プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:ガーデニング
4月26日は、全国的に強風が吹き荒れた。
我が家では、高さ6~7mのクレストが傾き、かろうじて物置に寄りかかり、倒れることを免れた。

この物置は、前所有者が日曜大工で作った手作りのもので、結構重宝して使っているが、木が風に揺れるたびに、ギシギシと悲鳴をあげ、今にも壊れそうであった。


切り倒すしかないが、とてものこぎりではきれそうもない。
チェーンソーを買ってこようかとも考えたが、間違って隣家に倒れたらことだし、何よりも切った後に出る幹や葉の処分をどうするのか。

ゴミ袋に入れてゴミとして出すしかないが、相当の量になる。
近所の手前そんなに出すわけにもいかないし、また、ゴミにする手間を考えると躊躇せざるをえない。

仕方なくホームセンターに電話すると、忙しいので来月20日以降であれば行く、とのことであった。
そんなに待っていたら、物置が完全に倒壊してしまう。

ネットで調べたら、「便利屋」さんがやってくれるとのこと。
ただし、費用は処分費込みで6万円

う~ん痛い、でもしょうがない。

ということで、やむを得ず翌日切ってもらった。

隣家に迷惑を掛けなくてよかった、とするしかない。


IMG_1696.jpg
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
○我が家はゴミ屋敷


引越しがほぼ決まってから、実際に引越しするまでの期間は1か月半ぐらいあった。
その間やったことといえば、ゴミ捨てであった。


子供の洋服、雑誌、本、おもちゃ、ビデオデッキ、掃除機、プリントごっこ、その他ガラクタが出で来る、出てくる。
我が家の押入れは、ドラえもんのポケット並みかとあきれるほど奥から出で来た。

家の外にも壊れた自転車、なべ、釜、剪定ばさみ、植木鉢、プランターのたぐいが、、、。

ゴミはいつでも捨てられるわけではなく、分別して決められた日に出さなくてはならない。
特に粗大ゴミは、予約しないといけない。

妻曰く、そのうち使うかもしれないし。もったいないし。
出そう出そうとは思っていたけれど、、、なかなかねぇ~、、、、。


近所迷惑になるので、小出しにはしたが、最後はドーンと捨てるしかなかった。

その量は、トータルでトラック一台ほどあったのではないか。
旧宅から新宅に持っていった荷物がトラック二台分であったので、旧宅の荷物の三分の一はゴミであったことになる。

まさに、ゴミ屋敷である。

しかし、ゴミは新宅に持ち込まれたものもある。

私が独身に別れを告げて結婚した際、引越しするときに詰めたダンボール箱が、その後一度も空けられずに、現在の新居まで持ち込まれてしまった。

中身は本、写真の類である。怪しいものはない。

少しずつ捨てるから、と妻にには言っている。
が、いつのことになるやら


新居も、直ぐにゴミ屋敷となるのは間違いない。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
毎日新聞より
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
雑記帳:百歳女性が一日署長 制服姿に「カワイイ」 福島

喜多方署の一日署長を務めた三留さん=2009年4月15日、太田穣撮影
 春の交通安全運動最終日の15日、福島県西会津町の三留(みとめ)モトさん(100)が県警喜多方署の一日署長を務めた。女性警察官の制服に身を包み、交通安全を訴えた。
 同町の高齢化率は41.4%で高齢者の事故防止は大きな課題。町民の意識を高めてもらおうと、地域の大先輩としてひとはだ脱いだ。制服姿を「カワイイ」とほめられ、「そうですか」とまんざらでもない様子。
 三留さんは、民話や伝承の語り部。人前で話すのも苦にならないとか。訓示で明かした長生きの秘訣(ひけつ)は「事故に遭わないこと」と当意即妙。年の功か、満場納得だった。【太田穣】
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


朝、新聞を開くと(私の場合は朝日)社会面にこの記事が出ていた。
調べると、読売、毎日ともに載っていた。
その中でも、毎日新聞をコピーしてみた。

すご-い。

100歳でのスカート姿。
当意即妙の答え。


ご本人は当然だが、これを企画した喜多方警察署もすごい。
たいしたものだ。

朝からいいニュースだった。

万歳。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
引越ししたのは、3月24日でした。
そう、WBCの決勝戦の日です。


前日の荷造りは、遅々として進まず結局夜12時近くまでかかってしまった。
十分な準備期間はあったが、なかなか進まず。
結局直前になって慌ててやる始末。
疲れた。

当日は、朝8時から引越し開始。

引越し屋さんは4名来たが、その中の一人は若い女性。
女子大生のバイトか?

屈強なお兄さん方が来ることを予想していたのだが、ものの見事にはずれた。

しかし、手馴れたものでトラックで2回往復して、午前中に終了。

そして、私は、段ボール箱を開く前に、テレビをセットし、WBCの決勝戦に一人見入ってしまった。

ということで、片付けもなかなか進まず。
今でも、開封していない段ボール箱が、納戸に積んである状態。



3週間近くたち、新居での生活にもようやく慣れてきた。

前所有者のTさんは、植物好きであった。
建物の引渡しの日に、室内に置かれた観葉植物を貰って欲しそうにしていた。

私も、いくつか観葉植物を室内に置いていた時期もあったが、虫が出た、とかで妻は少しずつ捨ててしまった。

今回も、妻はいらない、とTさんに言ったのだが、私は貰うことにした。

以下の写真は、Tさんが置いていった観葉植物の数々。
大小、あきれるほどにある。

子供たちは、この植物に全て名前をつけて水遣りをして可愛がっている。

こうなっては妻も、虫が出たとしても捨てるわけにはいかないだろう。
ただし、葉を切られてかなり小さくはなっている。


IMG_1682.jpg

IMG_1679.jpg

IMG_1678.jpg

IMG_1677.jpg

IMG_1669.jpg

IMG_1668.jpg

IMG_1667.jpg

IMG_1660.jpg

IMG_1684.jpg


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
yukiさんのお父さん、エンピロさんのお母さんが相次いで亡くなられましたことに、こころからお悔やみ申し上げます。


私も、昨年の二月に母を癌で失いました。
幾つになっても親は親で、離れて暮らしていましたが、ショックは大きいものがありました。

喪主でもあり、同居されていたyukiさん、エンピロさんにとっては、さらに大きなショックがあったものと思いますが、なんともいい様がありません。

yukiさんは、ネットでしか存じあげませんが、お父さんのことを先日記事にされていたので、何か親近感も覚えていたところです。

エンピロさんのお母さんには、大変お世話になりました。

心からご冥福をお祈りいたします。




なお、コメントにアダルトサイトの広告が多数来るようになりましたので、コメント欄はしばらく閉鎖します。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ