:写真
通勤途上で富士山を撮影。

昨年も同じようにアップしたが、撮影日時が違うだけで全く同じ風景で、あまりにも芸が無さ過ぎかとも思うが、とりあえず定点観測の結果ということでアップ。

2012-2-19-1.jpg

2012-2-19-2.jpg

2012-2-19-3.jpg

2012-2-19-5.jpg

2012-2-19-7.jpg

2012-2-19-8.jpg

2012-2-19-9.jpg

2012-2-19-10.jpg

撮影している時間は、概ね7痔半頃。ここを通りかかるのがそんな時間なので。

それにしても今年は寒いなあ。

反面花粉が飛ばなくていいけれど。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
三日前に健康診断があった。

うかつなことに、健康診断があることを前日に気がついた。

検便の用意が出来ていないままに、とある医療機関に行った。



窮すれば通ずではないが、その医療機関に到着すると便意を催し、一回分の検便は採取でき、なんとか提出できた。

その時出た便は、軟らか過ぎず硬すぎず、臭いもあまりない、自分でも感心するほどのなかなかの出来栄えであった。

受付の看護婦さんに、もう一回分は郵送するか、キャンセルするか選べるがどうするのか、と尋ねられ、結局キャンセルすることにした。






実は、私の職場では業務上の必要性から、かなり頻繁に検便を実施している。

職場の人は、みな検便には慣れたものである。




以下は、職場で聞いた話である。


数年前のことである。

ある月の職場の検便で、「ジステンバーの保菌者が出た」という連絡が、検査先の保健所から入り、職場はてんやわんやの大騒ぎとなった。

保菌者である人には出勤停止を命じ、隔離しなけばならない。

そして、その人がいたところや関係する設備はすべて消毒しなければならない。

これまでこんなことが一度もなかったから、消毒といってもどうやったらいいのかわからない。




検査した保健所の人も相当慌てていたらしい。



何故なら、ジステンバーは人間には感染しない、というのが通説であるので、「新発見」の可能性があるからである。

研究者なら、新発見に胸が躍るのも無理は無い。







結局、この大騒ぎは、検便を提出した人が、「実は便が出なくて困りはてて、代わりに犬の糞を採取し提出しました」との釈明でけりがついた。

おまけに採取した犬の糞は、「飼い犬ではなく、道に落ちていたやつである」とのことであったそうだ。



検便は早めに、というのが今回の教訓である。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
二宮町の吾妻山公園の菜の花が見ごろだと聞いたので、出かけてみた。

二宮町は東海道沿線の町で、かろうじて「湘南」に入るだろう。

湘南というと異論が出るかもしれないがとりあえずそういうことにしておく。




吾妻山公園に行くには、登り口は4つほどルートがあるようだか、駅前から登る「役場登り口」が一般的だろう。

とにかく駅から徒歩三分程度と、とても近い。
2012-2-5-1.jpg

吾妻山の標高は136mだが、駅の標高はたぶん3~4m程度だろうから、130mぐらいを一気に階段で上ることになる。
2012-2-5-2.jpg

山道に咲くスイセンは、終わりに近い。
2012-2-5-3.jpg

2012-2-5-4.jpg

蝋梅も見ごろは過ぎており花は残り少ない。
2012-2-5-21.jpg

頂上。
2012-2-5-12.jpg

頂上付近は、開けていて子供が遊ぶにはちょうどいい。
2012-2-5-9.jpg

菜の花が満開だか天気がよくなく、今ひとつ輝かない。
日ごろの行いの悪さがこんな所にでたか・・・。
2012-2-5-5.jpg

一眼レフのカメラを構えた中高年で賑わっていた。
2012-2-5-6.jpg

2012-2-5-7.jpg

2012-2-5-8.jpg

小田原・真鶴方面。
天気がよければ富士山も見えるはずなのだが残念。
2012-2-5-10.jpg

秦野・丹沢方面。
2012-2-5-14.jpg

相模湾。
どこが海で空だか分からない。
もう少し天気がよければ・・・。
2012-2-5-11.jpg

公園に設置されているローラー滑り台。
子供だけでなく年配者も滑っていた。
2012-2-5-13.jpg

駅前の観光協会の建物の中。
ここは、昔は小学校の体育館だったようである。
町をあげて、菜の花とシラスを売り出そうとしている。
2012-2-5-15.jpg

シラス汁、一杯百円。
シラスがあまりみえず、シラス汁というよりネギ汁?
さっぱりしてて、旨かった。
2012-2-5-16.jpg

ついでに町の中を散歩。
ここも全国各地で問題となっているシャッター街となっていた。
町が菜の花とシラスで、町興しをしたいというのは良く分かる。
2012-2-5-17.jpg

往時はかなりの賑わいであったと、二宮町で生まれ育ったという友人が言っていた。
2012-2-5-19.jpg

2012-2-5-18.jpg

路地裏は静かなたたずまい。
2012-2-15-20.jpg


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ