プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:イベント
とある親しい方が亡くなられた。

木曜日に通夜、金曜日に告別式に家族で参列してきた。


今日は、通夜の時に、お坊さんが話された事を記録しておく。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


故人は大変信仰の篤い方でした。

よく、お父さん、お母さん(喪主からみれば祖父母)のお墓参りにお寺においでになられました。

そんな時のことです。



私は、NHKのある番組が好きでよく見ていました。

するとその番組の終わりに、制作関係者として喪主の○○さんの名前がでていることに気付きました。

そのことを故人にいいますと、大変嬉しそうににっこりと微笑まれました。

決して自慢されているわけではありませんが、何か誇らしげでもありました。



あー、○○さんは、大変な親孝行をしたな、と思いました。


愛の中で母親の愛ほど強いものはないでしょう。

自己犠牲の愛ともいえます。

慈母観音の慈母とはまさに、母そのもののことであります。




私も、三十年前のことですが、母を亡くしました。

その時思ったのは、ああ、これで私を命を掛けて守ってくれる人がいなくなったな、ということです。



しかし、亡くなったとしても、心の中には永遠に生き続けています。

母を思い起こせば、常に我とともにあるということです。

この三十年間、母を思い出さない日は一日もありませんでした。


きっと、母はあの世から見守ってくれており、困ったときには目に見えない形で、助けに来てくれます。

この三十年間、母に助けられた、と思うことが沢山ありました。

ここで、いちいち例をあげることはいたしませんが、感覚としてそう思わざるを得ないことが、度々ありました。

それを証明することはできませんが、ふと、そう思う瞬間が幾度もありました。




喪主の○○さんも、たぶんこれからそういうことがあるでしょう。

心を澄ませばきっとわかります。




通夜というのは、故人と夜を通して語りあうというのが、由来です。

最近は昔のようになかなかそういうこともできなくなりましたが、今日はどうぞゆっくりと心の中で語り合ってください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

告別式における喪主のあいさつは秀逸であった。

笑いと涙をともに誘った。

さすがだなと思った。



本当は、そちらをここに載せたかった。

しかし残念ながら、極めて個人的な内容を含んでいるので、私がこういうところに書くのは適切ではないと思い、お坊さんの話だけにしておきたい。





故人は、この月曜日に亡くなられたが、私はその前日(先週の日曜日)に、娘は当日の朝に、それぞれ会って話をしている。

まさしく突然の出来事であった。



故人には大変お世話になっており、家族一同、心からご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:電車の中の人々
電車に乗っていると、時々やたら大きな声で話している人がいて、聞きたくも無い話を聞かされてしまうことがある。

そういう話はだいたいは他愛も無い世間話であり、こちらも右から左で、記憶に残ることはない。


しかし、たまに聞いていてへーーと思い、覚えている話もある。





この話は、三十台前半ぐらいの男性二人が話していたものである。

二人は幼馴染と思われ、片方の人が二人に共通の、もう一人の友人の消息について語っていた。



内容は、だいたいこんな話であった。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あいつは、小・中学で成績悪かっただろう。

まあ、俺もそうだったんだけど。



で、俺たちは、パー高といわれたあの高校に行ったんだけど、それでもあいつはギリギリで入ったんだと思う。

入ってからも成績は悪くて、ずうーとビリに近かったんじゃね。



それが、高校二年のとき、親父が癌で死んだんだよ。

高校を辞めるか、という話もあったらしいが、せめて高校だけは卒業したほうがいい、ということで辞めなかったんだけれども、そこからどういう訳か、勉強し始めたんだよ。



やっぱりショックだったんだろうな。




でも、レベルの低いパー高だし、周りの環境もあんまりよくないし、高校の友達なんかは、おめぇ何やってんだよ、って感じだったな。


あの環境で、あのできが悪かったあいつが勉強しつづけ、結局、大学受験したら、早稲田、慶応、上智、全部受かっちゃった。


これは、あの高校創設以来の快挙で、その後もそんな奴は出ていないと思うよ。

校長も喜んだのなんのって。




だって、進学校じゃないんだよ。

大学行く奴もいるが、ほんのチョッとだし、行く大学はFランの中でも一番最低の誰でも入れるところだけだよ。




で、結局、早稲田に行ったのよ。



そして、これかまたすごいんだけど、新聞社に就職したんだよ。

これもあの高校の卒業生で、あいつ一人しかいないじゃないの。




やっぱりああいうところは、まず地方から勤務させるらしいんだけど、最初に行かされたのが、小笠原。

地方も地方、離島だよ。



でもそこが嫌で嫌で、結局、ほんの1、2年で辞めちゃったらしい。

もったいないよなー。

給料だっていいだろうし、そのうち戻ってこれるんだろうし。

何考えているんだか、と思ったよ。




それで、こっちに戻ってきて、起業し商売を始めたんだけど、最初はかなり当たって相当儲けたらしいよ。

仕事はIT関係だったらしい。




でも、そのうちに仕事がおかしくなってきて、ついに倒産。

そして夜逃げ。

まあ、ありがちと言えばありがちな話なんだけどねぇ。




そしてここがよく分からないんだけど、どうも逃げた先が、あんなに嫌がっていた小笠原らしい。

その小笠原で最初は何をしていたか知らないけど、そのうちの地元の女の人と結婚し、漁師になったんだって。




今は、子供も居るらしいよ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

なにか、塞翁が馬のような話であった。


なお、万が一のことを考えて、多少ぼかしたり、設定を変えたりしました。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:写真
今年の4月は地震に原発に計画停電にとで、何か落ち着かない日々であった。

ちゃんとした花見もしなかったが、通勤途中、或いは出張の途中などの道々に咲いている花は、持ち歩いているカメラで撮影しておいた。

ひと月遅れだが、先月撮影した花々をアップしておく。






この辺は、横浜公園。

この時期横浜公園は、毎年チューリップが一面に植えられて大変綺麗な場所である。

ただ、これを撮影したのは4月8日で、このころはまだ咲いている花は少数であった。

4月末であったら見事であっただろうが、残念ながらその時期は行っていない。

来年は、最盛期に行ってみたい。
2011-5-14-1.jpg

2011-5-14-2.jpg

2011-5-14-3.jpg

2011-5-14-4.jpg

2011-5-14-5.jpg

2011-5-14-6.jpg

2011-5-14-7.jpg

2011-5-14-8.jpg

2011-5-14-9.jpg

2011-5-14-10.jpg


この辺は職場の近く。

2011-5-14-11.jpg

2011-5-14-12_20110514162320.jpg

2011-5-14-12_20110514162344.jpg

2011-5-14-13.jpg

放射能を吸収する?菜の花。
この種をもらって我が家にも蒔こうかな。
2011-5-14-14_20110514162352.jpg

花粉症もまだ完治とはいかないが、大分よくなってきた。

薫風駘蕩のよい季節になった。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
4月中旬の頃の話である。

被災地支援に赴く者の募集があった。



これが内容のよくわからない話であった。

○行き先は、福島県らしい。が福島県のどこなのかは不明である。どうも受け入れ先との調整はこれから行うらしい。

○いつから出発するかは決まっていない。決定次第いつでも行けるように準備して待機せよとのこと。

○期間は、3ケ月位。しかし1ケ月に短縮されることもありえる、という。

○仕事の内容も決まっていない。

○住居は行き先が決まったら自分で手配しろとのこと。



何も決まっていない割りには、何故かやたら急いでいる。

告知できない深いわけでもあるのか、と勘ぐりたくなる。




はっきりしていないものの、原発関連の仕事か、原発による避難民への支援かそんなところであろうと推測した。

聞いてみると、まだ応募者はいないという。



心が揺れた。

俺が行ってやるか?

生まれ育った福島県だし。

給料は貰えるし、せいぜい三ヶ月の単身赴任。



不安があるのは、視力の関係で車が運転できないことと年齢的なことぐらいか。

まあ、何とかなるだろう。




しかし、職場には迷惑を掛けてしまう。


まず、同僚に相談。

えっ! と、一様に皆驚く。ただ中には「是非行ってください。後は何とかします。」と言ってくれる人までいた。

こう言われると、こちらも逆に引くに引けなくなってしまう。




次に上司に相談。

嫌な顔をされる。

しかし、嫌な顔をしつつも、面と向かっての反対はしずらい。

何せ未曾有の国難でもあるし、全社で派遣を決定したことでもある。

しようがないな、という感じ。




最後に、家に帰って妻に相談。

やけにあっさりと承諾。

5月の連休は、こっちに帰ってくるの? それとも会津に行っちゃうの?

と聞いてきた。


被災地への支援と言いながら、新緑の季節の福島をあっちこっち見てみたいという、下心を見透かされていたか。




そんなことで、福島県行きの応募をした。

しかし、その翌日、本社の方から「ダメ」の連絡があった。

その理由はよくわからない。

他に応募者があったのか、残念なことである。

多少ホッとした気もしたが。







この話を、友人宅で飲んだ時にした。

友人は、「そんなの当たり前だろ。もっと若いやつがいいに決まっている。せっく好意で応募して来た人に、年だからあなたはダメです、とは言いにくいだろう。」


そうか、理由は言わぬが花か。

妙に納得してしまった。

しかし、残念である。






| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
私はキャンディーズファンだった。

学生時代の部屋には、等身大に近い大きさのポスターが貼ってあった。

大学卒業時に、後輩があまりにも欲しがるので上げてしまった。




私に限らず、我々の年代はほとんどがキャンディーズファンだったかもしれない。

いわばキャンディーズ世代と言ってもいい。

霊柩車出発時に、熟年のファンが青いテープを投げた、というニュースがあったが、私の世代の人たちである。




私の職場でも同年代の人達は、スーちゃん死亡のニュースが話題になった。

最初は、ぽっゃり系のスーちゃんがよかった、でもだんだんスレンダーなミキちゃんがよくなってきて、やっぱり何と言ってもランちゃんだな、

とか、

デビュー当初は、スーちゃんが真ん中だったがあまり売れなかった、ランちゃんが真ん中になってから売れはじめた、

「春一番」がよかった、いや拓郎がつくった「やさしい悪魔」がよかった、

なんていう話をいい年したおじさん、私も含めてだが、昼飯時にした。



骨董収集が趣味の人に、若い人が「ピンクレディの方が上じゃないですか」なんていう冗談を言ったら、「古伊万里と工業製品ほどの違いがある」などと講釈をたれていた。

そうなんだよ、我々の世代にはキャンディーズの前にキャンディーズ無し、キャンディーズの後にキャンディーズ無し、ぐらいの感じなんだなこれが。



花粉症のため禁酒していたが、二ヵ月半ぶりに再開した。

友人宅で先週金曜日飲んだのだが、たまたまスーちゃんの追悼番組を見ながらの飲酒になった。

私と同い年の3人は大いに盛り上がったが、多少年が離れた人はそうでもなかった。

やはり、キャンディーズ世代か、そうでないかの違いは大きい。


友人の一人は、キャンディーズに関する雑誌の切抜きを今でも持っていると言っていた。大学を卒業してから何度も引越ししたであろうから、なんともおかしいが、ファンとしてわかる気がする。





スーちゃんの遺言ともいうべき録音を最初に聞いたのは、出勤前の朝のニュースであったが、驚いた。

体力も尽き掛け、もう死んでいこうという人が、震災の被災者のことを案じていた。役に立ちたい、それが努めとも言っていた。

たいしたものだ。

感動した。


あのテープを流したことで、夏目雅子のように復活したと言えるのではないか。

骨董好きのおじさんが言っていたように、やっぱりそんじょそこらのアイドルとは、ものが違ったのかもしれない。




キャンディーズは、私達にとっての永遠のアイドルである。

キャンディーズに出会えて、私達も幸せでした。




心からご冥福をお祈りいたします。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ