プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:ローカルニュース
JR東海は9月18日、リニア中央新幹線について、詳細な走行ルートと中間駅の所在地を発表した。

神奈川県内の駅は、当初予定通りの横浜線の橋本駅であった。

そして、橋本駅から山間部に入った山梨県境の「鳥屋」には、車両基地が作られるという。



このリニア中央新幹線については、賛成も異論もあり、いろいろ議論のネタになっている。

しかし、今回は、それには触れない。


リニア中央新幹線の車両基地ができるのは「鳥屋」だが、これは「とりや」とは読まず「とや」と読む。


この地域は、現在は相模原市緑区であるが、合併前は「津久井郡津久井町」である。

津久井郡はこの他、城山町、相模湖町、藤野町があった。



以前から気になっていたのだが、この津久井郡にはどういう訳か、地名の読み方に「ひねり」があるものが多い。

難読というほどでもないが、なんで? というのがある。



「鳥屋」もなぜか、「り」が抜けて「とや」である。


以下知っている範囲で思いつくままに上げると、

三ヶ木 ⇒ みかげ
寸沢嵐 ⇒ すわらし
千木良 ⇒ ちぎら
平代山 ⇒ へいたいさん
三 井 ⇒ みい
鮑 子 ⇒ あびこ
日 連 ⇒ ひづれ
牧 野 ⇒ まぎの
吉 原 ⇒ きっぱら
馬 本 ⇒ まもと

三井は、三井寺みいでらが有名だしそう珍しくはないが、つい「みつい」と言いたくなる。

牧野は、「まぎの」よりは、ふつうに濁音のない「まきの」の方がいい易い。



ある時、物知りを自認しているこの近辺出身の人にその理由を訊ねてみた。

「あの辺の人は、面倒くさがりやなんだよ。

寸沢嵐(すわらし)なんか、本当は「すんざわあらし」なんだろうけど、主要な部分を残して省略した。

吉原(きっぱら)、馬本(まもと)なんかもそれだと思う。

三ヶ木(みかげ)は、なんでもでかい三本の木があったという話だが、それ以上は知らない。

後はよくわからない。」

との回答であり、さっぱりわからなかった。



ネットでも調べてみたがよくわからない。


知っている方がおられたら、ぜひ教えてください。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ローカルニュース
相模原市が来春 政令指定都市になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年10月24日  朝日コム
  相模原市の10年4月の政令指定都市移行が23日、正式に決まった。
全国で19番目、県内では横浜、川崎市に次ぐ3番目で、戦後生まれの市として初の指定市となる。市は条例案整備や、3区役所の開設などの準備を急ぐが、移行後、県からの移譲事務の処理や財政運営など、課題を抱えてのスタートになる。

  閣議決定を受け加山俊夫市長は記者会見で、「主体的、自立的な行政運営を進め、都市の総合力の向上、魅力を高めることにより、選ばれる都市づくりを進めていく」と抱負を述べた。
 岸浪孝志議長は「これまで以上に市民の負託にしっかり応える議会にしていく」。
 市政令指定都市推進市民協議会の河本洋次会長は「他の指定市に比べ歴史が浅く文化もない市だが、逆にいえば他市より発展の可能性がある」と語った。

  ■ 相模原市のあゆみ
  1941年4月 相模原町誕生(人口約4万人)
   54年11月 市制施行(人口約8万人)
    87年8月 人口50万人到達
  2003年4月 中核市へ移行
    06年3月 津久井町、相模湖町と合併
    07年3月 城山町、藤野町と合併、人口70万人突破
       7月 県市政令指定都市移行連絡会議を設置
  08年1~2月 政令指定都市移行の第1回市民説明会
   08年12月 市議会が政令指定都市実現の意見書を採択
    09年3月 県議会が政令指定都市指定の意見書を採択
      10月 政令指定都市移行を閣議決定
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相模原市については、
市の中心部ってどこにあるの
とか
市民病院も市立高校も市営水道もないんだよ
とか
旧津久井郡の地域はどうみても村、あそこでも区になるの
とか
いろいろと揶揄されている。


こういっては悪いが、他の大都市と比べれば、やっぱりレベルは低いかなと思う。


談話にもあるとおり、「他の指定市に比べ歴史が浅く文化もない市だが、逆にいえば他市より発展の可能性がある」と前向きに考えざるを得ないだろう。



私が子供頃には、六大都市として覚えたもので、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、北九州であった。
また、これに別格の東京を入れて七大都市とも言ったような気もする。



現在の政令指定都市は、札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、川崎、横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、境、神戸、岡山、広島、北九州、福岡、の18であり、今回の相模原で19である。

雨後のたけのこともいうべきか、政令指定都市になることが目的で、合併しているところもある。


『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、今後も政令指定都市は増えそうで、熊本市、水戸市、宇都宮市、春日部市・草加市付近、柏市・野田市・流山市付近、金沢市、岐阜市、四日市付近、などなど候補は多数あるようである。


そんなに政令指定都市っていいものなのだろうか?
箔付けだけのような気がする。
横浜市民の私が、横浜が政令指定都市だな、と思うのは市役所ではなく区役所に住民票などを取りに行くときだけである。

それ以外にはあまりない。

全国各地の政令指定都市に住む人たちにとっては、政令指定都市になるのは、やっぱりうれしいことなのだろうか?


村や町で何が悪いの、って思うんだけど。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ローカルニュース
***********************************************

330キロ「友好」つなぐリレースタート/横須賀から会津若松へ

2009年10月2日 カナロコ


 横須賀市民を中心にしたマラソン愛好者たちによる「横須賀~会津若松友好タスキリレー」のメンバーが2日朝、横須賀市役所をスタートした。
4日まで3日間かけ、同市と友好都市提携している福島県会津若松市を目指して約330キロをタスキでつなぐ。
雨にも負けず、メンバーたちは関係者に見送られて元気いっぱいに出発した。

 タスキリレーは実行委員会(団長・青木哲正市議)方式で主催し、マラソン愛好会の「横須賀しらとりランナーズ」(石井利治会長)が主管、横須賀市など後援。愛好会のメンバーを中心にした小学生から70代までの41人が仲間の伴走を受けながら、133区間をつないでいく。

 市役所玄関で行われた出発セレモニーでは、特製Tシャツを着た吉田雄人市長が「先日会津若松市に行ったが、あちらの市長もこのイベントを本当に楽しみにしていた」とあいさつ。

午前9時にトップランナーとして雨に打たれながら約100メートルを走り、自筆のタスキを青木団長につないだ。

 通過地点には記念として野比地区の住民らで構成する「水仙の会」が用意した水仙の球根を植えていく。ゴール当日の4日は現地で鶴ケ城健康マラソン大会が開催され、交流を深める。タスキリレー参加者のうち27人は同大会にも出場する予定。

**********************************************


私は横浜市民だが、距離的に近いこともあり、横須賀には結構行く機会が多い。

例えば、映画である。
横浜駅近辺やみなとみらい地区は混むので、つい横須賀の汐入に行ってしまう。



横須賀市と会津若松市が友好都市提携をしているとは知らなかった。

横須賀の芦名が、会津を支配していた芦名氏の発祥の地であったことや、幕末に会津藩士が防衛のために来ていたこと、三浦半島地域が会津藩領とされたことなど、多少の知識はあった。

最近ネタ不足につき、これから、少しずつ横須賀市内の会津関連地を訪ねて、ブログ記事とすることにした。



なお、横須賀市長のブログには、会津に訪問した様子が記事にされている。
結構興味深い。

横須賀市長のブログ


余談だが、吉田横須賀市長は、今年の六月に、自民・公明・民主の相乗りの現職候補に、33歳の若さで勝った人である。
小泉元首相の神通力も消えた、と報道され話題となった。


会津では結構楽しげだが、下の新聞記事を見ると、市役所に行けばこんな状態では、あんまり楽しくはなかろう。
つかの間の息抜きか。

*******************************************************
横須賀市:副市長人事「反省込め」先送り 吉田市長「オール野党」の壁 /神奈川


 横須賀市の吉田雄人市長は24日の定例会見で、開会中の9月市議会に提案予定だった副市長人事について、12月議会に先送りする方針を明らかにした。人事案の一部報道を巡って市議会側が反発したことから「反省の気持ちを示すために9月議会では人事案を提案しないことにした」と説明した。相乗り現職を破って初当選した若手市長がデビュー戦の市議会で「オール野党」の壁に阻まれた形だ。

 先送りにより通常2人の副市長が空席という異例の事態になる。
 7月に1人が辞職、残る1人も10月4日に任期満了となるためだ。

 吉田市長は市職員OB2人を起用する方針で、一部報道では人選の理由にも言及した。議会側は「人事案が漏れてしまうのは仕方ないが、中身について市長がコメントをしたら『そのまま認めろ』と言っているに等しい」などと反発。

吉田市長は陳謝したが市議会側の反発は収まらず、同意が得られないと判断し、提案自体を取りやめたとみられる。

 吉田市長は会見では「私の手続き的ミス。否決されそうだから提案しないわけではない」と釈明。
12月議会に提案する人事案については言及を避けた。【吉田勝】

毎日新聞 2009年9月25日 地方版
*******************************************************


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ローカルニュース
長いこと神奈川県に住んでおり、好むと好まざるとに関わらず、これからもここで生活しなければならないのだが、やっぱり隣の芝生は青く見えるときがある。

また、都道府県も47もあれば、いろいろと他の地域と比べてみたくなるのが人情と言うもの。

そこで、こんなのを見つけたので、神奈川県が全国一位のものと最下位のものをご紹介します。

出展はここです。
ランキングかながわ(統計指標でみる神奈川)

○全国一位
人口性比(女性に対する男性の割合)  102.0
県外通勤・通学者数             114万3千人
学術・開発研究機関の従業者数      44,715人
月間所定外実労働時間(女性)       11時間
旅行・行楽に行った人の割合        82.1%
パソコン(1000世帯当たり所有数)     1,203台
パソコンの普及率               77.4%
公立小中学校耐震化率           90.4%


住んでいる人は男が多く、通勤先は東京。研究職の人が多く、女性も残業が多い。
旅行も好きだがパソコンも好き。
地震地帯だけに、学校の耐震化には力を入れている。
ということか。


○全国最下位
睡眠時間                    452分
小学校数(6~11歳人口10万人当たり)  185.2校
中学校数(12~14歳人口10万人当たり) 206.8校
一般病院数(人口10万人当たり)      4.0施設
一般病院病床数(人口10万人当たり)   720.5床
看護師・准看護師数(人口10万人当たり) 603.7人


人口が多いだけに、人口当たりの学校数や病院数・床数、看護師は少ない。
おまけに、通勤時間と残業が長いせいか、睡眠時間が短い。
ということか。


よくも悪くもこれが神奈川県です。



テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ローカルニュース
大分県教育委員会では教員採用試験の不正が話題になったが、神奈川県の教育委員会でも不正入試が発覚した。

でも、こっちはホノボノネタ、という感じがするのだが、、、。


以下、産経新聞ニュースより

-----------------------------------------------------

入試は合格…独自の服装チェックで不合格 神奈川県立神田高校2008.10.28 22:01

 神奈川県教育委員会は28日、平塚市の県立神田高校(生徒数347人、渕野辰雄校長)の入学試験で、合格ラインを上回っていながら、入学願書受け付け時や試験日などの服装や態度などについて「入学後の指導が困難」と判断された受験者が不合格とされていた、と発表した。
内部告発で明らかになった。
県教委は「不適正だった」としており、県立校全校で過去3年間に同様のケースがなかったかも調査する。

 不合格とされたのは平成17、18、20年度の受験でそれぞれ6人、6人、10人の計22人。県教委の選考基準では、中学校の調査書や学力検査の結果、面接結果を点数化して組み合わせるなどして上位者を選ぶ。
しかし、同校は独自に「胸ボタン外し」「髪染め」「つめが長い」「スカートが短い」「ズボン引きずり」などの点を独自にチェック、選考の判断」としていた。

 同校では入学願書受け付け時や試験日に職員が受検者の「著しく目立つ点」に気付いた際、番号と中学校名、内容を記録。その際、受験生に告げないよう指示されていた。その上で校長らが不合格にするかどうかを決定していた。

「先生方の生徒指導の負担を軽減したかった。まじめな子をとりたかった」。神奈川県立神田高校の渕野辰雄校長はこう釈明する。

 県教委によると、神田高校は年間100人の退学者を出し、補導なども多いなどいわゆる「課題校」。平成16年度までは定員割れで、県教委の山本正人教育長も「いい学校をつくりたいとの思いからやったようだ」と説明した。


 神田高では入試で「髪を染めた跡がある」などの点を独自にチェックしていたが、教育評論家の尾木直樹氏は「地毛と染めをどう区別するのかなど、基準が明確じゃない。入試では点数が優先されるべきで人間性を判断したいなら面接で行うべきだ」と同校に批判的だ。

 一方、教育問題に詳しいジャーナリストの細川珠生氏は「学校側は学力より態度を重視したに過ぎず、学校の気持ちはわかる。そもそも志望校に行くのに身だしなみを整えるのは当然だ」とする。
 来年度には再編統合も控え、新校の将来の意気込みもチェックの背景にあったという。

渕野校長は「大変申し訳なく思っている」と謝罪している。
-----------------------------------------------------------
 
♪~ボロは着てても心は錦、、という歌があったが、一方、人は見た目が10割、というようなタイトルの本もあった。

流行もあり、服装やスタイルのある程度の自由は認めるものの、すべからくリスクはあり、そのリスクは自分で負わなきゃいけない。そのぐらいの自覚はすべきであると思う。


この校長先生は、更迭されてしまった。
県教委にはこの件メールや電話が、千件以上入っているというが、9割は校長先生を擁護するものだという。が、中には「そういう駄目な生徒を、ちゃんとした人にするのが教育者の役目」という批判もあるという。

正論だが、それができれば、とっくにやってるって。
というのは、この学校は、クラスの人数が、卒業時には入学時の半分になってしまうらしい。
欧米か、というギャグがあったが、これでは先生も大変だろうし、まじめな生徒もやってられないだろう。


このニュースをホノボノネタ、と思ってしまう私も自覚がなさすぎなのかもしれない。

テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ