プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:スポーツニュース
今年の甲子園出場校も出そろってきた。

毎年、「ひょっとしたら」と期待している我が母校は、今年も早々に敗退。

一度でいいから甲子園出場する母校の姿を見てみたいものだが、夢のまた夢のようである。

可能性があるシナリオとすれば、天才的剛腕投手が入学し、獅子奮迅の働きをして出場、というぐらいしか考えられないが、「栴檀は双葉より芳し」で、そういう選手は中学生の頃から注目され、私立の強豪校に行ってしまう。

また、今年の神奈川県代表の東海大相模は、140キロ以上で投げる投手が4人もおり、決勝戦では今大会初先発の控え投手が20奪三振で快勝したが、このぐらいの質量を確保しないと、一人の大エースだけでは勝ち進めなくなった。




最近テレビで甲子園大会もあまりみなくなったが、それでも春夏ともにたまの土日に見ることもある。

昨年印象に残ったのは、春と夏に活躍した愛媛の済美高・安楽投手である。

二年生ながら体は大きいし、球も早いし、これはすごい投手になるな、と思った。

そして、アメリカのメディアから「投げさせ過ぎ」が指摘され、かなり話題にもなった。日経新聞記事損傷

結局、肘を故障してしまい調子が上がらず、今年は予選敗退してしまった。

長い目で見れば、今年は甲子園に出て来なくて正解だったかもしれない。

結局また、連投、連投となってしまう。





ヤンキースに行った田中も素晴らしい活躍をしたと思った途端、故障してしまった。

原因が色々言われているが、「投げ過ぎ」という点は一致している。

メッツの松坂も復帰したと思った矢先、またも故障である。

メッツの投手コーチは、「言ってくれれば」という談話を出していたが、松坂ほどの実績のある投手でも日本人の性格として言えなかったものと思える。ヤフーニュース参照


これが高校生なら、もっと言出だせるわけがない。

以前から高校野球に投手の「投球数制限」や、「タイブレーク制」の導入等の話が出てはいるものの、この話が一向に進む様子がない。

高校野球関係者は、相変わらず昭和の根性野球に取りつかれているのだろうか。




試合に勝つということは、当の高校生にとってのメリットだけではない。

監督個人の評判、私学なら知名度向上による学校経営、OB・OG達の自尊心、町おこしに繋げようとする地元商店街の思惑、こんなものまでまとわりついてしまう。

いい投手がいれば、誰だって連投させたくもなるし、延長戦になっても投げ続けさせたくなる。

「フォアザチーム」を叩き込まれて、また、ただでさえ活躍したい高校生は、肩がおかしい、とは言い出しにくい。

だからこそ最初からルール化すべきと思う。



日本は貿易赤字国に転落してしまった。

あれほどの黒字国であったのに。

例えはよくないが、プロ野球の世界では、外人選手の輸入額と日本人選手の輸出額を比較すれば、圧倒的な赤字であろう。

才能のある選手を使い捨てにしてはならない。




ただ日本の高校野球も少しずつ変わりつつあるのかもしれない。

ウォールストリートジャーナルにこんな記事を見つけた。WSJ記事

記事は少々長い。かいつまんで紹介すれば、

・奈良県大和広陵高校の立田投手は少年野球時代に2つのチームを全国優勝に導いた、日本のみならずメジャーリグも注目の投手である。

・彼の父もプロを目指していたが、練習中の故障により断念せざるをえなかった。そこで父は、過度の投球や自分の肩に不安を感じた場合、投げないように指導した。

・複数の私立高校から奨学金のオファーがあったが断り、無名の公立校に進学した。強豪校の指導者たちは、立田投手の肩を犠牲にしてでも、勝利を最優先させるのではと恐れたからだ。

・チームへの献身、指導者への服従、長時間の投げ込みを尊ぶ日本の高校野球の伝統の下では、エースピッチャーが自分の意思で肩を温存し、与えられた登板機会で投げることを拒むというのは、かなり大胆な反抗であるが、彼は納得をしてこれを行っている。

・ただ、日本のプロ野球のスカウトは、立田投手のやる気を疑問視しており、「夏の大会で投げるかどうか次第」とみている。



こんな内容である。

奈良県大会の状況を調べてみたら、シード校であった大和広陵高校は、強豪智弁学園に準決勝で負けてしまった。
奈良県代表は、その智弁学園である。

さて、ドラフト会議で彼は指名されるのか気になる。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツニュース
8月22日、仕事の関係で外へ出ていた。

駅前に行くと、新聞の号外を配っていた。

何事がおこったのか、大事件が勃発したのか、と気になったが、駅前を歩いている人達はほとんど無関心で、誰も新聞の号外を貰おうともしない。


号外を貰って見ると、イチローの4000本安打の記事であった。


2013-8-24-1.jpg



2013-8-24-2.jpg

どういう人が号外を貰っていくのか、とほんの数分だが観察してみたが、貰っていくのは私と同じようなおじさんだけであった。

若い人、特に女性は一人も貰って行かなかった。

それは、野球人気がおじさんだけであることに根差したものか、若い人はスマホで皆とっくに情報を仕入れているから、新聞の号外を貰いにいくなんてことをするのがおじさん特有の行動なのか、判然とはしない。








この4000本安打の関係は、アメリカではほとんど無視されると私は思っていたが、テレビを見ていると意外と盛り上がっていた。

しかし、この前の松井の引退式といい、ニューヨークヤンキースの日本向けの営業政策かな、という気がしないでもない。



メジャーだけの記録ではないので、異論があるのはわかる。

その異論を抑えるには、メジャーだけで4000本安打することであり、イチローならまだまだプレーできるだろうから、是非とも達成してもらいたい。

ただ少し気になったのは、イチローが泣きそうになるほど喜んでいたことである。

以前だったらもっと素っ気なかっただろう。

そこに少し「老い」を感じてしまった。

しかしイチローは、イチローである。

変わらずに素晴らしい。

記念にこの日の語録を取っておく。

ヤフー記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね。」


「これからも失敗をいっぱい重ねていって、たまに上手く行ってという繰り返しだと思うんですよね。何かを、バッティングとは何か、野球とは何か、ということをほんの少しでも知ることが出来る瞬間というのは、きっと上手く行かなかった時間とどう自分が対峙するかによるものだと思うので、なかなか上手く行かないことと向き合うことはしんどいですけど、これからもそれを続けていくことだと思います」


「まず最近の一日、球場に来てから問いのは、ラインナップがどうなっているのか、自分が7番ぐらいにいることが多かった時期があって、ラインナップカードを下から見るクセがついていたんですよね。で、下にないと、今日はないのかと思って、上の方を見ると2番に入っていたり、時々1番にいたりということがあるんですけども、今日もそうで、ラインナップカードを見るまでは、ゲームに出られるかどうか、先発として分からない。ずっとそうなんですよね。まあ、そういうなかなか難しい時間を過ごしてます。今日もそうでした」


「なにをやりながら…自分をプッシュしてきたわけではなくて、毎日同じことを繰り返す、厳密に言うとすべて同じではないんですけども、そういうことで自分を安定した状態にもっていくというテクニックはあると思います。ただ、それを毎日継続できたとしても精神が常に安定するとは限らないんですよね。ただ、その時点の自分でできることを、考えられることをやっておきたいということですね。時々、しんどいなあと思うことがありますけど、そこは頑張りを見せるとこでしょうね。それは自分で続けてきたつもりです」


「昔できたことは今できないみたいなことは見当たらないんですよね。昔考えなかったようなことを考えるようになったってことはあると思います。なので、40になる年なんですけど、いろんなことを考えなくてはいけない、過去の自分と現在の自分を客観的に見てどうなのか、ということは大切なことだと思うんですよね。そういう目を持ちながら見たとしても、ネガティブなことが見つからないんですよね。」


「ちょっとややこしい言い方になりますけど、ま、諦められないんですよ。色んな事は。諦められないという自分がいる事を、諦めるという事ですかね。諦められない自分がずっとそこにい事はしょうがないと言うふうに諦める。なんか、野球に関して妥協はできないので、まあもうちょっと、なんだろうな、ま、休みの日は休め、こっちの人みんな休むじゃないですか、そういう事ができないんですね僕は。そういう自分がいる事は仕方のない事なので、そうやって諦めます」


「僕満足いっぱいしてますからね、今日だってもの凄い満足してるし、いやそれを重ねないと僕は駄目だと思うんですよね。満足したらそれで終わりだと言いますが、とても弱い人の発想ですよね。僕は満足を重ねないと次が生まれないと思っているので、もの凄いちっちゃい事でも満足するし、達成感も時には感じるし、でもそれを感じる事によって、次が生まれてくるんですよね。あの意図的に、こんな事で満足しちゃいけない、まだまだだと言い聞かせている人は、しんどいですよ。じゃ、何を目標にしたらいいのですか、嬉しかったら喜べばいいんですよ。と言うのが僕の考え方ですけどね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツニュース
プロ野球のドラフト会議で、巨人の単独指名と思われた東海大学の菅野選手に対し、日本ハムが一位指名し交渉権獲得した。



去年の中央大学沢村選手のときもそうだった。

「巨人でなければ大リーグへ行く」と報知新聞は書いていた。

で結果は、巨人の単独指名。

今年一年間の成績を見ても、やっぱり沢村が新人ではナンバーワンの投手であった。



今年は、菅野選手は原監督の甥であるし、春頃から巨人は一位指名を公言していた。

だから、他の球団は巨人に遠慮して手を出さないと思われていたが、日本ハムはよくやってくれた。

会場のどよめきは、私と同じ思いの人が相当いたということの証か。



まあ、球界の盟主である巨人は昔からやりたい放題。

思い出すのは、江川事件。

その後も桑田をはじめいろいろと。


人権問題として見る面も無いではないが、現在はFA制度もあるし、おまけに億単位の金が動くのに、これが人権問題かなー、とつい思ってしまう。




鳴り物入りのドラフト一位で入団しても芽が出ずに終わってしまう人も多い。

原監督だっていつまで巨人の監督をしているのかはわからない。

中日落合監督を引き合いに出すまでもなく、成績が悪ければ当然だが成績がよくても、いつ首を切られるかわからない世界だから。


ということで、東海大相模時代から、神奈川県内では有名な投手であった菅野選手には、日本ハムに入り、そこで是非とも活躍してもらいたい。

それからFA制度で巨人に行ってもいいのではないかと思う。





一方では、巨人が出場しているクライマックスシリーズは、地上波ではテレビ放送されていない。

ラジオ中継も1局のみ。

プロ野球人気は、衰退しつつある。


かくいう私も、大魔神佐々木の全盛時代以来、横浜球場に行った事がない。

DeNAはどうなるんだろうか。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツニュース
相双連合って、何かの劇画の世界の族の名称か、やくざ映画の組の名前かのようだが、もはや知名度は全国区のようだ。

高校野球の地方予選の一回戦が、これほど新聞、テレビで取り上げられるのも珍しい。




テレビを見ていて思ったのだが、お涙頂戴式の安易なニュースづくりには抵抗がある。



まずは、各地に避難して、野球の応援のために集まり久しぶりの再開を喜ぶ女高生の姿。

まあ、これは許せる。

元々テンションの高い女子高生である。

泣いて抱きつくのも当然である。

おまけに、テレビも沢山来ているし、多少はそっちへの意識もあるだろうし。



試合前の選手のインタビュー。

津波に流された祖母の話などが語られる。

これが伏線になっている。





試合の経過の伝え方は極めて一方的であった。

応援スタンドも、取材陣もみな相双連合ファンであろう。



相双連合と対戦した喜多方高は、どうしても敵役の役回りにならざるを得ない。

敵役場合、強くなければならない。

相手を徹底的に叩きのめす、これができなければ敵役としてはダメであるが、7回コールドの8-1のスコアは十分にその使命を果たした。


テレビ的にも、相双連合の最後の攻撃で、ホームランが出たのでおいしい場面が撮れた。

言うこと無しである。




そして、試合後、元気に語る選手へのインタビュー。

このままでは絵にならないと思ったのか、インタビュアーは、「天国のおばあちゃんも見ていたでしょうね」というようなことを選手に聞く。

そう水を向けられた選手は号泣し、途切れ途切れにに祖母のことを語る。



ニュースを作るほうとしては、「してやったり」だろう。

これを見た全国の視聴者は、もらい泣きになるはずであるから。




おまけに、このニュースの閉めに、スタジオのニュースキャスターは、「あの選手はおばちゃんっ子だったんでしょうね」とさらに畳み込む。



でもなあ、あまりにも意図が見えすぎて、安直。

検察の誘導尋問。

九州電力のやらせメール。

こういうものに近い。



両チームの選手はよくやったと思うし何の責任もないが、テレビのつくり手の問題から、テレビを見ていて嫌な感じがした。





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツニュース
中日が先々月にドラフト6位で指名した選手は、入団を拒否したという新聞記事を見た。

その理由は、指名順位にあるようで、中日という球団が嫌いなわけでもなさそうだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
中日6位・諏訪部が不満顔、入団拒否も
サンスポ2009.10.30 10:43
 プロ野球のドラフト会議が29日、都内のホテルで行われた。
中日は、上位候補に名前が挙がっていた諏訪部(ホンダ)は6位指名。意外な低評価に「自分の中ではもっといい評価をしてもらっていると思っていた。
いい感じは覚えていない」と態度を硬化させた。
今後は所属チームの監督や両親と話し合っていくが「70・30(%)でないと思う」と入団拒否の可能性が出てきた。(狭山市)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


*********************************************************
中日ドラフト6位指名の諏訪部を断念
日刊スポーツ
 中日が4日、ドラフト6位で指名したホンダ諏訪部貴大投手(21)の獲得を断念したと発表した。
前日3日、埼玉・川越市内で仁村、石井両スカウトが出席し、2度目の入団交渉を行ったが、正式に入団拒否を伝えられた。
中田スカウト部長は「私の判断ミス。
6位で来てくれるだろうと思って指名した私のミスです」と話した。
中日の入団拒否は81年に5位指名した浜田知明投手(電電東海)同6位古川利行投手(北越商、後に入団)以来、28年ぶりとなる。
その順位の低さが入団拒否につながった。
3日の入団交渉で諏訪部は「まだ会社に貢献していない。
もう1年、このチームで力をつけて来年は1位で指名されるような選手になりたい」と話した。
高卒3年目と若く、もう1年社会人で経験を積めば、上位指名される自信もある模様。
今年は都市対抗優勝、日本選手権準優勝の成績を残したが、いずれもエースとして活躍しておらず恩返しをしてからプロ入りしたい気持ちが強いようだ。
[2009年12月5日10時56分 紙面から]
**********************************************************


この選手の目標は、一体どこにおいてあるのかと思ってしまう。

目標は、ドラフトで上位指名を受けることではないはずである。

プロ野球に入る本来の目標は、自分の能力を最大限発揮し、一軍でエースとして投げ大活躍し、それに伴い大きな収入も得る、ということではないかと思う。


プロ野球の世界は厳しい。

将来を嘱望されドラフト一位で入っても鳴かず飛ばずで去っていく選手も珍しくない。
また、テスト生で入って、二軍から這い上がり活躍する選手もいる。
実力がありながらも、怪我で引退を余儀なくされる人もいる。

完全な実力社会であり、結果を残せない者は生き残れないし、それはドラフトの何位で入ったかは関係が無い。


にもかかわらず何故ドラフトの順位などにこだわるのだろうか。
プライド?

入ってしまえば、みな横一線。


とにもかくにも、
入ってからが本当の勝負

それは、
入試でも、
就活でも、
婚活でも、
み~んな同じ。


私の職場でさえも、東大卒だろうが、高校卒だろうが、全く同じ扱いの実力主義。

もはやそんな時代なのになぁ。


なお、私は中日ファンではありません。


| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ