FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:独り言
稀勢の里が引退した。

あの成績ではやむを得ないところ。

私は、特に若い頃の稀勢の里は、ふてぶてしい面構えが北の海に似ていると思っていた。

ところがそのふてぶてしさが消えて、ちょっと落ち着きのないバタバタした相撲になっていた。

あまり記憶はないが、北の湖も引退直前は、そんな感じであったような気もする。

勝てないということは、自信を失わせてしまうのだろう。




稀勢の里が横綱になったきっかけは、「菊の狂い咲き」と言われた琴奨菊の優勝がある。

それまで、日本人の優勝が長いことなかったし、もはや日本人力士では優勝できないという雰囲気があったのをうち破った功績は大きい。

その後に豪栄道、そして稀勢の里と続いた。

琴奨菊の優勝は「日本出身力士10年ぶり」という見出しで報道された。 

この間、旭天鵬が優勝していたのだが、既に日本国籍は取得していたもののモンゴル出身ということで、「日本出身力士」という厳密な言葉が用いられることとなったようだ。

この琴奨菊優勝騒ぎの時、旭天鵬がインタビューされて「俺も日本人なんだけど」と答えて笑い取った。





それで、稀勢の里にもその「日本出身」という余計なプレッシャーがあったのではないかと思う。

モンゴル勢に勝たないといけない、モンゴル勢にはない品格を持たなければならない等と。

それが怪我を押しての出場になり、力士としての寿命を縮めたのではないかと思う。



マスコミは大坂なおみを日本人として扱っているが、それは国籍を基準としているよりは、日本人の血が入っていること、いわば「血統」を基準としているからなのだろうか。

と、いうよりも、相撲界特有の、というより相撲という国技を見ている観客、或いは相撲マスコミ特有の、「日本」へのこだわりなのだろうか。

確かに、他のスポーツでは、「日本出身選手」という言葉は聞かない。

「いや、相撲はスポーツではない」という人もいて、これを論ずるとまた長くなるので省略。



私がファンの鶴竜は帰化申請中で、もう直ぐ日本国籍を取得するらしい。

白鵬も帰化するという報道もある。



相撲界も「日本出身」なんていうことに、拘らなくてもいいんじゃないかと思う。

それよりも、個々の力士の相撲の内容である。

単なる勝ち負けではなく、「ああ面白かった、力が入った」という相撲がみたい。

相撲界の今後の繁栄を考えれば、そっち方が重要だと思うのだが。





スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:独り言
12月24日の今朝、家の前で道路の掃除をしていたところ、小学生三人が大声で話をしながら通り過ぎていった。


A:サンタさんはお母さんなんじゃないの?

B:違うよ。だってお母さんは25,000円もするものは絶対買わないし。ケチなんだ。

C:じゃあ、お父さんなんじゃないの?

B:うちはお父さんいない。だから本当にサンタさんかもしれない。



私が聞いたのは、これだけである。

推測するにクリスマスプレゼントをもらったけれども、もサンタさんはいるのか、誰なのか、ということらしい。

「お父さんがいない」というのは、単身赴任で不在なのか、離婚したのか、亡くなったのかはよくわからない。

が、シングルマザーであれば、いやシングルマザーでなくとも、小学生へのプレゼントとしては25,000円もするものは高すぎる感はある。



とすれば、サンタさんがプレゼントしたという推理に説得力がある。

なかなか論理的であるとは思うものの、聞いていて思わず笑ってしまった。






大分前のことになるが友人のIさんも、飲んでいた時同じようなことを言っていた。

こちらは、高校生の娘さんが、年の離れた弟に話していたという。

「今日サンタさんが来るから一晩中起きて待っていようか」と、真剣に言っていたという。

結局、眠ってしまい、翌朝、弟と慌ててあちらこちらプレゼントを探し回っていたらしい。



「高校生になってもまだサンタさんを信じているんだよ」とIさん。



信心不足の私にもサンタさんに来てほしいなあ。











| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:独り言
熊本の地震の模様をテレビで見ていると、どうにも気持ちが憂鬱になってしまう。

天災は忘れたころにやって来るというが、地震、津波、洪水、噴火、山崩れ・・・忘れる前に次から次とやってくる。

まさに災害大国。

といっても、他に行くところもない。




明日は我が身だろうとつくづく思う。

だからといって、防災グッズを準備していること、地震保険に加入していること、家族と落ち合う場所は近所の町内会館と決めていること、ぐらいで、他にはこれといった対策を施しているわけではない。

水や食料も備蓄していた時期はあったが、置き場所にも困るし、常に更新していないと古くなって使用出来なくなってしまうので、結局やめてしまった。

はてさて、どうしたらいいのやら。




倒壊している建物を映像で見ていると、やはり伝統的な工法で建築された古い建物が多いようで、最近建築された建物の損傷は小さいように見受けられる。

鉄筋コンクリート造でも、宇土市役所のように耐震性の脆弱な建物はやはりダメなようだ。

我が家は23年前の大手メーカー製なので多少は持つだろうが、職場の建物は耐震性に問題ありと診断を受けているものの、何の手立ても講じられていない。





それにしても、今回の映像はドローンによって撮影されたものが多く、なかなか鮮明であり迫力がある。

山が崩れた様子や熊本城の様子、そして倒壊した家屋など。

それだけに、被災者の痛ましさも増す。




余震はまだまだ続いているが、徐々に終息に向かいつつあるようでもある。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方の一日も早い復興をお祈りいたします。





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:独り言
すっかり時期遅れの話しだが、相撲のことを書いておきたい。

このところよくテレビで大相撲を見るようになったが、その理由は妻が一緒に見るようになったことが大きい。

以前は「なんでこんなものが面白いのかわからない」と言っていた妻だが、最近は結構面白そうに見ている。

年とともに面白さかを理解してきたのか、単にあきらめたのか、その辺は不明である。




書きたいことは、白鵬についてである。

三月場所、千秋楽の結びの一番、立ち合いの変化で勝負が決まり、白鵬の優勝となったが、観客席から大ブーイング起きた。

観客は単に勝ち負けを見に来ているわけではない。

力のこもった、迫力のある、手に汗握る、ハラハラドキドキの、そういう勝負を見るために高い入場料を払っているのである。

観客が会場を後にするとき「今日は面白かったなー」と、興奮しながら話をするという、そういう光景こそが望ましい。

それが今回はブーイングである。





勝つためは、ルールの範囲内ならどのような手段を講じてもよい、というのはアマチュアやサッカーのワールドカップの様な場合なら良いと思う。

繰り返し試合を行うプロはそうはいかない。

観客あっての競技ある。

大相撲は、国技とか、神事とか言っているが、実態は立派な「興業」である。

従って、相撲協会が「公益財団法人」というのには納得がいかないが、それについては本筋とは関係ないのでやめておく。


立ち合いの変化も、勝負の決まった後のダメ押しも、時と場合によっては大いに称賛を受ける場合もあり得るが、それをやる人によって是非が分かれる。

「興業」ならではの微妙なルールである。

いずれにしろ、観客が喜ぶものを見せられなければ、観客は金を払うことをやめるので、衰退するしかない。

白鵬のみならず、相撲関係者はまずこのことを自覚すべきと思う。





これを踏まえても白鵬は今回のことに納得がいかないであろう。

白鵬はこう思っているのではないか。

「俺が日本人だったらこれほどのブーイングが起きただろうか」、「どんなに頑張っても、日本に帰化しても、日本人と同じ待遇はしてもらえない。」


一月場所に琴奨菊が優勝し、大いに盛り上がった。

その時の十四日目、十五日目の白鵬の相撲は、あまりにもやる気が無いように見えた。

「日本人が優勝するとなるとこれほど盛り上がるのか、俺が何度優勝してもこんに盛り上がったことがあるか」、と白鵬は思ったに違いない。

それが白鵬にやる気を失わさせた原因ではないか。




白鵬は優勝回数だけではなく、八百長問題で相撲協会が大揺れした時も一人横綱として奮闘したし、角界の第一人者としての功績は極めて大きい。

大横綱と呼ばれた人は他にもいたが、これほどの功績をあげた横綱は、他にはいないのではないか。

それでも最後は「モンゴル人」としての評価しか得られない。



白鵬は、相撲が好きだし、日本が好きだ。

でもどんなに奮闘努力しても、最後は「日本人」という見えない壁にぶつかってしまう。

白鵬の悲しさはここにあるように思う。




以上が、この二場所を見ての私の感想です。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:独り言
先日、朝のテレビニュースで「スマホの普及率が28%」と言っていた。

これには、驚いた。

もう7割ぐらいになっているかと思っていた。



車の中では、男も女も、老いも若きも、皆一様にうつむいてスマホ、スマホ、スマホである。

覗いてみると、ゲームをやっている人が多い。

電車の中で、新聞、雑誌を読んでいる人は、極々少数。

昔は、読んだ新聞や雑誌を網棚にポンと捨てる人は多かった。

そしてそれを拾って読む、いわば回し読みもよく見る光景であり、私もよくやった。

こういう風景は、携帯やスマホの登場でほぼ消えた。




新聞、雑誌は売れていないだろうと思う。

私も、若いころは毎日のように帰宅途中で、東京スポーツや日刊ゲンダイを駅の売店で買っていた。

今は全く買うことも、売店に置かれている新聞の見出しをチェックすることもなくなった。





8月頃のことだったか、友人のIさんからメールが来た。

「スマホにしたので電話番号とメアドが変わった」というメールであった。

これには、少なからずショックを受けた。

何せ「まだまだ我々はガラケーで行こう」と誓い合っていたのに。




またある時、別の友人と飲んだ時、コンコンとこんなことを言われた。

「我々は、スマホほ持たなきゃいけないんだよ。

3.11の時のような大災害があれば、メンバーの安否確認や被災状況の確認をしなきゃならない。

そんな時、いちいち電話して誰それ無事です、とか伝言ゲームみたいなことやってられないだろう。

メンバーが3~4人ならまだしも、50人とか100人とかになったらどうすんだよ。

A地点が大変だから、近くのB地点に行っているCに応援に行け、という指示が出されたとすると、それが、ラインだと同時にメンバー全員にもれなく情報が伝わるんだよ。

そういう情報が共有化されると、指示がなくとも動けるやつは自発的に動くだろう。」





全くそのとおりだなあ、反論の余地はないなあ、と思いつつ聞いてみた。

「職場の若い女性ともラインで繋がっているの? 嫌がられてない?」




彼の答えは「うん。嫌がられるなー。えーー? 何でそんなことしなきゃならないの?、っていう雰囲気だなあ。」とのことであった。



そして彼はこうも言っていた。

「もう俺たちは年なんだから、意識して新しいことにチャレンジしないと何もやらなくなってしまう。
今やらなかったら一生やらなくなるぞ。いつやるの?ってやつだよ」




全くそのとおりである。

でも、私はまだまだスマホに変更する予定はない。

携帯でさえしょっちゅう家に置き忘れるぐらいだし、それでも不自由ないし。






いや、やっぱりそろそろかな。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ