FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:変なもの
住宅街を歩いていると、頭上にもじゃもじゃした変なものがあった。

もじゃもじゃが空に浮かんでいるようで面白い。
2021-2-7-7.jpg

よく見ると電線に沿ってツルが伸びている。
2021-2-7-8.jpg

住宅の方からツルが伸びてきたのだろうけど、なぜ中心部のここにとどまって丸まったのか。

カラスの巣は粗雑なつくりなので、カラスの巣と考えるべきか。




ちょっと危険な感じもする。

電線といっても、東電とは限らずNTTや他にもあり、一概には危険とも言えないけれども。

うちの近所でもないしと、つい写真だけ撮っておしまいにした。


スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
いつも歩くコースを一本道を変えると不思議なものがあった。

最初はカラスよけかとも思ったたが、そうでもなさそうである。

ペットボトルを利用した芸術というかおもちゃというか。

何だかよくわからないけど、よく見るとなかなか面白い。
2020-1-19-1.jpg

2020-1-19-2.jpg

2020-1-19-3.jpg

2020-1-19-4.jpg

2020-1-19-5.jpg

2020-1-19-6.jpg

2020-1-19-7.jpg

2020-1-19-8.jpg

どんな人がどんな意図でこれを作り飾っているのかわからない。

ちょっと不思議な魅力もある。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
時々ウォーキングの際に通るお宅の窓には、常に書が外から見えるように貼ってある。

家の前を通る人に、書を見せたいということであろうか。

3、4ケ月毎ぐらいに貼ってある書を替えているような気がするが、定かではない。




書の内容を見ても子供の書とは見えず、書道家なのであろうか。

書いてある文字そのものは難しい字ではないが、内容は難解である。

「造像記」とは、仏像を作る際の発願文を石窟に刻したもの、だという。
2019-8-18-1_20190818133135589.jpg

「黄庭経」とは、中国,東晋(317‐420)時代の道教経典、だという。
2019-8-19-2_20190818133136322.jpg

何か何だかよくわからないままであるが、ウォーキングの際の定点観測地として、自分の中にインプットしておくこととする。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
横浜伊勢佐木町付近、正確に言えば羽衣町になるが、繁華街のそば近くに厳島神社がある。

s_2018-8-26-1.jpg

この厳島神社に、通勤の途中に時々立ち寄り参拝している。

そしてこの神社の奥まった所に、稲荷神社がある。

このお稲荷様の左右に鎮座しているきつねの表情がなんとも可笑しい。

何度見ても、つい笑ってしまう。

s_2018-8-26-2.jpg

s_2018-8-26-3.jpg

稲荷神社のきつねは、結構厳しい表情したものが多いように思うが、ここのは愛嬌があるというか、とぼけた表情がいい。

霊験あらたか、という感じはないし、森閑とした神社でもない。

しかし、このきつねが見たくて参拝している。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:変なもの
いよいよ忘年会のシーズンに入る。

飲み過ぎてはいけない、と常に心に誓っているが、ひとたび飲み始めると止まらなくなる。

アル中の症状かも。

ある時飲んだ、杉田の居酒屋のトイレに貼ってあった紙でもみて、自戒、自戒。
2017-11-19-3.jpg

酒は心で造るもの

酒は心を伝(かた)るもの

酒は心で呑(や)るもの

嬉しい時には友に喜び

悲しい時には友に哀(な)き

私はそんな酒に生(な)りたい

         六代目百合




なかなかの出来。




その店で飲んだのが「馬鹿野郎」。

こちらは、安い焼酎。
2017-11-19-4.jpg

六代目百合とは、この店のおかみさん??


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ