プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:横浜名所
本日のウォーキングの終点地は金沢自然公園・金沢動物園。
2017-1-29-1.jpg

山全体が自然公園になっていて、頂上部分に動物園がある。
2017-1-29-20.jpg

山の上にいくには、「コアラバス」がある。
子供たちが小さい頃に何度もここに来たが、このバスに乗ると大喜び。

今回はウォーキングであり、当然歩いて登る。
が、結構な急坂であり、歩数の割には疲労が募るコースである。
2017-1-29-2.jpg

家から歩いて来て、疲労困憊状態で頂上に到着。
2017-1-29-3.jpg

バラが咲いていた。
バラは品種改良を重ねて咲かない季節はない、との話であるが、1月のバラというのはどうも違和感がある。
2017-1-29-4.jpg

2017-1-29-5.jpg

動物園の入場料は500円。今回は入場せず。
2017-1-29-6.jpg

菜の葉のあの独特の匂いが漂う。
2017-1-29-7.jpg

2017-1-29-8.jpg

金澤八景方面。房総半島も見える。
2017-1-29-9.jpg

梅は日当たりと品種によって開花状況に差がある。
斜面の上の方はほぼ満開だが、斜面の下の方はまだ蕾状態。
2017-1-29-10.jpg

2017-1-29-17.jpg

2017-1-29-11.jpg

2017-1-29-13.jpg

2017-1-29-14.jpg

2017-1-29-21.jpg

2017-1-29-12.jpg


スイセンも満開。
2017-1-29-15.jpg

2017-1-29-16.jpg

ローラーすべり台。
100mの長さがあり、結構スピードが出る。

私も、子供たちとよく乗った。
今日も子供たちの歓声が上がっていた。
2017-1-29-19.jpg

2017-1-29-18.jpg

この山コースは、わが家からの往復にはちょっときついコースである。

ああ、疲れた。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
小春日和というよりは、初夏を思わす今日の暖かさ。

紅葉の状況はどんなものかと、ウォーキングの途中に称名寺と金沢文庫に寄ってみた。
2016-11-6-1.jpg

参道の桜の葉は完全に落ちていた。
2016-11-6-2.jpg

しかしイチョウやもみじは、まだまだこれからのよう。
2016-11-6-3.jpg

称名寺は、北条実時が開基したとのことであるが、800年あまり経った現在の周辺の状況を見れば、さぞ驚くことだろう。
ただし、寺の周囲の山は昔のままであり、ハイキングコースになっている。
2016-11-6-4.jpg

2016-11-6-5.jpg

この鐘の音は毎日我が家でも聞いている。
2016-11-6-6.jpg

人に慣れ過ぎの猫、触っても全く起きない。
2016-11-6-7.jpg

2016-11-6-8.jpg

2016-11-6-9.jpg

この広大な空き地はなんのために?
元々堂宇とか宿坊でもあったのか、はたまた畑であったのか、よく分からない。
2016-11-6-10.jpg

称名寺の隣は金沢文庫。
中世に作られたトンネルもすぐ隣に残っているがそちらは立ち入り禁止。
その中世のトンネルも以前は通行できたのだが。
2016-11-6-11.jpg

いつもトイレ休憩に立ち寄らせてもらっている。
2016-11-6-12.jpg

トイレには寄っても入場料を払って展示物を見たことがあまり無い。
なにせ、展示物があまりにもマニアックというか、一般受けしそうのないものばかりで。
2016-11-6-13.jpg

2016-11-6-18.jpg

金沢文庫の中の喫茶店なので「かなぶんcafe」か。
ただし本来は、「かねさわ」と発音するのが正しいらしい。
2016-11-6-14.jpg

いつもは立ち寄らないが、今日は特別にコーヒーでも。
2016-11-6-15.jpg

ここから真っすぐ帰宅すると一万歩にはならないので、さらに海岸方面に行くか、或いは京急線を挟んで反対側の山方面へ行くかである。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
ゴールデンウィーク最終日の5月8日、横浜イングリッシュガーデンに出かけた。

場所は相鉄線平沼橋駅から徒歩5~6分、tvkの住宅展示場の奥であるが、たぶん横浜駅から歩いても20分程度のものだろう。
横浜駅からの専用の送迎バスも出ている。

入場料は季節によって異なるが、トップシーズンの現在は1000円。
はっきり言って少し高い。
場所がよいだけに仕方がない面もあるが、私の感覚では600円ぐらいが妥当と思う。
2016-5-8-1.jpg

バラの最盛期にはやや早く、あと二週間後あたりが見ごろかと思われる。
2016-5-8-2.jpg

ゴールデンウィーク最終日だけあって人出は多く、なかなかゆっくりと写真を撮ることができない。
2016-5-8-3.jpg

広場では手回しオルガンの演奏を行っていた。
2016-5-8-4.jpg

暑い。まだゴールデンウィークだと言うのにこの暑さ。今年の夏も厳しそう。
2016-5-8-5.jpg

2016-5-8-6.jpg

まさしく百花繚乱、いや百では足らなく千花繚乱。
2016-5-8-7.jpg

2016-5-8-8.jpg

2016-5-8-9.jpg

私はバラは赤いバラが好きだが、このような落ち着いた色合いのものもなかなかよい。
2016-5-8-10.jpg

来場者は圧倒的に「おばちゃん」が多いが、中にはコスプレ着て撮影している若いおねえちゃんもいた。
2016-5-8-11.jpg

ついバラにだけ目が行くが、クレマチス、シャクヤク、ラベンダーなども見事に咲いている。
2016-5-8-12.jpg

2016-5-8-13.jpg

同じバラながら種類は真に豊富なものである。
2016-5-8-20.jpg

2016-5-8-14.jpg

2016-5-8-15.jpg

2016-5-8-17.jpg

2016-5-8-18.jpg

2016-5-8-19.jpg

一応、敬意を表して妻を撮影。
2016-5-8-16.png
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
今回は、我が地元の柴町。

拙宅から柴町へ行くのには、この裏道を行くと近い。
この道は古地図にも記載されているので、江戸時代から変わらずにあるものと思われる。

何故この付近が開発されなかったのかと言えば、戦前は海軍の、戦後は米軍の貯油施設であったからである。

現在は、横浜市に返還されており、公園にするという話であったが、今もって工事に着手されていない。
私は、このままの山林の方がいいと思っている。
2014-1-19-2.jpg

小柴貯油施設の隣は、柴シーサイドファームという市民農園である。

30年程前は小規模な段々畑がある山間の地だった。
初めて訪れた時は、ここは信州か? と思ったものである。

それが、バブルの頃に山を切り開き農地となった。
2014-1-19-3.jpg

対岸の千葉がよく見える。
2014-1-19-4.jpg

八景島方面。
2014-1-19-5.jpg

坂道の斜面には、かつての防空壕跡と思われる穴が開いている。
2014-1-19-6.jpg

2014-1-19-7.jpg

2014-1-19-8.jpg

2014-1-19-9.jpg

中には何もなし。
2014-1-19-10.jpg

柴町の中心付近。
2014-1-19-11.jpg

漁村の面影を残すのはここだけ。
八景島が近いだけに、海の傍の住宅街というのが「売り」のマンションや住宅だらけである。
2014-1-19-12.jpg

柴漁港。
2014-1-19-13.jpg

2014-1-19-14.jpg

以前にはなかったが、漁港に「どんぶりや」ができていた。
いつできたんだろうか。
これは、入らずに通り過ぎるわけにはいかない。
2014-1-19-15.jpg

メニュー(写りが悪くよく見えずにすみません)
2014-1-19-16.jpg

入った時は、ほどよい込み具合だったが、その後どっと客が押しかけてきて長い行列ができた。
2014-1-19-17.jpg

妻は「天丼」1300円。
2014-1-19-18.jpg

私は「天ぷらうどん」800円。
やや高いが、ボリュームが多く味もよく、申し分無し。
2014-1-19-19.jpg

こんなに漁船があるんだ、と妙なことに感心。
というのも、この辺の状況はシーパラダイスを中心とした観光地。
そしてその先は横須賀方面も反対側の磯子方面も工場街。
「漁」をする雰囲気はあまりない。
2014-1-19-20.jpg

土日の13時半から魚の直売もやっているとのことである。
まだ一度も行ったことがないので、今度行ってみたい。
2014-1-19-21.jpg


実は本当の目的は、柴漁港の先にある「海の公園」の「どんど焼き」。
今年も正月飾りを持って妻と行ってきた。
2014-1-19-22.jpg

「どんど焼き」は毎年ネタにしているので、今回はネタにせずここで終了。
2014-1-19-23.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:横浜名所
12月25日のクリスマスのみなとみらい地区の風景。

先ずは、ワールドポーターズ方面から撮影を開始したが、この近辺にいた頃は日没していたものの空がまだ若干明るかった。
2013-12-25-1.jpg

2013-12-25-2.jpg

2013-12-25-3.jpg

2013-12-25-4.jpg

2013-12-25-5.jpg

クリスマスということで、当然ながら若いカップルが溢れていたが、意外と60代以上の熟年カップルも健闘していた。
熟年カップルの和やかな姿を見るのもいいものである。
来年は、妻と来てみようかな。

そして、中高年カメラマンの放列。
機材も高価なものばかり。
2013-12-25-6.jpg

船にも電飾。
2013-12-25-7.jpg

2013-12-25-8.jpg

逆さランドマークタワーを撮るつもりだったが。
2013-12-25-9.jpg

2013-12-25-10.jpg

2013-12-25-11.jpg

2013-12-25-12.jpg

2013-12-25-13.jpg

2013-12-25-14.jpg

遊園地からは歓声が上がっていた。
ジェットコースターは順番待ちの行列。
並んで待っていてもカップルには寒くはなかろう。
2013-12-25-15.jpg

2013-12-25-16.jpg

2013-12-25-20.jpg

クイーンズスクウェアあたり。
2013-12-25-17.jpg

2013-12-25-18.jpg

「人間ジュースボックス」
段ボールの中に人が入っていて、お金を入れるとトランペットを演奏してくれるというもの。
選べる曲目は、紙に書いてある。
しばらく様子を見ていたが、通る人は気味が悪いようで遠巻きに見るだけ。
金を入れた人は全くいなかった。
2013-12-25-19.jpg

ドックヤードガーデンあたり。
いつもの大道芸をやっていたが、私には寒くて長居はしていられなかった。
2013-12-25-21.jpg

桜木町駅前方面から。
2013-12-25-22.jpg

この後私はクリスマスとは全く無縁のおやじの殿堂、狭くて汚いが、安くて旨い「野毛」の居酒屋で忘年会。
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ