FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:横浜名所
毎日のように山下公園を歩いていたが、ガンダムの出現にうかつにも全く気が付つなかった。

ただ海の方を撮影している人が沢山いたので、何を撮っているのかなと思ってはいたが。

結局見る気がないと、何も見えないということか。

正式にオープンするのは、12月19日との事。
2020-11-15-1.jpg

実物大だそうで大きさは18m。
2020-11-15-2.jpg

私はガンダム世代ではないので、これを見てもあまり興奮しないが、昼休みに写真を撮影しながら興奮していたサラリーマンのグループもいた。
2020-11-15-3.jpg

撮影は山下公園から。
2020-11-15-4.jpg

上とは別の日に撮影。手や上半身が動いている。
2020-11-15-5.jpg

ガンダムが設置されたのは山下ふ頭。

山下ふ頭といえばカジノの誘致であるが、ガンダムの設置もカジノ誘致の地ならしの一環かもしれない。

率直に言って私はカジノには反対である。
2020-11-15-6.jpg

何せ私の実家には、博打に手を出した先祖が家屋敷を取られてしまった、という伝説がある。

博打に負けたのは、先祖と言っても曽祖父らしく、明治時代ぐらいの話らしい。

家屋敷を取られてしまい住むところが無く、仕方なく畑にあった小屋に住むこととなったが、その小屋のあった場所が現在の実家の場所との話。

取られた元の家の場所は近所であり、現在は分割されて二軒の家になっている。

負債は家屋敷だけでは不足で、残りは曽祖父が長男に押し付け、その人は東京に出て苦労の末に返済らしい。

確認していないが、祖父は曽祖父の末子と思われる。

こういう博打にまつわる話を断片的に祖母や父から聞いた。



やはりカジノで町おこしというのは、根本的に間違っていると思う。



山下公園前のイチョウは、ようやく色づいてきた。
2020-11-15-7.jpg

完全に黄色になるには、もう少し時間がかかる。
2020-11-15-8.jpg


スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
いよいよ桜の季節。

この辺では桜の名所の称名寺に行ってみた。

予想通り混んでいた。
人が写らないようにチャンスを待つのも楽ではない。
s_2018-3-25-1.jpg

s_2018-3-25-2.jpg

汗ばむほどの陽気。
s_2018-3-25-3.jpg

s_2018-3-25-4.jpg

家族連れだけでなく中高年のウォーキンググループなども多数。
s_2018-3-25-5.jpg

s_2018-3-25-8.jpg

s_2018-3-25-9.jpg

s_2018-3-25-11.jpg

じっとしているとやはり風の冷たさを感じるが、盛り上がりは格別のよう。
s_2018-3-24-12.jpg

一方こちらは、称名寺の裏の商店街。
s_2018-3-25-12.jpg

先週撮影した場所と同じところ。満開になった。
s_2018-3-25-13.jpg

こちらは二階で花見の宴会。
s_2018-3-25-14.jpg

桜が咲いたり雪が降ったりと寒暖差が激しい一週間だったが、いよいよ春本番。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
先週の日曜日、妻と馬車道、赤レンガ倉庫、山下公園、港の見える丘公園、元町と歩いた。

好天の休日、あちらこちらでイベントが行われていた。

まずスタートは馬車道から。

「馬車道祭り」が行われていた。馬はJRAの提供のよう。
2017-11-12-1.jpg

明治時代を彷彿とさせるコスチューム。
2017-11-12-2.jpg

続いて、赤レンガ倉庫。

ここでは「全国ふるさとフェア」が開催中。いわばB級グルメに工芸品展がミックスしたようなイベント。
2017-11-12-3.jpg

あまりの混みよう。
2017-11-12-4.jpg

お昼は「金久右衛門」のラーメン。選択の理由は最もすいていたから。
2017-11-12-5.jpg

味はごく普通のラーメンであった。
2017-11-12-6.jpg

2017-11-12-7.jpg

象の鼻パーク。
木に何か付けてあるが、なんだかよくわからず。
2017-11-12-8.jpg

こちらは山下公園前。
2017-11-12-9.jpg

ここらで休憩。
最近、どこでも、誰にでも言っている、私の定番の愚痴。
「前の職場にしがみついていた方が良かった。」

妻曰く「この風景を見るために遠くから時間とお金をかけてみんな来るんだから、お金貰ってこの風景を見られるんだからいいじゃない。」
2017-11-12-10.jpg

バラは、年がら年中咲いている。
2017-11-12-11.jpg

大佛次郎記念館。
2017-11-12-12.jpg

2017-11-12-13.jpg

2017-11-12-14.jpg

日が傾いてきた元町商店街。
2017-11-12-15.jpg

また随分と沢山の犬が・・・。
2017-11-12-16.jpg

この日の歩数は、1万8千歩。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
四六時中考える習慣をつけなさい。
s_2017-10-1-1.jpg

下を見て安心してはいけない。必ず上には上がいる。
s_2017-10-1-2.jpg

自らの知識と経験を捨て、更地となせ。
s_2017-10-1-3.jpg

人間はなまじ知識があるから本質がわからなくなる。
s_2017-10-1-4.jpg

人生に遅すぎるということはない。
s_2017-10-1-5.jpg

事業化できないアイデアは、単なる思いつきにすぎない。
s_2017-10-1-6.jpg

自画自賛するな。第三者を持って語らしめよ。
s_2017-10-1-7.jpg

失敗してから、言い訳を考えるな。
s_2017-10-1-8.jpg

失敗を成功の元してはならない。
s_2017-10-1-9.jpg

知識よりも知恵を出せ。
s_2017-10-1-10.jpg

自分の周囲にいつも好奇の目を向けろ。
s_2017-10-1-13.jpg

この建物の前を、最低でも週に一度は通っていたが、足元にこんなことが書いてあったとは全く気が付かなかった。

ここは、みなとみらいのカップヌードルミュージアムである。

ということは、インスタントラーメンの生みの親、安藤百福氏の名言であろう。
s_2017-10-1-14.jpg

週に一度は通っているものの、中には一度も入ったことは無い。
s_2017-10-1-15.jpg

カップヌードルそのものも、ここ数年食べたことが無い。

嫌いだからではなく、好き過ぎて一度食べると、そればっかり食べてしまう気がして怖いからである。

子供の頃から学生時代頃までインスタントラーメンはどれだけ食べたかわからない。

それも安藤百福さんの苦心・発明のおかげである。

名言を噛みしめながら、また毎日歩くとしよう。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
横浜・中華街を知らない人はほとんどいないだろうが、中華街がとても汚い街だということは、どれほどの人が知っているだろうか。

中華街はグルメのテレビ番組でよく取り上げられるが、この悲惨な実態も是非取り上げてもらいたいものだ。

私は、毎朝、散歩をするのが日課だが、中華街だけは足を踏み入れたくない。

(ただし、夜はこのところよく飲みに行っている。)
2017-9-17-1.jpg

毎朝のゴミの散乱は、とてもひどいものである。
2017-9-17-4.jpg

カラスが生ゴミの奪い合いをして大騒ぎ。
2017-9-17-5.jpg

まさに憤慨(糞害)
2017-9-17-6.jpg

2017-9-17-7.jpg

想像するに、お店の人が有料の「事業系ゴミ」として出さずに、無料の「家庭ゴミ」として出すから、ゴミ収集がされないことが原因ではないかと思う。
2017-9-17-8.jpg

ドヤ街として有名な寿町は中華街からも近いが、ここと比べれば百倍もきれいである。
2017-9-17-9.jpg

2017-9-17-10.jpg

一度観光客が離れたら、それを呼び戻すことはかなり難しい。

是非とも早急に改善してほしい。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ