プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:気になるニュース
本来、列車の発車時間や乗り場を伝える駅の電光掲示板に、どういうわけか「喜多方ラーメン」と表示されたそうである。

参照はこちら

「福島県会津若松市のJR会津若松駅で18日、列車の発車時間や乗り場を伝える電光掲示板に「喜多方ラーメン」と誤表示された。同駅では「原因がわからない」としている。」

「JRによると、誤表示が確認されたのは午後3時過ぎ。国鉄時代に作られた特急車両485系がこの日、「特急あいづ」として最終運行した際、同駅からの発車を示す掲示に「サヨナラ 485系」という内容が記されるはずだった。だが、当日になって「喜多方ラーメン 15:25 郡山 1(番線)」と約30分間、表示されたという。」

「本来の表示は前日までに駅員が打ち込んでおり、ミスでないことは確認したという。「駅員のミスとは考えられない」としている。」





なかなか平和でいいニュースである。

この表示に気が付いた人も素晴らしいし、これをニュースとして取り上げた新聞記者も素晴らしい。

ただし、両者とも鉄道オタの匂いがする。





それにしても「駅員のミスとは考えられない」とのことであるが、誰かがいたずらでやったのであろうか。

私はそのうち「会津鶴ヶ城」とかの表示も出てくるのではないかと思っている。

つまりは、ヤラセだと思っている。

駅の電光掲示板を利用した新たな宣伝方策ではないか、と勘繰っている。


第三者によるいたずらと考えるよりも、こっちの方が面白い。




いっそのこと、駅名を変更したらどうか。

千葉県の銚子鉄道がやっているネーミングライツを使って駅名を変えているあのやり方である。
​銚子鉄道はこちらを参照

無難なところでは、喜多方駅は「喜多方ラーメン駅」、会津若松駅は「会津白虎隊駅」とか。

JRさん、如何でしょうか。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
時々日経ビジネスオンラインを読んでいる。

先週読んだ記事の中にとても興味深い記事があった。こちら→日経BOL 女子大生は父のため「300円生活」を選んだ

そして記事の冒頭に「親として、この実話をどう感じ、どんな言葉をかけてあげるべきか。コメント欄にぜひ、感想やアドバイスをお願いしたい。」とある。

記事は登録しないと読めないので、勝手に要約させてもらう。

**********************************************************
私は、九州の私立大学2年生の女子大生。家族は、父(農業)と母(勤め人)、祖父母、大学生の兄1人。

大学進学後、大学院に進みたいと考えており、その学費のために毎月4万円貯金。

計画通り行けば、4年間で貯まる金額は192万円。現在の貯金額は、約72万円で大学院2年間の授業料代は約100万円なので貯金で残る分は、奨学金返済に充てたい。


そもそも大学進学は金銭的に厳しく、奨学金を利用しないといけない状況であったが、月額6万円の奨学金を受けるつもりだったが父が拒否、必要以上の額である月額10万円にされ、さらに入学前奨学金50万円も申請。

後日、50万円は兄の授業料に使う、そして毎月3万を父親に送れ、とのことで、父の小遣いとなることが判明。



父の小遣いの使い道は、全てギャンブル。これまでもギャンブルで負けたらお金がないと騒ぎ、母や祖父母からお金を集めたりしていた。母の金も父が管理。

いいところも、悪いところも知っているため、「父親に変わってもらおう」とは思わない。家計全体としてカバーできるように、私が頑張ろうと思った。

今年成人式を迎えるために父親と一緒に着物屋に行ったが、「おいが払うから自分の気に入ったのを選べ」と言っておきながら帰りの車の中で「振袖代13万、おいは知らんからな。お前あるんだろ?払っとけよ。」との父の理不尽な言動も受け入れた。



アルバイトは、かつて父に知られ、頻繁にお金を要求されるようになってしまった痛い経験があるし、院への進学を目指す以上、1日に2時間以上は勉強が必要でもあり時間があれば勉強に充てたいので、アルバイトはしない。

そこで、月4万円貯金するには、食費や衣料、雑費を減らすしかないので、月の食費を1万円以下に、1日300円に抑えることとした。


朝は1枚約10円の食パン、昼はスーパーで纏め買いした80円のカップラーメン、晩 カツカレー。 そして週に一回ご褒美にコンビニ1個149円の「じゃがりこ」を買う

土曜日の夜のお菓子が私とっては週で1番楽しみな日で、この日のために、節約してき
てよかった~と思える瞬間。

化粧品も友人が使わなくなったものをもらって使っている。さすがに化粧をしないという選択はできなかった。



私にとって、節約生活は苦しいというよりはむしろ、やりがいがあり、楽しさに繋がっている。

なぜ、節約を頑張っているのかというと、「臨床心理士」という資格をとる目的があるからで、「臨床心理士になりたい」と考えた理由も、やはり父にある。


父は、私が中学生の頃から「ギャンブル依存症」で精神科へ通っている。気が短く、心配性で他人と喧嘩もするが、全部が全部理不尽に怒っているのではなく、時には私を守るために怒ってくれることもある。

そんな父を幼いころから見てきた私の中には、「父の心情を理解したい」という思いがあり、そこから、「人の心について学びたい」と思うようになり、それを仕事にできる、臨床心理士の資格を取得したいと思った。


成人式の着物の費用を払ったときはちょっとため息が出たが、幸い、父親へ貯金のことはばれていない。4年間、自分で貯金したお金を自分への投資に使うことを忘れずに大学生活を全力で過ごしていくつもりです。
******************************************************


私も女子大生の親でもあり、これを読んで「うーん」と思うところがあったし、反響はかなりのもので、読者から100件以上のコメントが寄せられている。

数が多いのですべてをちゃんと読んでいないが、
今どきの女子大生にもこんな子がいるのか、
なんて親孝行なんだろう、
ぜひとも頑張って夢を実現させてほしい、

というようなものは極めて少ない。


大半は一定の同情はしつつも、

これは美談ではない、
心理学でいう「共依存」の状態、
すぐにでも父親から離れるべき、家族を捨てるべき、
臨床心理士はそれほど儲かる仕事ではないので進路を変更すべき、
結局は奨学金の返済が負担になり負の連鎖が起きる、
それにしても食生活が悲惨、それはこれまでの家庭生活に問題があったからか、
スーパーの方が安いのに なぜ「じゃがりこ」をコンビニで買うのか、
節約するにも自炊した方が安いし栄養もとれる、

というような意見が圧倒的に多い。



もはやこれに付け加えるべき意見はない。

昭和の時代だったらやはり「美談」「親孝行」として評価されただろうが、今の時代はダメ親父に手を貸す行為として評価されることはないし、それが当然のことと思う。

寄せられた多数意見と同じように、私もやはり彼女には危うさを感じる。

学生のバイト代にたかる父親なら、無事に大学院を卒業し臨床心理士になった娘にたからないわけがない。


そして借金問題。

私自身、学生時代には奨学金を借りその後10年かかって返した経験があり、現在は住宅ローンに苦しんでいる。

彼女は500万円以上の借金に対して恐怖感を持っていない。

まあそれが若さの特権という気もするが。




ただ気になるのは、祖父母や兄について語っていないことである。

自分の学費のために妹が奨学金を借りることに、兄としてどう思っているのか。

また、ダメ親父の両親である祖父母は、可愛い孫娘をどうして守ろうとしないのか。

この話は虚構ではないだろうが、どうにもこの辺が腑に落ちない。



結局、彼女はこの状態を望んでこうなった、と思える。

だからこそ、彼女の文章には、暗さが全く感じられないのかもしれない。

望んだことは大半が実現する。

ということは、無事に大学院を卒業し臨床心理士になるであろう。

是非そうなって欲しいと思う。

でもそこからが問題である。

本当に彼女が望んでいるものは何か?





さて、彼女にアドバスするとすれば何を言おうか。

皆さんならなんと言いますか。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
先月だったか、帰りの電車の中でスマホでニュースを読んでいたら、法務省の職員が親睦会で1人3000円を会費として出し合って賭け麻雀した、というのが出ていた。

国民に法を遵守させるべき法務省、それも刑務所の職員らしいが、法を守らないとは何事だ、ということなんだろうなとは思ったが、何とも言えない嫌な気分がした。



大の大人が親睦会で麻雀するのに金を賭けたとしても、非難されるべきことなのか、それも賭け金は3000円。

賭博はいけないことだが、程度の問題ではないのか。

こんなに大々的に報道されるべきものなのか。





老人ホームでは、コミュニケーションの促進やリハビリの一環として麻雀をやると効果がある、というニュースも見た。

ただ、施設内でのみ使える貨幣を賭けると一層効果的らしい。

この辺に何か人間の本質があるような気もする。






ところで、プロ野球選手の賭博行為の問題はどうなったんだろうか。

一時はかなり騒いだのに、最近はすっかり報道が無くなった。

こっち方がよほど問題だろうに、さっさと幕引きされてしまった。

たどりたどれば、いずれ反社会勢力に行き着くはずである。

でも、それには触れてはいけないかのようにして、何となくお終いとなった。

不思議なことである。






賭け事といえばもう一つ。

この数年、大変危惧していることがある。

それは、カジノ構想である。

地域の活性化のために、経済の復興のために、海外からの客を増やすために、ということらしい。

カジノの周辺には、ホテルや劇場、ショッピングモールを集める計画なのだそうだ。

美男美女を集め薄っぺらいオシャレさを演出するさまが目に浮かぶ。

全国各地で候補地に名乗りを上げており、この横浜もまた手を挙げている。




カジノができたら、どれ程不幸な人が出るだろうか。

おまけにカジノの運営ノウハウを持っている最大の処はアメリカと中国と思われる。

結局はコンセッション契約などで、利益のかなりの部分が流出するのではなかろうか。



3000円の賭け麻雀のような小さな悪を咎めるよりも、巨悪を咎めずにどうするのか。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
北の湖理事長が62才で逝った。


13才で角界に入門したというから、相撲人生は約50年になる。

今どきの言い方をすれば、小学校卒業後に就職したことになり、何ともブラックな業界というか、児童福祉に反したとんでもない世界というか。

それだけ素質を見込まれていたとも言えるが、実際に大横綱になった。

そして、引退後は理事長まで上り詰めたわけで、常にトップを走り続けた稀有な存在ではある。





子供の頃はよくテレビで相撲を見た。

それが高校生の頃からは次第に関心がなくなり、暇な学生時代は多少は見た気がするが、就職後はほとんど見なくなった。

まだ多少なりとも相撲に関心のあった高校生の頃が、いわゆる「輪湖時代」であった。

その頃は考えてもみなかったが、テレビで見ていた高校生の私と相撲をとっていた北の湖は、それほどの年の差はなかったわけで、なんとも不思議な感じがする。




この輪湖対決の私の印象は、二人の全盛時代が少しずれており、最初は輪島の方が圧倒的に強かったが、輪島の衰えとともに北の湖が台頭し、後半は北の湖が圧倒した、というものである。

輪島は北の湖より5才上である。




13才で角界に入門した北の湖に対し、日大から学生横綱として鳴り物入りで角界に入った輪島。

引退後も理事長としてトップを走り続けた北の海に対し、親方株問題で角界を追放されプロレスラーとしてもバッとしなかった輪島。

なんとも対照的な二人である。

その輪島の談話が新聞に載っていたが、今は下咽頭がんで話せず奥さんが唇の動きを読んで代わって話したという。




そしてこの時代に忘れられないもう一人は、初代の貴乃花である。

貴乃花が千秋楽で北の湖を破って初優勝し、大量の座布団が舞ったあの光景は、未だに忘れられない。





北の海は、今場所も場所に来ていて仕事をし、白鳳の猫だましに苦言を呈していた。

倒れて二日目に亡くなったというが、死に方としては何とも素晴らしい死に方であったと思う。

まさに相撲に捧げた人生であったといっても過言ではない。

心からご冥福をお祈りいたします。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:気になるニュース
AFPの「徒歩通勤33キロの男性救済募金に2000万円超、米国」という記事を読んで、つい「???」と思ってしまった。

AFPニュース

ざっくりと要約すると以下のとおりである。

○ミシガン州デトロイトのある男性は、使用していた自動車が壊れて以来、10年以上職場までの33キロを毎日歩いて通勤している。

○彼は、時給10ドル55セント(約1240円)で働いており、新車を買うことができない。

○これを知ったある学生が、クラウドファンディングを通じて8000人以上の人達から、20万ドル(約2350万円)以上の募金を集めた。






まず、「職場までの33キロ」というのが気になる。

この表現では「片道33キロ」とも受け取れるが、よもやそれはないだろう。

というのも、33キロは時速5キロで歩いても片道6時間半要するため、往復では13時間を越えてしまうので、8時間寝れば働く時間が無くなってしまう。

従って、これは往復で33キロと解釈するのが妥当と思われる。
それでも片道16.5キロもある。
それを3時間以上かけて毎日通勤する。
なんて健康的なのであろうか。



私のアメリカ人へのイメージは、大量の飲食によるデブという概念を超えたデブが多い、というものである。

が、大勢の人の好意がかえって仇になってしまうのではないか、今までの健康的な生活をだめにしてしまうのではないか、と懸念する。


そして、「飢えた人には魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という老子の話があるが、その趣旨からしてもこの寄付というのはアメリカらしい話ではあるものの疑問が残る。

車はいずれ壊れるし、もっとよい就職先を紹介するというのが、本当の親切かもしれない。


健康は2000万円でも買えない。
しかし、「これで車を買えよ」と、目の前に2000万円出されたら、誰でも喜んで貰ってしまうだろう。
私も間違い無く貰う。そして、車を買う。



それにしても、いくら時給が安くとも10年以上継続して働いているのであるから、自動車は無理でも自転車ぐらいは買えるのではないか。
アメリカでは、自転車なのは全く考慮の対象外なのか。




と、ここまで書いてきて、やっぱり片道33キロ歩いているのが正しいのかもしれないと思い直した。

だから、働く時間が短いので収入が少ない、とこういうことなんだろう。

だから車をプレゼントするからもっと働けということなのだろうか。

よくわからない。




アメリカの人は、困っている一人の人に大勢の人が援助するという、こういうのが好きなようでよくテレビで見る。

しかし、このようなことを拡大したのが福祉であると思うのだが、国として行う健康保険のような制度はあまり好きではないようである。

貧困で病院にも行けない人が大勢いるだろうに、こういうアメリカ人の価値観はよくわからない。






私の友人にも、職場まで毎日片道6キロ、往復12キロ歩いて通勤している人がいる。

彼は常々「歩くと発泡酒がビールの味になる。歩くのが酒をうまく飲むこつだ。」と言っていた。

先日、その友人と飲んだ時に彼がこんなことを言っていた。

「股関節を痛めてしまった。病院に行って診察をしてもらったら、医者から『歩き過ぎだよ、過ぎたるはなお及ばざるが如し、だ』と言われた。それで今はバスで通勤しているから酒が旨くない.。」

なかなか難しいものである。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ