プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:ランキング
4年に一度のオリンピック。
全ての競技を見たわけではないが、私が見た範囲で記憶に残ったものをランキングしてみた。


第一位 ボルトV3
オリンピックで何を見たいかと言われれば、やっぱり男子100m。
そして、どの種目でもオリンピックの決勝に残るぐらいの人なら実力的には紙一重、勝ち負けは運・不運、ということが多いが、ボルトだけは別格。
すごいの一言、まさにスーパーマン。


第二位 男子400mリレーで 銀
ボルトがいなければ、金もあり得た。
一人一人の力は大したものではなくとも、四人が集まると・・・・というストーリーとバトンのアンダーパスに注目が集まったが、走力も十分にあった。
選手個人のそれぞれ100mでの伸びしろもまだまだあるように思える。


第三位 吉田沙保里V4ならず
決勝戦の前の表情は固く青白く見えたので、やばいかな、とは思った。
いつかこういう日が来るとは本人はもとより誰もが思っていたのではないだろうか。
その日がとうとう来た。

負けた後のインタビューでは、「取り返しのつかないことをした」などとあまりにも気の毒な発言をしていたが、誰も彼女を責める人はいないだろう。
今後は、指導者の道を歩むのかタレントへの転身か、結婚・出産という道も王道ではある。

でも、もう一度東京オリンピックに出てくれないかなあ。
金は取れなくとも、ボロボロになっても続けるというのもよい姿だと思う。


第四位 伊調馨V4
立派。もはや国民栄誉賞しかない。
たぶん、彼女はこれで引退かな。



第五位 福原愛の握手拒否
卓球女子三人のチームには、「女子高の部活」的な匂いがするが、その中でも特に愛ちゃんに感じる。
準決勝での敗戦直後に、相手選手が握手を求めて来たにも拘わらず、それを無視するというのはいただけない。
そのゆとりのなさが、試合にも表れており、勝てる試合を落としてしまった。

でも、銅をとった後の涙涙のインタビューには、ついこちらもホロリとしてしまった。



第五位 開会式の行進
日本選手団の行進の先頭に、山下だとか、橋本聖子だとかの役員が歩いていた。
それはないだろうと思った。
やはり選手が行進の先頭・中心になるべきである。
選手を4~5人しか派遣していない国なら役員コーチがいても良いと思うが、日本のような大選手団を派遣している国で、何の必要があるのか。
最低でも、最後尾で行進すべきであり、JOCの体質が表れているようで、不愉快であった。


第六位 女子5000m予選での転倒
ニュージーランドの選手が転倒し、巻き込まれて転倒したアメリカの選手が手を貸し、助け合い励ましあってゴール、という何ともオリンピック精神の発露ともいえる光景があった。
私もLIVEで見ていた。

しかし、だからといって、特例で二人の決勝戦進出を認めるというのはどうなのだろうか。
それとこれは別ではないかと思うのだか。


第七位 女子5000m予選での増田さんの解説
実況アナ「陸上5000m予選 上原美幸選手現在1位ですが2位集団に吸収されました!」
増田明美さん「上原さんはキーホルダーを集めるのが趣味で一番好きなのは焼き鳥のねぎまだという事でなぜかというとネバーギブアップ、ねぎーまっぷということらし」
実況アナ「待ってください!今再び1位に!」

以上はネットからコピーしてきたものだが、私もこれをテレビで聞いていて笑ってしまった。
増田さんの解説は、あまりにも細かいエピソードが豊富なのが特徴だが、今それを言うところか、というところでも話すし、毎回のことながら面白すぎる。



スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ランキング
テレビはどのチャンネルもつまらないので、つい世界陸上を見てしまう。

日本人選手の惨敗はさておき、その感想のランキングでも・・・。

第一位 TBS
TBSの世界陸上における立場は、どのようなものなのかはよく知らないが、ボルトのキャラクターをテレビ画面にうるさいほど使っている。

そして、インタビューする権利も持っているようで、ボルトにも日本人がインタビューをしていた。

マラソンなどは、優勝争いを写さず、日本人選手ばかり写っているし。

一体どのぐらい金を払っているのだろうか。

つい気になった。



第二位 黒人選手
もはや陸上は、短距離長距離とも黒人選手でないとメダルは期待できないのかもしれない。

黄色系や白人系はどうしてダメなんだろうか。

人種的、遺伝的な要素が優劣の最大の要因となると、そのうち陸上以外の競技においても黒人選手しか勝てない時代が来てしまう。

ハングリーな方が勝つとか、優れた戦略を構築した方が勝つとか、たくさん練習をした方が勝つとか、そういうのが無いと、見ている方としては面白くない。


第三位 わき毛
昔のオリンピックなどでは女子選手でも、わき毛が生えている選手は結構いたような記憶がある。

が、最近では男子選手にもわき毛が無い人が多く、今回の世界陸上ではその傾向が顕著であったと思う。

これは、競技のじゃまになるという理由で抜いている訳ではないだろう。

ということは、これからは一般の男性でも髭だけでなく、わき毛もそる時代になるものと思われる。

時代の流行には逆らえな。

が、面倒な話である。



第四位 織田裕二
えっまた織田裕二なの? という感はあった.。

偉大なマンネリというやつで、まあ、これはこれでいいのかもしれない。

特にサッカーの試合にありがちな、お笑い芸人が出て来て、しょうもないことをしゃべるよりはずうっといい。

だけど、やっぱりマンネリだなあ。



第五位 不安
次のオリンピックはリオ、その次は東京。

どっちも暑い。

今回の北京は暑かったとのことだが、今年の8月上旬の日本の気温と湿度だって負けてはいないし、年々の温暖化を考えればもっと暑くなる可能性もある。

日本人選手は大丈夫なのだろうか、メダルは取れるのだろうかと不安に思うし、そして観客も大丈夫なのだろうかと思う。

せっかくの東京オリンピックなので、見に行ってみたい気はするけど、その頃は老齢にもなり体力は持つだろうか。













| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ランキング
昨日は立秋。

心なしか多少は涼しくなったような気がするが、それでもまだまだ暑い。

今年の暑さはなかなか記憶に残る暑さで、この暑さに比例して電車の中、職場の中でも例年にない汗臭さ。





2~3日前のことだが、閉まりかけのドアをこじ開け、強引に電車に乗ってきた若い女性が、車両に乗り込むなり思わず「クサッ」と大声を発したのには、笑ってしまった。

それほど、その電車の中は臭かった。

駆け込み乗車はするな、と繰り返し放送されているにもかかわらず無理矢理乗った天罰か。




当然ながら、汗臭さの原因の中に私も入っていることは承知している。

が、こういう場合、自分のことは棚に上げとかないと、話は先に進まない。




ということで、バカバカしいながら最近通勤途上や職場で感じた、汗臭さのベスト5を発表。





第一位 駅前でたむろするホームレス
10m先からも臭うあの異臭はたまらない。ダントツ一位。

ただ、汗臭さとは別物だろう、という反論は想定されるが入れておく。

垢にまみれた姿は気の毒でもあるが、今の日本は福祉制度も充実しているし、景気も上向き仕事も探せばあるだろうし、その気になればいくらでもホームレスから脱出できるのではないかと思うのだが・・・・。





第二位 センスおじさん

これは一度ブログに書いたことがあるが、センスでパタパタやる汗臭いおじさんの風下には絶対座ってはいけない。

汗臭さの直撃弾を受けることになる。

ことに狭い会議室の中だとか、電車の中だとかは最悪である。

電車の中は席を移れるのでまだしも、会議・打ち合わせなどでは勝手に席を動けず、辛抱、辛抱、辛抱で、気持ちがそっちへ行ってしまい何の話だかすっかり分からなくなってしまう。






第三位 部活がえりの中高生

夏休みであり、高校野球をはじめ各種スポーツ大会があちらこちらで開催されている。

真っ黒に日焼けしたその姿は青春そのもので、眩しいぐらいである。

しかし、電車の中にいる彼らは、一人や二人ではなく必ず大量に密集している。

それも大きな荷物を持って。

じゃまだし、うるさいし、汗臭いし、ということで、彼らを見かけたら別の車両に移るしかない。






第四位 ニッカボッカのお兄さん

これはもう「暑い中、お仕事ご苦労様」と言うしかない。

面白いのは、必ず頭にタオルを巻き、荷物はリュックというのが、皆同じである。






第五位 スーツ&ネクタイの人達

クールビズのこのご時世に、どうして今でもスーツにネクタイなんだろうか。

仕事をしているビルは、よほどクーラーが効いているのだろうが、外はこの暑さである。

上着はビッショリと汗が染み出ており、顔も真っ赤。

まさに、我慢大会の様相である。

こういう人たちに「暑い中、お仕事ご苦労様」と言う気にはなれない。




テレビでニュースを読んだりしている人達もきっちりとしたスーツ&ネクタイの人が大半である。

テレビだからといって、もう少し涼しげな服装でもよかろうと思うのだが、クーラーガンガンで寒いぐらいなんだろうから、汗臭さと無縁の世界なんだろう。

おまけに視聴者からクレームが来るから、ネクタイとスーツは止められないのかもしれない。


もう少し楽な格好して、エアコンの温度を上げた方が地球のためにも健康のためにもいいんじゃないの、そのためには、服装ぐらいで苦情を言うのは止めましょうよ、皆さん、と思ってしまう。



以上、汗臭いランキングでした。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ランキング
まだソチ冬季オリンピックは終わっていないが、もう終わってしまったような気がする。

その理由は、女子フィギュアスケートが終了したこと。


過去の冬季オリンピックで何が記憶に残っているかといえば、札幌オリンピックでは日の丸飛行隊。

長野オリンピックでは、原田の号泣インタビュー。

さて、今回のソチで、20年後30年後まで記憶に残るのは・・・・。

全部の競技を見たわけではないけど、記憶に残る印象度を勝手にランキング。


第1位 新境地の浅田真央
ネットでは、日韓代理戦争とも言われていた金妍児との戦い。(驚いたことに、「きむよな」と入力すると「金妍児」と変換された、これはすごい!!)

さすがに、マスコミではそのような観点からの記事は見かけなかった。

どちらかといえば、「自分の妹」、「親戚の子」的な視点での扱いが多かったように思える。

「もう頑張らなくともよい」、「オリンピックを楽しんできて」、「メダルの色は何色でもいい」、「敵は自分」・・・。

「自分の妹」、「親戚の子」的な視点での扱いというのは、女子選手には時々見かけられるが、その最たるものが浅田真央ではないか。

この前提には、懸命な努力、頑張り、でも金妍児には勝てそうもない、というのがあったのかもしれない。



それにしても、ショートプログラムでは、ガチガチで顔は強張っていた。

リンクに入り滑り出す前から、どうみてもこれはダメだ、と思えた。

失敗も大失敗、取り返しのつかない大失敗。

試合後の表情を見ているとフリーは欠場するのではないか、とも思えるぐらいであった。


しかし、フリーでの演技は、人生には取り返しのつかない失敗はなどない、という格言を実践して見せた。

この場合メダルの有無は問題ではない。

素晴らしい、の一言である。

フリーの演技終了後の涙には、こちらもウルッとしてしまった。


今朝、浅田真央はテレビのインタビューで笑顔を見せていた。

前回のオリンピックで金妍児に負けて以来、どことなく「せつなさ」が漂っていたが、今回別の何かが生まれた感がある。

何か新たなる境地に入ったかのように。



今後は競技を継続するかどうかわからない、と言っていたが、私としては是非とも続けて欲しい。

葛西、上村のように体力の続く限り徹底的に。

ということで、ソチの記憶は浅田真央で決定。


第2位 日の丸飛行隊の浪花節
男子団体スキージャンプでの葛西のインタビューは、長野での原田のインタビューに匹敵するものがあった。

病気に、怪我に、不振に、でもみんなで力を合わせて・・・・・。

「友情、努力、勝利」という少年ジャンプのテーマにピッタリ。

「メダルを取らしてやりたかった」という葛西の発言は、浪花節的でもある。

でもこういうのに弱いんだよなー。

ということで第2位に。


第3位 異様なソチのクロカンコース
スキーのクロカンなんて、まずオリンピック以外で見ることは無く、よく知りはしない。

でも、複合で見たあのコースは、なにか異様な感じがした。

というのも、周りの山にも全く雪が無く、コースにのみ雪がのっていて、まるで雪の高速道路のよう。

クロスカントリーというのは、起伏のある自然のままの原野を走るのだと思っていたが、まるっきり違っていた。

スキーのジャンプ台もなんかプラスチックなんだか雪なんだかよくわからなかった。

あんなのでよければ、東京でだって冬季オリンピックができるのではないか。

やっぱり冬季オリンピック雪の中でやらないと、ムードが盛り上がらない。


第4位 感泣する荻原次晴
渡部暁斗がノルディック複合で銀メダルを獲得したが、これをテレビ東京で放映していた。

その解説をしていたのが、荻原次晴。

銀メダルを獲得したその時、まあ何と泣くこと泣くこと。

失礼ながらこちらは大爆笑。



第5位 レジェンド葛西紀明
41歳での銀。

円熟というか、これまでの経験が生きたというか、大したものである。

もはや何も言うことなし。

次回のオリンピックにも是非とも期待したい。


第6位 メダルをとらせたかった上村愛子
浅田真央にも、高梨沙羅にもメダルは上げたかったけど、私としてメダルをあげたいナンバーワンは上村愛子であった。

メダルはとれなかったけど、またしても四位であったけど、それでも素晴らしいすがすがしい笑顔であった。

やり残したことは無い、やりきったという美しさがあった。


第7位 強運の羽生結弦
失敗はあった。完全ではなかった。

でも金メダル。やっぱり「持っている人」なのだろう。

次は連覇の期待がかかるが、大丈夫だろう。


第8位 カーリング美人№1国
一緒にテレビを見ていて、妻は「カーリングは面白くない」と言う。

その理由は、盛り上がりに欠けるし時間がかかる、そして動きがない、という点であるらしい。

確かに「これはスポーツなのか」という疑問がどうしても付いて回るが、私は結構面白く見た。

競技の勝ち負けもあるが、どの国の選手が美人か、というしょうもない興味もてんこ盛りに。

で、私好みの美人№1国はロシアに決定。


第9位 なんとも美しい竹内智香
スノボ・回転の竹内智香は、既にオリンピック三回の出場だそうだが、全く顔も名前も知らなかった。

パラレル大回転での決勝戦は、惜しかった。

もう少しで金。そしてなんと美しい人なんだろう。

美人はいいなあ。(またかよ)


第10位 高梨沙羅の失速
金メダルの本命中の大本命。

しかし失速。かつての原田の失敗を思い起こさせるものがあった。

彼女は17歳。これから何度もオリンピックに出場できる。

20代だけでも三回も可能である。

悲観する要素は何もない。







まだ競技はあるようだけど、この10を覆すほどのものは今後出ないと勝手に思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ランキング
だいぶ遅いですが、新年おめでとうございます。

そして、もっと遅い話ですが、紅白の感想でも。

目だってナンボのテレビの世界、その中でも最も目立たなくてはならない掉尾の祭典。

その印象度というか、目だち度というか、インパクト度というか、そんな観点から勝手にランキングしてみた。


第一位 綾瀬はるか

ハラハラドキドキとてもあぶなっかしい司会。
そして、歌が始まる前の自分が取材したVTRで泣き出してしまうし、歌もうまくはない。
でも、「八重の桜」を通して東北への、被災地への思いが溢れてきたものと思う。
あれはあれでよかった。
時間超過で鉄拳の出番がなくなってしまったのは、鉄拳に気の毒だったが、私的には、今回の紅白のMVP。


第二位 あまちゃん

実は昨年「じぇじぇじぇ」があれほど話題になったのに、ドラマを一度も見たことが無かった。
それが年末に総集編をやっていたので、初めて見た。
ビデオにも撮って二日間かけて全部見た。
その続き、完結編を紅白で見た、という感じであったし、あれだけ時間が長ければ印象にも残るというもの。

ゆいちゃんが上京、そして一緒にステージに立つ、さらには春子が「替え玉ではなく天野春子として歌う」という、叶わなかった夢が紅白で実現した…。
小泉今日子と薬師丸ひろ子が出てきて歌を歌うという予感はあったが、さすがにうまい構成。
やっぱりインパクト大。
あまちゃんが多少たどたどしい面があったが、脇役がみんな手堅く安心感もあった。


第三位 美輪明宏

この人の歌には何か不思議な力がある。
前回よりもインパクトは小さかったが、今回もなかなかのもの。
つい引き込まれてしまった。


第四位 ふなっしー

くまもんは倒すし、煩いしどうみてもやり過ぎ。
回りがみんな困っていた様子に笑った。
でもまあ、目だってナンボだし、こうやって売り出しきたことだし、ひんしゅくかっても失うものは何もないかな。


第五位 北島三郎

声が上ずり歌が不安定だったのは、「引退」のせいではなく竜の上がよっぽど怖かったからではないか。
だから下に降りてからは、いつも通りだったような気がした。
まあ紅白引退ということで、第五位に。


第六位 クリス・ハート

ひょっとして、出場者中最も歌がうまいのではないか。
今回もよかった。
松田聖子とセットでなくともよかった。
松田聖子は松田聖子で別にして欲しかった。


第七位 森 進一

顔が変。
前回もそうだったのか記憶がないが、どうしてこんな顔になってしまったのか・・・。
ただそれだけ。


第八位 進撃の巨人

ハッキリ言って何故紅白でやるのかわからない。
アニオタも取り込もうという魂胆だったのだろうが、うーーんという感じ。
でもまあ印象には残った。


第九位 泉谷しげる

「手拍子なんかしてんじゃねえよ」とか言っていたけど、イマイチあっという驚きもインパクトもなし。
泉谷しげるだったらやるだろうな、という想定の範囲内で面白くない。
なんか空回りという感じ。
「ここまでやるか」という破壊力、意外性ではだんぜん「ふなっしー」の方が上。


第十位 AKB48

大島優子の卒業宣言はサプライズのようだったが、どう考えても時間の問題であり、私にとってはサプライズではない。
そしてメンバーは知らなくともNHKは知っていたんではなかろうか、とつい勘ぐってしまう。
まあ、記憶には残った。



以上ネタ不足で下らないこと書きました。

今年もよろしくお願いいたします。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ