FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:ガーデニング
昨年の秋ごろ、猫の額以下の小さな庭に、暇つぶしに野菜の種を撒いた。

多少の肥料と水をやったのみで、ほとんど手入れもしていないが、どんどん育ってくる。

何度も間引いてはみそ汁の具にした。

こちらは赤かぶ。サラダでは固くてダメだった。
IMG_3428.jpg

こちらの春菊は、今日は夕食のすき焼きのお供になる。
IMG_3429 (1)

何度間引いてもどんどん大きくなってくるし大した生命力である。

老後はやることがないし、庭の芝生をはがして畑にするかと考えている。

ただ芝生の生命力は侮れないし、相当の労力を要する。

やるなら体力のあるうちか。









スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
今年の我が家の庭は、レモンが豊作である。

かつては、毎年生っていたが、この数年全く生らなくなっていた。

剪定をしたり肥料をやったりということを全くしてないのだから、道理ではある。

収奪ばかりでは、レモンの木も反乱したくなるというもの。

2021-1-31-1.jpg

2021-1-13-2.jpg

レモンの利用法は、毎日蜂蜜にレモンを絞ってお湯割りのホットレモネードで飲んでいる。


テレビの健康番組で高血圧にレモンが効果があるとやっていた。

ウォーキング開始以来右肩下がりに下がって正常範囲になっていた血圧が、この2年間反転急上昇中で危険水域になってきた。

レモンの効果にあやかりたい。

そのためには、レモンの木の手入れ、施肥もこれからきちんと行っていくしかない。

このガーデニングの方が効果があるか。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
この6、7年、毎年2つ程蜂の巣駆除をしてきた。

今年も7月初旬に、門のそばの南天の木の陰にあったアシナガバチの巣を駆除した。

その翌週、駆除したばかりなのに門のそばにまた蜂が飛んでいたのでよく見ると、今度はアロエの奥に巣があった。

このアロエは、大きい植木鉢に植えてあり、門の外に置きっぱなしである。

植木鉢なので水をやらないといけないので、水をかけるとブアーンと大量に出てきて周辺を威嚇した。

これはまた駆除しなければいけないな、と思うも蜂用のスプレーが無いので後日にすることにした。





毎日、門を出入りするたびに、蜂の巣の様子を見ながら今度の土日は駆除するか、と思いつつ横着で一か月以上放置。

ただ毎日覗いて見ているうちに、一生懸命働く蜂の姿になんとなく親近感が湧いてくる。

秋になればどこかに行ってしまうから、駆除するのはやめておこうかと、つい思ってしまう。

とはいえ、ここは保育園児の散歩コースにもなっており、子どもは何をするかわからないし、それで蜂に刺されたら可哀そうである。




昨日、いよいよ駆除しようかとスプレーを持って、アロエの奥を覗いて見ると、巣はあるものの蜂が居ない。

まだ秋には早いしどうしたことか。

思い当たる節としては、鉢植えのアロエなので水やりは週一でやっていた。

その度に蜂は怒って出てきたが、刺されることは無かった。

蜂は、毎週水をかけられて、ここには住めないと出てってしまったか。

こういう駆除の方法もあるのかと自分で感心してしまった。



まだ蜂が居たころの写真。
2020-8-31.jpg



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
ようやく長い梅雨が明けたので、久しぶりに庭の芝刈りに取り掛かった。

前回に芝刈りしたのは、梅雨入り前の6月初めだと思うから二か月振り。

朝9時から始めたものの暑い。

芝というより雑草が多い。
2020-8-8-1.jpg

刈り終わった所はこんな感じ。
2020-8-8-2.jpg

庭に花桃の木が植えてあるが、花桃というだけに実がならないのかと思って植えたのだが毎年実がなる。

小さくて固いし人間には食べられないが、毎年何かが来て食い荒らしていく。

鳥かもしれないが、最近庭でやたらとタイワンリスを見かけるので、タイワンリスかもしれない。
2020-8-8-3.jpg

ほんの小さい庭の芝刈りなので、遊び半分でやっても1時間もあれば終わるが、汗びっしょりでフラフラ。



暑さを凌ぐには、麦わら帽子が最適であるが、最近あまり見かけない。

庭仕事にはいいが、これを被ってウォーキングしている人は皆無。
2020-8-8-4.jpg



そういえば、私が小さい頃、両親は菅笠をかぶって農作業をしていた。

それが父はいつごろからか麦わら帽子に変わった。

母も麦わら帽子を被っていたような気はするが、確実なのは「ふたすじ手ぬぐい」を被っていたことである。

「ふたすじ手ぬぐい」を我が子ども達に説明するのはちょっと難しい。

写真でも見せれば、「イスラム教の女性?」とか、言い出しかねない。

やはり、「ふたすじ手ぬぐい」も暑さに効果があったのだろう。



お盆が近づくと、ふといろんなことを思い出す。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ガーデニング
あまりの手入れの悪さに草ぼうぼうの芝生。

仕方なくこの日は今年二回目の芝刈り。

やり始めてすぐに嫌になってしまった。

それは、野良猫のフンを芝刈り機に巻き込んでしまい、その匂いがとんでもなく臭かったから。

我が家の周辺には、常時二匹の野良猫が徘徊している。

あまりに堂々として人を恐れないうえに太っているから、野良ではないかもしれない。

2019-6-9-1.jpg

いやいやながらやったが一応芝刈り終了。

芝刈り機は洗っても匂いはなかなか消えない。






義父が持ってきたユリも何の手入れもしていないが、今年も良く咲いた。

2019-6-9-2.jpg
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ