プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:日常生活
これまで携帯は、ドコモのガラケーと格安SIMの二台持ちであった。

だんだんこれも面倒になってきたし、ドコモの更新月になったこともあり、格安SIMに一本化することにした。

携帯会社は色々検討したが、最近CMをかなり流しているUQに決定。

データ3GBまでの制限はあるが、価格は税抜き1680円/月。

私の場合、これまでの経験では3GBどころか2GB超えることもなかった。






そしてこの際、スマホも買い替えることにした。

当初の予定は性能に比べて価格が安いHUAWEIにしようと思っていたが、ヨドバシカメラの中国人の店員さんと話しているにうちに迷いが生じてしまい、結局性能の劣るAQUOSにしてしまった。

中国人の店員さんは、完璧な対応で何の問題もなかったが、かえってそれだけに「頑張れニッポン」と思ってしまったのが原因かも。

そのシャープだって、鴻海の傘下にあるわけだが。

ポイント3000点を加えると5000円以上の価格差、という現実的な魅力もあったのは事実。




それにしても電話帳の移行が面倒。

結局、今となってはあまり付き合いのない人など、人数を大幅に削減して手入力。

メールはGメールだが、これまでもサブとして使用していたが、これがメーンとなるとやっばり使いづらい。

これも値段相応となるとしょうがないか。

老後の年金生活に備えて今から準備、ということを考えてのことだが、やっぱり慣れたガラケーが恋しい。

料金を考えれば、これまでのように、スマホと二台持ちがよかったかな、と今更ながら思う。

と思ってももはや戻れないし、慣れるまでの辛抱かな。


ドコモとは二十数年のお付き合い、どことなくこれも寂しい。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
その1
職場の机に座ると先ずやることは、パソコンの立ち上げである。


そのためにはIDとパスワードを入力。

それも一日一回どころか、しばらく席にいないとロックがかかる設定にしてあり、また、パソコンが不調の時などは再起動させることもあり、一日に何度も入力している。

IDは何年も前にもらったもので、たぶん退職まで変更されることは無い。

一方、パスワードは定期的に変更している。



そのIDが時々分からなくなってしまう時がある。

毎朝パソコンを立ち上げる時は間違えることは無いが、日中に再入力する時に「あれ、なんだっけ?」となる。

慌てるとますますIDが出てこなくなる。



最近、こういうことが度々出てくるようになったので、IDを手帳にメモしている。

パスワードは自分で設定するせいか、忘れることは無い。

こういうことがあると、ボケが始まりつつあるなあ、と自覚せざるを得ない。



その2
このところ新年会とか賀詞交歓会とか飲む機会が多い。


飲んで帰宅する際、電車の中でつい寝てしまい、わが駅を通過してしまうこともままある。

この日も飲んだ日の帰りの電車の中でのこと。

スリムで手足が長く、長い金髪、長身でまるでバービー人形のような外人女性と外人男性、それに日本人二人の四人組が電車に乗ってきた。

大学生ぐらいの若い四人組である。



お人形さんのような彼女を中心に、キャッ、キャッと四人組で話が弾む。

その話を聞くともなく聞いていたところ、話している内容がよくわかった。



「あれ、俺ってこんなに英語が聞き取れるんだ」と思ってしまった。

つい最近、妻と「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」を見て、「the Force is with me.」しか英語が聞き取れなかった、と言って妻に笑われたばかりである。



しかし、お人形さんのような彼女の英語が分かると思ったのはとんだ誤認であった。

彼女は、外人風の男とは日本語で、日本人風の男二人とは英語で話していた。

分かったと思っていたのは、日本語で話していた部分だけ。



酔っていたとはいえ、外人の女性が話すのは日本語も英語に聞こえる、情けないことである。

耳が遠くなりつつあるのかとも思っている。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
先月行った健康診断の結果が来た。



この2~3年間、毎日一万歩を歩いて、体重、血圧は右肩下がりにきたが、今回は悪化してしまった。

体重は1kgの増加で肥満度は「ふつう」の状態であるが、血圧は132~91、しかも三度も計りなおしてもらった。

せっかく昨年は123~81まで低下させたところであり、残念至極。



原因は、暴飲暴食と自覚している。

酒を飲む回数は増え、また、特に夕食後の寝る前に、甘いものをかなり食べているのがいけない。

「歩いているからいいだろう」という自分への言い訳がダメであることは承知しつつ、これがやめられない。

2016-12-18.jpg



HbA1cも、過去最悪の6.4。

胃の方も「萎縮性胃炎の疑い」から疑いがとれて、「萎縮性胃炎」となった。

また、心膜外脂肪と大動脈蛇行という所見が今回から加わり、これまで毎回指摘されていた胆嚢ポリープが消えた。




少し酒も控えようと思いつつ、昨日は友人宅での忘年会で昼間から日本酒をガブガブ。

帰りの電車で寝込んでしまい、横須賀まで行ってしまった。

全く進歩が無い。反省。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
今日のウォーキングコースは、海岸線沿いに進み折り返し地点は関東学院大。

波静かな平潟湾。
2016-12-4-13.jpg

昔はこんなだったらしいが、今でも多少面影が残っている。
そのうち浮世絵との対比をしてみたい。
2016-12-4-15.jpg

平潟湾に注ぐ侍従川のほとりに関東学院大学はある。
2016-12-4-2.jpg

2016-12-4-3.jpg

電車の広告でこの「人になれ 奉仕せよ」は承知していたが、前半の意味がよく分からなかった。
改めて調べてみると「人として完全なものになれ」ということである。
2016-12-4-4.jpg

今日は、オープンキャンパス。
こんな機会でもないと入りづらいので、入ってみた。
何せカメラを持ってウロウロしているオヤジ、不審者そのものである。
2016-12-4-5.jpg

なかなかおしゃれなキャンパス。
好感が持てる。
2016-12-4-6.jpg

ほとんどの建物が最近建築されたもののようで、どれも真新しい。
そしてまだ建築中の建物もある。
2016-12-4-7.jpg

チャペルも新しいのでツタの絡まっているところはほんの一部。
2016-12-4-8.jpg

少子化の影響でどの大学も社会人向けの講座を数多く設けているが、老後には私もここで受講してみようかな。
妻は、一時横浜市大で英会話の講座を受講していたが、「おじいちゃんばかり」と言っていた。
「先生が遅刻してきて、腹が立った。学生時代は休講になると喜んでいたのに」とも言っていた。
2016-12-4-9.jpg

2016-12-4-10.jpg

グランドも広くてきれい。
2016-12-4-14.jpg

ラグビーの強豪であったが、大麻事件以降は不振である。
帝京の連覇が続いており、是非とも復活してほしい。
2016-12-4-11.jpg

日が傾きかけた侍従川。
2016-12-4-12.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
高齢化社会に突入して久しいが、これから高齢者化社会が来るぞ、と言われていた頃、二十年前だか三十年前だかに読んだ記事に、「高齢化社会も決して悲観することは無い、年寄りが多くなれば平和な社会になる」という話があった。

確かに統計を見ると殺人や強姦といった凶悪な犯罪は年々減少傾向にあるようである。



しかし、このところ高齢者による交通事故は多発している。

毎日のように。

どこを走ったか覚えていないという人あり、高速道路を逆走する人あり、ブレーキとアクセルの踏み間違いをする人あり、いずれも高齢者。

こうなると、例えば70才以上の人の免許更新は二年毎とか、認知症テストの厳格化とかの対策を講ずるしかないだろう。

我が町内にもいわゆる独居老人で車を運転している人が何人もいて、その運転ぶりを見て大丈夫かなーと思うこともある。

高齢化社会になる前に、こういうことが起きると予測した人はいただろうか。



高齢化社会で、最近もう一つ感じることがある。

それは、クレームを言う人、それも尋常ではないような怒り方をする年寄りが増えているように思う。

ある時、飲み屋で楽しく飲んでいた時に、血相を変えた老人が入って来た。

レシートを見せて「勘定が間違っている、これを打った店員を呼べ」とまあ大声で怒鳴る。

この店で少し前に飲んでいて勘定を済ませて帰ったところ、よくレシートを見たら打ち間違いがあり、高い金を払わされた、ということらしかった。

その店員さんは、かわいらしい外人の女の子だったのだが、何度も何度も謝罪しても許してはもらえず、罵詈雑言は延々と続き、はては手を挙げる始末。

店内は凍り付く。

非は店員さんにあるにしろ、そこまで怒ることか。




似たようなことは、駅でも見かけたり、デパートでも見かけたり、はたまた我が職場でもよく起る。

我が職場のことは、詳細に書くわけにもいかないが、多少の非というか、ミスがこちらにある場合もなくはない。

が、何故怒られなければならないのか、さっぱりわからないことも多い。



高齢になると感情もコントールできなくなるらしいし、論理的に説明しても最初から聞く耳を持っていない場合もあるし。

認知症の一つの形態なんだろうが、まあ面倒なことである。



とはいいながら、こちらも人のことを言える年齢ではなくなってきた。

他山の石としなければならないだろう。

「ボケるが勝ち」と言っていた人もいたけれど。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ