FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
想定通りと言いながらも、今年は緊急事態宣言から始まった。


前回の緊急事態宣言の時は、わが職場では2班体制での交代出勤かつリモートワークとなったが、さすがに今回はそこまでいかず2班体制での時差出勤となった。

具体的には、1時間遅く来るチームと1時間早く帰るチームに分かれた。

先週、私は遅番のチームであったが、これを全く無視していつものように1時間早く出勤したが、電車の込み具合は平常通りであった。(早く来て遅く帰りました、一応念のため)



また、我が職場がある雑居ビルは、託児所、医院、法律事務所に飲食店と何でもあるが、これらの動向を見ても、前回は閉めていた所もやはり今回は平常通りにしている。

もはや、コロナ疲れというか、コロナ馴れというか。

率直に言ってテレビをコロナのニュースを見るのもうんざり状態。






国がいくら躍起になって人出の制限を要請してももはや無理ではないかと思っている。


一方、「共用スペースでマスクをしていない人がいるという苦情が来ているのでマスクをして欲しい」とビル管理会社から話があった。

我が職場にはトイレやパントリーに行く際、マスクをしていかないのは私を始め幾人かおり、思い当たる節はある。

自粛警察、コロナ警察に密告されているというか、ひんしゅくをかっているというか。




ひんしゅくをもう一つ。

1月4日に仕事始めで酒を飲み泥酔して帰宅。

6日も「明日は緊急事態宣言が出るから今日が最後」という理由で居酒屋に行って泥酔。

帰宅すると「こんな時に何考えているの」と家族から大クレーム。

家に居場所がなくなっては困るので先週は居酒屋へ行くのを自粛した。




蛇足だが、昨年12月28日の仕事納めの帰り道、行きつけの中華料理店で飲んだ際、お店のママさんが「去年の12月の売り上げは2千万円だったけど、今月は100万円も無く家賃が払えない」と言っていた。

コロナのない時期の忘年会シーズンとはいえ、あんな店で月の売り上げ2千万円もあるとは驚いたが、更にはあんな店で一体家賃はいくらなのだろうか。

コロナ対策は大事だけど、経済でも人は死ぬ。



もうそろそろ精神的・経済的な限界が近づいているけども、コロナは当分収まりそうもない。

コロナの中、どう生き抜きしながら生活していくか、今年の私の課題である。

今年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
史上初の緊急事態宣言が発令された。



コロナ騒ぎの影響で、世の中とっくにやっている時差出勤が我が職場でも4月1日から開始となったが、そこへ緊急事態宣言が発令されたとなっては、これだけでは済まない情勢となった。

これも世間ではとっくにやっているらしい在宅勤務、テレワークというのを導入せざるを得なくなった。

だが、テレビ会議のような、或いは全員共通で使うようなシステムは構築されていないし、そんな資金もないし、知識もないし、時間もない。

最も無いのはそういうことをやろうという意欲であったが。

昔、BCP(事業継続計画)というのが流行ったけどなー、という反省は出てくる。




ともかく全滅を防ぐ、半分さえ生き残ればなんとかなる、という意味で2チームに分けて、交互に出勤しようということになった。

出張は直行直帰が原則。

ところが、それじゃ仕事が回らないだろう、せめて週に一日は全員出勤しよう、という意見が出て、水曜日がその日になった。

それはやっぱり全滅のリスクを残すことになる訳だが。




家でやれる仕事は限られているという絶対的大義名分の他、、何よりも毎日出勤して毎日夕方から飲みに行くという長年染みついたペースが変えられないとか、また精神的な意味で家に居場所が無いとか、といった本音もチラホラ。

「家に居場所が無い」氏は、土日は苦痛だそうで、一人で映画館の「はしご」もし、昼間から飲みにも行くそうな。

そういう場所も閉鎖された現在、どうするのか気になるところではある。




私の場合は、火、水、金が出勤で残りの月、木が在宅勤務となった。

そして、私は、リビングのこたつの上のパソコンで仕事を行う。

こたつの中には猫がいて、足触りはなかなか快適であるが、仕事は進まない。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
今年の梅雨は長い。そしてよく雨が降った。

その代わり気温が低いのが救いである。

通勤時に歩くことを日課にしている私にとっては、今年の梅雨は痛しかゆしである。

大雨の時はさすがに歩くことは無いが、小雨だと歩いてしまう。

この日は、かろうじて傘はいらなかったが、湿度がとても高い。

まずは桜木町駅前から。
2019-7-21-1.jpg

建設途中の市役所も大分高くなってきたが、高さはこれ以上高くはならないのかも。
2019-7-21-3.jpg

ランドマークプラザの入り口は6時55分にならないと開かない。

かなりの人数が開くのを待っており、もう少し早く開けて欲しい。

晴れていればここに入ることは無いが、濡れるのを減らすにはこのルートに頼らざるを得ない。
2019-7-21-2.jpg

喫茶店は7時から。
ここで朝食やお茶をして仕事にいくのだろうが、喫茶店、マクドナルド、コンビニなどどこも行列状態。
2019-7-21-4.jpg

それだけ朝食難民がいるということてあるが、私の場合は、家で朝食をとっており寄ることは無い。
2019-7-21-5.jpg

クイーンズスクエアは7時4分頃通過。

人はまだまばらである。

このルートのいいところはトイレに不自由しないこと。
2019-7-21-8.jpg

この「ひさし」のルートを使うのも濡れたくないから。

手塚治虫が書いていた未来の都市はこんなイメージだったかな、とここを通るたびに思う。
2019-7-21-6.jpg

風雨が強い日は、全身ずぶぬれになり、海のそばのこの辺りを歩くと悲惨である。
2019-7-21-9.jpg

赤レンガ倉庫の当たりは撮影に使われることが多いが、この日も何かの撮影、グラビアかな、をしていた
2019-7-21-7.jpg

顔が小さくとてもスリムで背の高い女性の撮影で、モデル一人にスタッフは20人以上。

こういう天気も写真に味わいが出るのかもしれない。



雨が降らなくとも、湿度が高くて汗で全身が濡れてしまう。

職場には入るとこの季節はシャツだけは変えるようにしている。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
「令和」と元号が発表になった時、多少の違和感を感じつつ、これは必ずこういう名前の人がいるだろうなと思った。

その後の報道を見ると、全国各地から令和さんが表れた。

実は、私も一人の「令和」(のりかず)さんを知っていた。

私が新人の頃の先輩である。





厳しい先輩であった。

後輩に厳しいだけでなく、上司にもよく物申していた。

それだけではなく、関係する他の部署の人達にも厳しく接していた。

まあそんなわけで、周りから煙たがられていたのも事実である。

あの時代だからパワハラなんていうのは当たり前にあったが、ただ令和さんはパワハラではなかった。





その令和さんの机の上には二枚の紙が貼ってあった。

一枚目は、「大きくできないか、小さくできないか。長くできないか、短くできないか。」

他にも「〇〇できないか、××できないか。」というフレーズがいくつか並んでいたが、後はよく覚えていない。



二枚目の紙には「聞き誤りは言い手のそそう」と書いてあった。

これははっきりと覚えている。




令和さんの机に貼ってあったこの二枚の紙のフレーズは、その後何十年も経って部下を持つようになってから使わさせていただいている。

一枚の紙のフレーズは、仕事を工夫するためのブレーンストーミングなどの際に。

二枚の紙のフレーズは、他人、特に客に物事を説明する際の戒めとして。




今回の元号には、令和さんはさぞ驚いたことだろう。

どっかで取材でもされていないかと探してみたが見当たらなかった。

たぶん70代前半ぐらいだと思うので、今でもお元気なことと思う。

「不肖の後輩ではありましたが、あの頃の教えは多少なりとも私の中に残っています」と、伝えてみたい。



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:仕事あれこれ
木曜日、仕事の関係での飲み会があった。

その参加者の中に、日大アメフト部OBという人が居た。

その人は、今でも競技を続けており、また関西学院のアメフト部関係者にも知り合いがいるとも言っていた。

へー、という話もあり、誠に面白かった。

そして、差し支えない範囲その話をここで披露しようと思ったのだが、さっばり思い出せない。

断片的には覚えているものの、ここに系統だって書くほどの内容を思い出せない。

おまけに、テレビで見た話なのか、その時聞いた話なのか区別もつかなくなっている。






会議、折衝、打ち合わせ、交渉・・・こういう場に行くことは多いが、後日その内容を記録しておくことは重要なことである。

モリ・カケ問題でもよく議論にはなっているが。

会議結果の論点補整理をしたり、議論内容の記録を取ることは、以前は苦にもならずに時間もかからず簡単にできた。

ところが、最近は苦手である。

なにせ内容を直ぐ忘れてしまう。

会議の内容を覚えていないということは、重要な内容ではなかったからだ、と勝手にかたづけている。

いよいよ老化が進んできたようだ。

もう少し仕事を続けていかねばならないので、記憶力アップに効果があるというガムでも噛んでみようか。



| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ