プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:鉄道
5月4日に息子と二人で長野県と群馬県の県境、群馬県安中市にある「碓氷峠鉄道文化むら」に行ってきた。


これを記事にしようとさんざん悪戦苦闘したが、パソコンの故障によりとうとう断念してしまった。
パソコンを更新したので改めて記事を書うと思ったら、今度は内容をすっかり忘れてしまった。
われながら情けない。


「碓氷峠鉄道文化むら」は、信越本線横川駅に隣接している。
碓氷峠は、軽井沢と横川の間にあり、勾配が急な難所として有名な峠であったが、長野新幹線の開通により廃止になってしまった。


親切本線の車両は家族連れ、鉄っちゃん、そして山登りの人たちで大賑わいであった。

特に鉄っちゃんたちの話は独特である。
音がどうの型式がどうのなどという、いちいち車両のうんちくが入る。
土曜の夜に夜行のサンライズ出雲にのりそして津和野へ、そこからSL山口号、そして新幹線で日曜の夜に帰ってきた、なんて話も聞こえてきた。


横川駅。信越本線が途切れている。向こう側が鉄道文化むら。
2010-5-8-1.jpg

今年のGWは陽気がよかった。新緑が染みとおるほど綺麗であった。
息子と二人ででかけるのは、もうあまりないなぁ、ひょっとして最後かなぁという感慨も沸いてくる。
車両に関して息子の解説はかなり細かい。
興味もあまりない私にとっては、覚えられない。
2010-5-8-13.jpg

2010-5-8-2.jpg

2010-5-8-3.jpg

2010-5-8-6.jpg

2010-5-8-7.jpg

2010-5-8-9.jpg

2010-5-8-10.jpg

2010-5-8-11.jpg

2010-5-8-5.jpg

2010-5-8-12.jpg

横川駅は、釜飯で有名である。
釜飯発祥の「おぎのや」の資料館が駅前にあったので入ってみた。
はってあった写真にどっかで見たなーと思ってしげしげと見ていると、テレビの撮影写真であった。
2010-5-8^15

昔はこうやって作っていたんだろうな。
2010-5-8-17.jpg

2010-5-8-16.jpg

昼飯に食べた釜飯の容器を息子は持ち帰った。そして、これでご飯を食べている。
鉄っちゃんのご飯にふさわしい容器である。



蛇足というか余計なことだが、横川駅にあった看板に「人間の証明の霧積温泉」というのがあった。
知らなきゃ「人間の証明」って何だ?と思うだろうな。
あったなーそんな映画。
2010-5-8-18.jpg
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:鉄道
5月24日に、「京急 ファミリー鉄道フェスタ2009」に息子と行ってきた。


この日は、かなりの雨で、白くなるほどであった。
こんな雨なので、人出も少ないかと思って家を出たのだが、予想に反して電車は込んでいた。

よく乗客を観察すると、案の定、どうみても鉄道オタク、小さい子供をつれた家族づれであった。
行きの電車の中から異常な盛り上がりかた、、、すれ違う電車の型式談義や、写真の撮影と、こんな雨程度では、鉄ちゃんにはどうってことはないらしい。


京急・久里浜駅は、激しい雨の中、長蛇の列。

無料の送迎バスで会場の久里浜工場に入ると、多少雨は小降りに。


以下は、立派な鉄ちゃんになりつつある息子の写真を借りました。
ブログの記事となるような写真ではありませんが。

IMG_0018.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0020.jpg


会場で見かけて驚いたのは、電車の部品を購入する人の列。
それも雨の中である。

つり革、天井についていた扇風機、ヘッドライトなんでも売れる。
おまけに、電車のドアを担いで帰る人も見かけた。
すごねぇ。

そんなもの何にするの?

単なる粗大ゴミにしかならないだろうが??

まぁ、好きな人にしかわからない境地なのだろう。

息子は、去年来ていた人が今年も来ていたとか、あの人は一昨年もみかけとか言ってたが、息子もこここ数年、毎年通っている。


帰りは、送迎バスではなくて、会場となる工場の敷地から直接電車に乗って久里浜駅までいく、送迎用の電車に乗ることができた。

これはよかった。駅ではないところから乗ることにちょっとだけ興奮。


でも、体はぬれるし大変疲れました。
が、息子は全く元気で満足してたようなので、OKです。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:鉄道
10月19日に小田急のファミリー鉄道展に、息子と行って来た。
場所は、海老名駅に隣接する車両基地である。

昨年は午前中に行って、延々、長蛇の列で、入場するまで相当待たされた。
今年は、その失敗を踏まえて、午後3時ごろに行ったら、案の定すっと入れた。


IMG_0620.jpg  IMG_0621.jpg

旧型のロマンスカー
IMG_0623.jpg  IMG_0628.jpg

右側は、最新車両。
車掌さんが車両の中でいろいろ解説してくれる。「鉄ちゃん」の質問攻めにあうも、さすがにプロ、よく知っている。
IMG_0629.jpg  IMG_0632.jpg

架線作業車の実演。
道路も線路も走れる優れものである。
作業員の人が「我々は、終電が終わってから深夜に作業をしていますので、皆さんにはお目にかかれることは滅多にありません。」と言っていた。

IMG_0630.jpg  IMG_0627.jpg

車が360度回転する。
IMG_0626.jpg  IMG_0631.jpg

会場は、「鉄ちゃん」や家族ずれで大いに賑わっていた。

各ブースでは、関東の私鉄各社、関西からも一部の私鉄が出展しグッズを販売しているが、飛ぶように売れている。
マニアには、景気の悪化も、円高も、株安も、ザププライムローンも、全く影響無しか。

息子も、南海電鉄のグッズを買ったが、景品にカレンダーが付いてきてごきげんであった。
南海電鉄のファンなのであるが、何度その理由を聞いても私には理解できない。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:鉄道
鉄道好きの息子とともに、東京都北区の田端駅から上中里駅あたりりを散歩。この近辺はJRの城下町らしい。我が親子以外にもカメラを持った人たちがアッチコッチに。


電気機関車が目白押し。ちょっと奥には新幹線の各種車両も勢ぞろい。マニアならずともちょっと興奮。
2008-10-25-2.jpg   IMG_0155.jpg

鉄道写真を撮る息子。踏み台にしているブロックはマニアが撮影用に置いた物か?
IMG_0153.jpg

ここは、隣接する尾久車両センター。地下通路を使って反対側の尾久駅方面に行くと客車がいっぱい。
2008-10-25-1.jpg  IMG_0151.jpg


「国労」の事務所と思われる施設もあるが、現在は使用されていないなさそう。
JRの協力工場も周辺には数多く、かつての国鉄全盛時代には、さぞや活気があったことだろう。
IMG_0149.jpg  IMG_0150.jpg


周りの町並みには、なにやら昭和、それも30年代?の香りも漂う。
IMG_0148.jpg  IMG_0147.jpg


お昼には、ラーメンを食べたが、いかにもこの辺に相応しい素朴な食堂であった。客は他にもおり、昼間から60代ぐらいのおじさんたちが、4~5人でかなり飲んでいた。
聞くともなしに聞いていると、「3年前に地方から単身で東京に出て来て、田んぼは妻に任せっぱなし、仕送りもしないし、そんなことでいいのか、もっと働け」とか、一人の人がそんなことを言われていた。う~~ん、いろいろあるあるよねぇ。
IMG_0146.jpg

2時間もあれば、グルットと回れ、鉄道好きにはたまらないコースです。

テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ