FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:散歩
柴シーサイドファームは市民農園であり、金沢区唯一の「農業振興地域」で「農業専用地区」の中にある。

前者の「農業振興地域」というのは国の制度であるが、後者の「農業専用地区」というのは横浜市独自の制度である。

あまり関心が無いため、この二つの制度がどう違うのか調べていないが、どっちにしろ農地を保全し農業をする地域であろう、というのが私の理解である。

そしてもう一つ分からないのが、この場所のどこまでが柴シーサイドファームの市民農園で、どこまでがプロの農家が耕作している農地か、私には区別がつかない(感心が無い)。
2019-11-10-2.jpg

柴シーサイドファームの中心にある横浜農協の建物。

但し、私の友人によるとこの建物は「柴土地改良区」の所有であり農協は委託を受けて管理しているだけ、ということである。
2019-11-10-1.jpg

私の子供たちも小学校の授業でミカン狩りや芋ほりに来たが、この日も小さい子供たちがミカン狩りに来ていた。。
2019-11-10-3.jpg

2019-11-10-4.jpg

直売所は日曜日の午前中に賑わうが、既に午後なので大根ぐらいしかなかった。

早く来ればとれたての野菜が沢山買える。
2019-11-10-5.jpg

初めてこの辺を歩いたのは40年近く前のことで、その頃は段々畑が多少あるぐらいの「山間部のへき地」であった。

その後土地改良区の事業として巨費を投じて大規模に山を削り、農地を作った。

面積は併せて80haあり、私のウォーキングのメーンの地でもある。
2019-11-10-6.jpg

2019-11-10-7.jpg

眼下に八景島。
2019-11-10-8.jpg

隣の山林は米軍の小柴貯油施設であったが、更に遡れば旧日本軍の施設。

米軍から2005年に返還され、現在、公園として整備が進められている。

タヌキなどの動物の楽園でもあり、私はこのまま立ち入り禁止の山林のままが良いと思っている。
2019-11-10-9.jpg

千葉県の工業地帯も良く見える。
2019-11-10-10.jpg

ここは高台にあるので上り下りがきつく、歩数以上にきついコースであるが、車がほとんどおらず、安心のコースでもある。

そして見晴らしがよく、気分は爽快になる。

ビルばかり見ているとこういう風景に癒される。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
9月の台風15号で東京湾に面した金沢工業団地は大きな被害を受けた。

報道によると、10mの高波により12か所の護岸が崩壊し、浸水面積は4km2になるという。

その直後に見に行こうかと思ったのだが、野次馬根性もどうかと思い遠慮してきた。

あれから時間がたちもうよかろうと思い、本日ウォーキングに出かけてみた。

いつも通りの休日の閑散とした工業団地内の様子。
2019-11-4-1.jpg

釣り人はいつもの通りのんびりと釣り糸を垂れ、家族連れがスペイン語かポルトガル語を話すのもいつもの通りである。
2019-11-4-2.jpg

2019-11-4-3.jpg

護岸全てが破壊されたわけではなく、上部の薄い部分が飛ばされていた。
2019-11-4-4.jpg

2019-11-4-12.jpg

テトラポットは修復したとは思われないので、被害が無かったのか。
2019-11-4-5.jpg

釣り人から餌をもらっている野良ちゃん。
二度の台風の時はどこでどうしていたのだろうか。
2019-11-4-6.jpg

2019-11-4-7.jpg

フェンスを倒したのは波か風か。
2019-11-4-8.jpg

公園内に集められた災害ゴミ。凄まじい量。
2019-11-4-9.jpg

ビルが取り壊されていたが、台風被害とは関係あるのかないのか不明。
2019-11-4-10.jpg

とある工場では、どういうわけか八重桜が狂い咲きしていた。
2019-11-4-11.jpg

工場内に立ち入るわけにはいかないので内部がどうなっているか知る由もないが、表面的には穏やかで何事も無かったように見える。

ただ、些細な我が家の被災でさえ年内に修復できるかどうか不明であることを踏まえると、まだまだこれからなのだろうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
毎日雨が降り続いている。

雨が多いと緑も繁茂する。

数年前からか、10数年前からかは、記憶が無いが、散歩途中のこのお宅は空き家である。

元々ツタの絡まるお宅であったが、最近の雨でますますツタが絡まり、もはや遠目には家とは見えなくなってきている。
2019-7-14-1.jpg

2019-7-14-2.jpg

2019-7-14-3.jpg

2019-7-14-4.jpg

空き家は、我が家の周辺でも相当な数になってきている。

明日は我が身で、我々夫婦の死後は我が家もこうなる可能性はある。

「自然に帰れ」という言葉があったが、住宅街が元の山に戻っていくのはどうも気持ちが良くない。

一方で、まだ開発が続いているのは、不思議なことである。。

何か良い対策はないものか、これが大きなビジネスチャンスになるのではないか、とこのお宅の前を通るたびに思うのだが良い考えは浮かんだためしがない。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
友人と一緒のこの時期恒例の15kmのウォーキングはカメラにSDカードを忘れるという失態。

やはりこの時期恒例の義父母一家とのバーベキューは雨天により屋内での単なる飲み会となってしまった。

予定していたネタを二つ流したので、今回は葉山へのウォーキング。



葉山には京急の新逗子駅から通常はバスで行くが、そこはウォーキングなので新逗子駅から歩いて行った。

ちなみに新逗子駅は、来年三月から「逗子・葉山駅」と変更になる。

逗子の人からは、逗子にある駅に何故「葉山」が付くのか、と反発があるらしい。

葉山方面へ客を呼び込もうという、京急の戦略か。




まずは、役場前の花の木公園。
2019-5-5-1.jpg

それほど面積があるわけではなく、つつじがもっと見事な公園は他にたくさんあると思うが、とりあえずこの辺ではここが名所。
2019-5-5-2.jpg

2019-5-5-3.jpg

2019-5-5-4.jpg

2019-5-5-5.jpg

2019-5-5-6.jpg

役場前の道をドンドン進んでいくと御用邸の前に出るが、物々しい警戒があったため、遠慮して写真を撮らずに通り過ぎてきた。

御用邸を裏側から撮影。
2019-5-5-7.jpg

御用邸の敷地を分断している川。
2019-5-5-8.jpg

こんなところに鳥居。

鳥居を立てたくなる気持ちは分からなくもないけど。
2019-5-5-9.jpg

たぶん毎日泳いでいるのだろうと思われる人もかなりいた。

何故そう思うのかというと、全身の体の色がすごい。
2019-5-5-10.jpg

2019-5-5-11.jpg


4/30や5/1のテレビには、日常的に接触がある御用邸周辺に住む人たちがかなり出演していた。

天皇が日本国民の象徴なら、御用邸は葉山町民の象徴かな。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:散歩
妻と花見を兼ねて山手から日本大通りを歩いてきた。

私にとってはいつもの朝のウォーキングコースの一つなので、わざわざ混んでいる時に行かなくてもよいわけであるが、桜を妻にも見てもらいたいと思い、食事がてら出かけた。

まずは雙葉小学校から。
s_2019-3-31-1.jpg

個人宅のようであるがなんてすごい.
s_2019-3-31-2.jpg

べーリックホールの白い桜もとてもいいが、天気が今一ではえない。
s_2019-3-31-3.jpg

s_2019-3-31-4.jpg

L・DK とかいう映画の撮影で使われたらしい。
若い女性が看板見て盛り上がっていたが、私にはどうでもよく関心が湧かない。
s_2019-3-31-5.jpg

s_2019-3-31-6.jpg

港の見える丘公園。
s_2019-3-31-7.jpg

s_2019-3-31-8.jpg

山下公園の花桃。
s_2019-3-31-9.jpg

山下公園の名物枝垂桜。
s_2019-3-31-11.jpg

気温が低いせいか、こぶしの花の期間が長い。
s_2019-3-31-12.jpg

海岸教会の桜は、私の知っている範囲では横浜で一番早く咲く。
理由はよくわからないが、ある人は「噴水と関係があるんじゃないか」、という説を言っていた。
s_2019-3-31-13.jpg

日本大通りは、毎週何かしらイベントをやっている。
今日は、大和市の阿波踊り。
s_2019-3-31-14.jpg

県庁前では、フクロウを持った人が注目を集めていた。
おとなしくとてもかわいい。
s_2019-3-31-15.jpg

今日は青空がなくやや肌寒くあったが、桜は気温が低い方が長持ちするので来週も楽しめそう。
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ