プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:白内障手術
〇視力回復

手術直後から目は見えたがどうにも馴染めず、病院を出て駅に着いた頃ようやく冷静に周りを見られるようになった。

そして、九日経った現在では大分慣れてきた。



・右目と左目で色が異なる。全体的に青白く見える。

医師によると「本来の色」の見え方が左、また「いずれ脳が調整する」とのことで、現在では大分青白さが減少してきて、右で見たのと遜色がなくなってきたが、まだ若干差が残っている。



・クリアに見える。

乱視矯正の関係からか極めてコントラストがくっきりとしクリアに見える。

そして、何よりも明るい。

ただし、像が若干歪む感じがする。



・視力1.0

手術翌日の検診では視力1.5であったが、聞いてもらえなかっただけで実はもっと下も見えていた。

これには驚いたが、医師によると「しばらくすると落ち着く」とのことであり、その後の検診ではヤマカンでようやく1.0。

今ではもう少し落ちてきているようで、コンタクトの右目とだいたい同じぐらいであった。



・老眼は直らない

承知はしていたが老眼には効果はなく、本や新聞は読みづらい。

老眼鏡を使わなければ、結局は以前のように右目に頼るようである。



・焦点があうのに時間がかかる

右目と左目がバラバラでうまくマッチしないし、焦点があうまで時間がかかる。

その原因は、距離感が右と左で異なることが要因か。

遠くを見ている場合あまり問題がないが、中間距離の場合これが顕著。

ただし、単焦点ということもあり、左目は中間距離が一番よく見える。



・目の違和感

違和感の一つは、手術跡の傷が疼くことであるがこれは日に日によくなっており、今ではあまりない。

また、息子がテレビでレースのゲームをよくやっているが、画面の動きに合わせて目を動かすことができないし、画面を見ること自体がつらい。これも慣れの問題かもしれない。

違和感の最大のものは、目の中に異物がある感じなのだが、目の外のコンタクトレンズとどっちが異物感が強いのか、と聞かればどっちもどっち、という答えになる。



・飛蚊症が悪化


もともと飛蚊症はあったが、術後いっそう酷くなったような気がする。

医師によると、「原因は『老化』で誰にでもある。目に異常はないので大丈夫。」とのことではある。





〇総括

多少の違和感はあり完ぺきではないものの、素晴らしい医療技術だと思う。

左目はコンタクトレンズも不要になり、朝、目を覚ますといきなりクリアな視界が広がる。

視力の悪さは先天的なものかと思っており、メガネやコンタクトレンズに頼ってきたこれまでの人生の中で、初めてのできごとである。



しかし、右目の白内障手術の続編は書きたくない。

「左が白内障になったのだからいずれは右もなる」と医師から言われているが、相変わらずコンタクトレンズを使いながら、できるだけ右目を大事に使い続け、持たせたい。

と言いながら、パソコンやっているし。

こんなブログも止めるか、とも考えるが、とりあえずボケ防止に続けるかな。



長々と続けた白内障手術はこれにて完結。



皆様よいお年をお迎えください。
そして来年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:白内障手術
〇手術

手術の一時間前には集合。

この日も妻に付き添ってもらった。


私の順番が一番先のようで待合室には誰もいなかったが、三十分ほどすると、順次集合してきた。


まずは血圧検査やら血糖値の検査。並行して瞳孔を開く薬を6回も点眼。

この週の月曜日に定期の健康診断があったのだが、その時も、この日も相変わらず血圧が高かった。

この段階で、「今日は手術できません」と帰された人がいたのには驚いた。

やはり相当の負荷がかかるらしい。



その後、眼内レンズの位置合わせの事前準備のために眼球に印をつける。

医師は「傷をつけるものではなく医療用のスタンプを押すようなもの、それは二週間もすれば消える」とのことである。

これは、乱視用のレンズを入れる人のみのようであった。

ちなみに、乱視には縦乱視と横乱視と二つのタイプがあり、私は前者のタイプである。



いよいよ手術台。

目の消毒と麻酔。

顔に覆いをされたかと思うと、看護師さんが手を握ってくれた。

職場の女性から「手術の時に手を握ってもらえるから若い女性がいいとか注文した方がいいわよ」と聞いていたが、とてもそんな余裕はない。


手術開始。

まぶしい。が、目は閉じることができない。

診察の時もそうだが、ライトを当てられまぶしさに耐えるだけでも結構つらい。

左目の左側が切られるのが見える。


そして、糸くずのような細い小さな管が目の中に入ってくる。

目の中を虫のように上下左右動き回る。

水晶体が徐々に壊れていくのが見える。

細かくなったところで水晶体が吸引される。


これで終わりかと一息つこうかと思ったところ、再度、管が入ってきて目の端の方を隅々まで動き回る。

また吸引。

すべて見えるのだが、いっそ見えない方がよほどよい。


そして、目の上に何か当てられ一瞬暗くなったかと思うと、目を押し付けるような強烈な圧力がかかる。

レンズを入れているらしいが、その圧力に耐えかね、看護師さん手を握りしめた。

決して痛くはないが、相当のストレス。


「ハイ終わりました。立ってください。」との声がしてホットしたが、動くに動けず。

翌日の検診で聞いたのだが、手術の時間は9分間。傷は縫っていないとのこと。


なお、妻はこの手術の模様を全部見ていたというが、逆の立場だったら私は見ない。

また、手術の様子を撮影したDVDを病院からいただいたが、見る気はしないし、この動画をアップしたら面白いかな、とも思うが自分がみたくないものをアップするのもどうか。





手術直後に、目を開けてもよいと言われたのだが、怖くて目も開けられず、片目だけ開いて手術室の外に出た。

外の椅子に座らせられ、看護師さんが「水を飲むか」とか「右目のコンタクトレンズを入れたらどうか」とか言うが、とてもそんな気にならずしばらく休んだ。


その後清算し帰宅。

手術の準備や支払いの待ち時間などすべて入れてもトータルで二時間程度であった。



〇術後のケア

飲み薬は三日間飲んだ。

三種類の目薬はなんと三か月もさす必要があるとのこと。それも最初の一週間は一日四回、その後は三回。

今後回数は減らすらしいが、勝手にやめるなと念を押されている。

今はいいが、仕事を再開すると確実に忘れそう。



そして、術後一週間は圧迫防止のため、保護メガネ(花粉症対策のメガネとほぼ同じ)を着用して寝る。

これが不思議なのだが、どういうわけか右側だけ曇る。

左右で材質が異なるとは思えないし、左側が曇らないのは目薬のせいなのか?




もらったパンフレットと医師から直接受けた注意とに多少の差があり、禁止期間など医師の方が厳しいかったがパンフレットによると

洗髪、洗顔、化粧、散歩などは術後一週間後から。

テレビ、パソコン、家事などは軽くなら翌日からOKだが通常ベースは一週間後から。

軽い運動は二週間後から、運転は一か月後から。

仕事の再開は内容によりけりで医師の判断による。




一昨日の検診の結果、今日の夜には洗髪OKの許可が出た。

そして散歩も。通院と散歩の運動量にたいして差はないと思うが。

何もしないのも苦痛である。この一週間で大分太ってしまった。

が、視力という意味ではなく、目そのものにまだ違和感があるので、走ったりする気にはならない。



見え方に対する感想は次回に。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:白内障手術
手術後の目の調子もよさそうなので、手術を記録しておくことにします。



〇単焦点レンズか多焦点レンズか

眼内レンズの選択にあたり、単焦点レンズにするか、多焦点レンズにするか、すこし悩んだ。

多焦点レンズのチラシが病院においてあり、またネットでもその優れた効果について、宣伝されていた。

ただし、多焦点レンズは保険適用外で45万円ほどかかる。

とはいえ、目の中に入れるものであり、一生ものでもあるので、高くても仕方ないので多焦点レンズにしようと考えていた。


しかし、医師から「多焦点といっても事実上遠近の二焦点」、
「遠近両用メガネと同じで合わない人もいる」、
「劇的な優位性はないので本人が希望しない限り採用しない」、
「手術を受ける人の95%は単焦点」
などの説明があり、結局保険がきく単焦点レンズにした。


〇乱視矯正

私には乱視があるが、ハードコンタクトレンズを付けることにより、レンズの物理的な圧力により角膜のゆがみを矯正していた。

これがソフトコンタクトレンズでは、文字通りソフトであり目に圧力がかからないため、矯正ができない。

この乱視を眼内レンズで補正できるといい、プレミアレンズになるものの保険適用の範囲内であるという。

ただし、手術の際はレンズの微妙な位置合わせが難しいと言う。


〇右目との関係

右目はまだ白内障にはなっていないので、今後ともコンタクトレンズで生活していく。

左目の矯正に当たっては、右目と同じぐらいにしてくれるよう、医師に依頼した。

具体的に言えば、老眼のことである。

コンタクトレンズでもそうだが、近視を強く矯正すると遠くはよく見えるが、本や新聞など手元が見えなくなる。

そのため、本来ならばきちんと近視を矯正し手元を見るには老眼鏡を使用すべきなのだが、現在のコンタクトレンズも老眼鏡を使用しないで済む程度に緩めに矯正してある。

眼内レンズもこうして欲しい、というのが医師への私の依頼である。

医師は、「計算上のものと実際は異なり、必ずしも右目と同じにドンピシャリといくとは限らない」との回答であった。


また、「焦点が固定であるため、本を近づければ文字がハッキリするというものではない、最終的には、近くを見るには老眼鏡、車の運転など遠くを見るに近視のメガネと二つ必要になる」、ということあった。




まあ、自然のものと異なり人工物なんだから、仕方がない。

見えるようになればよい。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:白内障手術
白内障の手術は、12月21日に予定している。

日帰りの手術であるが、手術後一週間は外出禁止の安静、さらにもう一週間は細かい字を読んだりパソコン操作、激しい運動などは禁止、とのことである。

こんなことができるのは、年末ぐらいしかないだろうと思い、九月の時点で手術日の予約を取っていた。


そんなわけで、休暇を取り12月21日から1月3日までの長期休暇となった。

二週間の休みというのは、仕事に就いてから初めてである。

新婚旅行の時でも10日ぐらいだったか。



さてこの二週間何をやるか。

子供の頃休み前だとワクワクしたものだが、手術のことを考えるとそういう気持ちにもならない。

外に出られないし、パソコンや本もダメ。

これには困った。

年末だしこの際だから、家の中の掃除が一番いいか。

この家に引っ越しして以来、まだ片づけていないものもあるし。



昨日も眼科に行ってきた。

集団で手術の説明を受けたのだが、参加者は当然ながら年配者が多い。

しかし、中には三十代ぐらいの人もいた。付添いの人ではなかった。

近所の奥さんも若くして白内障の手術を受けており、彼女の話によると「アトピーの治療にステロイド系の薬を使い、その副作用で白内障になった」ということなので、白内障の原因は必ずしも老化だけではないようである。

医師によると、強い近視がある場合、また過去に目に怪我をした場合なども、白内障になりやすいとのことである。

実際私も今回手術する左目は右目と比べて近視が強いし、子どもの頃左目に石があたって怪我をしたこともある。

個人差はあるが、年を取れば髪の毛が白くなるように、目も白くなる、とも言われている。



何が原因かわからないが、年を取るということはこういうことなんだなー、というのが私の実感である。


また、診察時には瞳孔を開く薬を使うこともあり、病院から家族の付添いを求められたため、診察の度に妻に付き添ってもらった。



妻の付添い、二週間の休みと、なにか定年後の生活の予行演習という気がしないでもない。



次回のブログ更新は、様子を見ながら・・・・、たぶん年末かな。









| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:白内障手術
私は子どもの頃体が弱くて、よく病院のお世話になった。

内科、耳鼻科、眼科、外科。

医師にいろいろ脅され、子供ながらも理不尽だと思ったことがあり、また、治療は極めて怖かった。

注射は今でもイヤである。

そんなことで、すっかり医者嫌いになり、中学以降現在まで、ほとんど病院には行ったことがない。

「病院には、子どもの頃に一生分の世話になったのでもう行かない」というのは、子供達によく言う私のセリフである。




例外としては、虫歯の治療、コンタクトレンズの購入の際のいいわけ程度の診察、年に一度の健康診断の際の診察、まあこの程度である。

おまけに、百薬の長は飲むが、薬も全く飲まなくなった。





30歳前後の頃、41度の高熱が出たことがあったが、病院に行くことも薬を飲むこともなかった。

数日寝込んだが、自力で回復した。

これも妙な自信の元になっている。


インフルエンザの予防注射など金を貰っても受けたくないし、これからも受けることはないと思う。




しかし、今度だけはそうもいかなくなった。

左目の白内障である。

4~5年前から自覚症状が出始めた。

視力が落ち危険なため、3年前には止む無く自家用車を売却した。

それでもなんとか生活してきたが、とうとう仕事に支障が出るまでになってきた。

右目は近視、乱視、老眼、左目はこれに白内障が加わって、書類が読めない、読めても時間がかかる。

車を運転しなければならないような仕事は、他人に頼む。

廊下をすれ違う人の顔が分からない。等々。






今年1月、紹介を受けてある病院に行った。

白内障を専門とする眼科医院である。


この病院のシステムは、別々の先生に一度づつ診察を受け、三回目に院長先生の診察を受け手術するということのようであった。

1月1回目の診察。

若い女医さんに診察を受けた。親切で感じがよかった。

「やっぱり白内障ですね~」と明るく言われた。



2月2回目の診察。

私と同年代のベテランの女医さんの診察。この先生も感じがよかった。

ベテランだとなんだか安心感がある。



いよいよ院長先生の診察。

こうなると手術は避けられない、という気持ちが先立ち、最後の悪あがきに、コンタクトレンズを作り直すことにした。

左目は、度を上げても視力は全く上がらないため同じ度数にしたが、右目は、一段度をあげたら結構見えるようになった。

コンタクトレンズ屋に併設されている眼科医も、「コンタクトレンズでまだ大丈夫」と言ってくれた。

私としても、こう言ってもらいたかったし、相手もコンタクトレンズを売らなきゃならないんだから、当たり前のような気もするが、これはやはり嬉しかった。

4月のことであった。




そして、5月の3回目の診察。
いよいよ院長先生の診察である。2月から随分間が開いたが、先生の予約が一杯であることと私の仕事の都合が合わなかったためである。

この院長先生も感じがよかった。

右目の視力が多少上がり、手術する気が無くなっていた私に先生は、「手術するかどうかを決めるのはあなたです。急ぐ必要はないので、手術したくなったらまた来てください。」と言った。


これで、当面手術する必要は無くなった。



と、思っていた。




つづく。





なお、本日眼科医へ行き、12月末の手術に向けて、左目の乱視の正確な状況を計測するため、次回の診察の12月1日までコンタクトレンズの使用を禁止されました。

こんなことから今後ブログの更新は、あまりできないかもしれません。







| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ