プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:転居
引越しネタは、そろそろこれで最後にしたい。

私の人生の中で、もうこれ以上引越しすることはないかも知れないし、記憶はドンドン薄れていくので、これまでの6度引越しをまとめおくことにした。

最初の引越しは、大学生活のために実家を出たときである。

会津若松駅のホームで母に泣かれたのが、今でも忘れられない。
母は、「もう帰ってこないだろうな」とホームで泣きながら言ったのだか、ホントにそうなってしまった。

一方その時私は、結構気楽な気分であり、親の心子知らず、という典型的な状況であった。


①三畳一間の下宿
実家を出て初めて生活をしたのは、三畳一間の下宿であった。

ふとんを敷くと部屋が一杯になってしまう。
当然風呂はないし、トイレは何と汲み取り式であった。

大家さんだか管理人さんだかわからなかったが、祖母と同じぐらいの年齢の女性が住んでおり、私が高熱を出し寝込んだときなど大変親切にしてくれた。

最初は一人暮らしの喜びで、この下宿に何の苦も無かった。

当時実家もボロであり、多少のことには動じなかったが、この下宿は廊下が湿気で抜けそうだったりと、建物があまりにオンボロなことと、やっぱり狭さに耐えかねたことから、やむなく一年半ほどで引っ越した。

この下宿は、グーグルの航空写真で見ると現在では更地になっている。


②四畳半の下宿
ここへの引越しは、リヤカーを借りて行った。距離にして2~3キロメートルぐらいか。

トイレは水洗で、風呂はなかったが、建物は比較的新しかった。

就職先には、寮があったのだが、地方から出てきたものを優先するとし、私の場合は学生時代から横浜に居るので、土地勘があるだろうから自分で住むところを探せと、入寮を拒まれてしまった。

就職してからも、銭湯に行ったのは2~3日に一回であったと思う。
今では朝晩入ってるの当たり前であるが、実は今でも3日ぐらい入らなくても平気である。

しかし、夏は暑かった。
窓が一つしかなく風が抜けない。
畳は焼けて熱くなっているし、到底ふとんでは寝られず、タオルケットのみ敷いて裸でねていた。
熱くて寝られず、悶々とし、夏場はいつもげっそりとしてしまった。

電話もなかった。
特に職場からは、電話を引けと言われていたが、下宿であり無理であった。

学生の後輩もいて楽しかったし、引越しが面倒なこともあり学生の下宿に居つづけたが、大家から「就職したのだからそろそろ出てくれ」と言われ、仕方なく引越しをした。

結局、学生時代の大半と、就職してからの一年半ほど過ごした。


③木造2kアパート
四畳半と六畳に、台所と風呂が付いており、風呂は毎日入るようになった。

ここもボロだった。
強風が吹くとユラユラと揺れ、怖かった。
いつか潰れるだろうと思っていたが、グーグルの航空写真で見るとまだ残っている。

このアパートは、畑に隣接して建っており、風が吹くとすぐに砂埃が入ってくる。
夏場締め切って仕事に行くと、夜帰宅した際、熱くてとても居られない。

部屋の中に盗られる物もないので、仕方なく窓を少し開けていくのだが、すると床がジャリジャリになってしまい閉口したものである。

またある時、寝ようと布団に入ったら、強烈な痛みが首筋に走った。
よく見ると大きなムカデが布団に居た。
その後布団は点検してから寝るようになったのだが、数年後もう一度やられた。
畳の隙間にいた。

転勤で、2時間もかかるところへ何年も通勤もしたが、引越しが面倒なのでやっぱり居続けた。

隣室は、中華料理店を営むご夫婦が住んでおり、よく赤ちゃんが泣く声が聞こえていたのだが、いつままにか中学生になっていた。


あまりにもボロなので、このアパートは、友人からは「ゲゲゲ荘」と呼ばれていたが、ここには結局、結婚するまで十年以上住み続けた。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
○我が家はゴミ屋敷


引越しがほぼ決まってから、実際に引越しするまでの期間は1か月半ぐらいあった。
その間やったことといえば、ゴミ捨てであった。


子供の洋服、雑誌、本、おもちゃ、ビデオデッキ、掃除機、プリントごっこ、その他ガラクタが出で来る、出てくる。
我が家の押入れは、ドラえもんのポケット並みかとあきれるほど奥から出で来た。

家の外にも壊れた自転車、なべ、釜、剪定ばさみ、植木鉢、プランターのたぐいが、、、。

ゴミはいつでも捨てられるわけではなく、分別して決められた日に出さなくてはならない。
特に粗大ゴミは、予約しないといけない。

妻曰く、そのうち使うかもしれないし。もったいないし。
出そう出そうとは思っていたけれど、、、なかなかねぇ~、、、、。


近所迷惑になるので、小出しにはしたが、最後はドーンと捨てるしかなかった。

その量は、トータルでトラック一台ほどあったのではないか。
旧宅から新宅に持っていった荷物がトラック二台分であったので、旧宅の荷物の三分の一はゴミであったことになる。

まさに、ゴミ屋敷である。

しかし、ゴミは新宅に持ち込まれたものもある。

私が独身に別れを告げて結婚した際、引越しするときに詰めたダンボール箱が、その後一度も空けられずに、現在の新居まで持ち込まれてしまった。

中身は本、写真の類である。怪しいものはない。

少しずつ捨てるから、と妻にには言っている。
が、いつのことになるやら


新居も、直ぐにゴミ屋敷となるのは間違いない。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
引越ししたのは、3月24日でした。
そう、WBCの決勝戦の日です。


前日の荷造りは、遅々として進まず結局夜12時近くまでかかってしまった。
十分な準備期間はあったが、なかなか進まず。
結局直前になって慌ててやる始末。
疲れた。

当日は、朝8時から引越し開始。

引越し屋さんは4名来たが、その中の一人は若い女性。
女子大生のバイトか?

屈強なお兄さん方が来ることを予想していたのだが、ものの見事にはずれた。

しかし、手馴れたものでトラックで2回往復して、午前中に終了。

そして、私は、段ボール箱を開く前に、テレビをセットし、WBCの決勝戦に一人見入ってしまった。

ということで、片付けもなかなか進まず。
今でも、開封していない段ボール箱が、納戸に積んである状態。



3週間近くたち、新居での生活にもようやく慣れてきた。

前所有者のTさんは、植物好きであった。
建物の引渡しの日に、室内に置かれた観葉植物を貰って欲しそうにしていた。

私も、いくつか観葉植物を室内に置いていた時期もあったが、虫が出た、とかで妻は少しずつ捨ててしまった。

今回も、妻はいらない、とTさんに言ったのだが、私は貰うことにした。

以下の写真は、Tさんが置いていった観葉植物の数々。
大小、あきれるほどにある。

子供たちは、この植物に全て名前をつけて水遣りをして可愛がっている。

こうなっては妻も、虫が出たとしても捨てるわけにはいかないだろう。
ただし、葉を切られてかなり小さくはなっている。


IMG_1682.jpg

IMG_1679.jpg

IMG_1678.jpg

IMG_1677.jpg

IMG_1669.jpg

IMG_1668.jpg

IMG_1667.jpg

IMG_1660.jpg

IMG_1684.jpg


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
○引越し日
住宅の売買契約日は1月26日であった。
売主への中間払い日は、息子の誕生日の2月13日であった。
(不動産屋によると通常はこのようなことはしないらしい、今回は売主の都合による)

残金精算日は、当初は3月2日であったが、私の仕事の都合により2月26日に前倒し。
引渡し日は、当初は娘の誕生日の3月16日であったが、残金精算日の関係で3月12日となった。

そして、引越し日は3月24日となった。
特に指定した訳ではないが、息子と娘の誕生日と重なり、なにかの縁を感じたりもした。

昨日今日とは、引越しの準備で、新居の大掃除をしてきた。
築15年ということで、結構汚れていた箇所もあったが、家族総出でやってきた。

傷んでいた箇所もあったが、素人ではどうにもならない。
資金もないので数年後に修繕することにした。

今度の3連休は現在の家の大掃除と箱詰め作業を行う予定である。
15



○引越し業者
引越し先が近所とはいえ、ピアノやら冷蔵庫やらがあるし、とにかく階段が多い。
業者に頼むしかない。

ということで、引越し日が決まったので、大手の引越し業者6社に見積もりを依頼した。

ところがである。

こんな不況なのに、忙しいとか、もう少し後でとか、ていよく3社から断られてしまった。
えええ~~~??? ていう感じ。

我が家はそんなに儲からないところか。

残りの3社から見積もりに来てもらったが、約10万円づつ金額が違う。
なんでこんなに違うの?  と疑問がわく。、

ネット情報では、最高値と最安値をはずした真ん中ぐらいのところがよい、とされていたが、不安を持ちつつも最安値のところにお願いした。




○携帯電話番号
携帯を持って10年になるが、全く電話番号を覚えられない。
これまで番号を聞かれた場合、携帯の画面を見ながら答えていた。

こういうことが老化なのかと、内心ではがっかりしていた。

今回の家の購入の件で、金融機関やら不動産屋から、携帯の電話番号を尋ねられて、ハタと困った。

困ったら、たちどころに覚えられた。
なんということはない。

必要があれば覚えられた。
覚える気がなかったから覚えなかった、ということか。




○電話番号とインターネット
家の固定電話は、元々NTTであったが、現在はKDDIを利用している。

KDDIに引越しの連絡をしたら、電話番後もメールアドレスも変わるという。
たった3~4軒先に引越しするだけで、それはあんまりだ。

電話番号が変わるのは我慢できるが、インターネットの設定をまたやるは面倒くさい。
なんとかならないのか、と交渉すると、一つだけ手があるという。

一旦NTTに復帰しろ、というのである。
NTTならば、同一区内なら電話番号は同じだというのである。

そして、2~3週間後に再度KDDIと契約すると同じ電話番号になる、とこういう手段である。
なんとも腑に落ちない、割り切れない気もしたが、同意してしまった。

ただし、このやり方には欠点があって、インターネットが2~3週間使えないことである。



ということで、しばらくの間このブログも休止せざるを得ません。
今度記事をアップするのは、新居で、4月の中旬頃の予定です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:転居
○私の事情
我が家は、借家である。
家主が古くからの知人であり、隣に住んでいることから、勝手に好きな木を植えたり、まさしく我が家同然にして住んでいる。
海が見えるなど眺望がよいことも気に入っており、新築当初からこの家を借り、もう十年以上ここに住んでいる。

このままずっとここに住み続けてもよいとも思っていた。


ただ難点は、狭いことであった。


娘が年頃になり自分の部屋が欲しいと言い出し始めた。
息子が言い出すのも、時間の問題ではあった。

娘は私立の学校なので、引越し先はある程度広い範囲を想定できるが、息子は転校しない範囲でないといけない。
息子に言わせると、友達がいるので現在地から半径200mぐらいの範囲内、この地域内でなければならないという。

ということで、息子が中学入学する時が、引越しの時期だから、それまで待て、と娘には言っていた。
現在四年生なので、あと二年後。

3軒先のTさん宅が売りに出ていたのは以前から知っていた。1年ほど前から、新聞のチラシに広告が出はじめていた。
我が家でも話題になって、ここならいいね、いう話にはなるのだが、いかんせん値段が高すぎて手が出ない。

買い手が付かないと見えて、徐々に金額は下がってきたが、それでも私の収入では、到底買える値段ではなかった。

それが、先週は突然下がった。一年前の半額近い値段である。

それも半径200mどころか、20~30mしか離れていない。


私が衝動買いに走ったとしても仕方がないところだろう。


○Tさんの事情
以下はTさんから聞いた話である。

Tさんは、娘さん二人は既に結婚、仕事もとうに退職し、悠々自適の身である。
奥さんともども関西の出身であり、関西地盤の金融機関に就職し、転勤で関東地方に来て30数年になるという。


年を取るとやっぱり故郷に帰りたくなる。


ということから、現在の家を売り払い、関西に戻ろうとしたが、なかなか家が売れない。
値段を下げても売れない。そうこうしている間に時間が経過してしまった。

新しい住まいの購入契約をしたが、現在の家が売れないと資金が調達できない。
そこで思い切って値段を下げたという。

私と契約している際も、不動産屋から契約の進行状況の問い合わせがあった。

ヒヤヒヤものだった、と言われていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中古ではあるが、この年にして初めての不動産所有である。
また、「家を建てる」という男の事業は、もはや実現はしそうにない。

結婚するのも遅かったが、自分の家を買うのも遅かった。
早い人は、どちらも20代で達成してしまう。


だけどノンビリ行くのも悪いことではないと思う。

これで、6回目の引越し。やっばりこれだけは面倒だなぁ。


7回目の引越しは、私もTさんと同じように故郷に帰る時かな?

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ