プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:変なもの
市営地下鉄の坂東橋駅の男子トイレに入ると、小便器の前に、こんなものが貼ってあった。

野毛あたりの寂れた飲み屋のトイレにありそうなやつである。
2017-6-18-1.jpg


市営地下鉄の他の駅にも別なものが貼ってないかと探したが、この手のものを貼ってあったのは、坂東橋駅だけであった。

ということは、この駅の駅員さん、もしくはトイレの清掃業者の人の作であろうか。

出来は今一つであるが、日頃のご苦労に敬意を表して、座布団一枚を進呈。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:マイホーム
この度、住宅ローンの月々の返済にねを上げて、繰り上げ返済をし完済した。

ローンはまだ五年残っていた。

完済して数日後、契約書その他各種書類が、金融機関から送られてきた。
s_IMG_7747 (1)

こうなると次のステップは抵当権の抹消登記である。

抵当権を抹消しなくても、実生活に何の支障もないのでは、という横着な気持ちが湧いてくる。

司法書士に頼めば金はかかるし。

こういうことは、人生何度も機会はないし、自分でやってみるかと、ネットで調べてみる。

あるある、自分でやったという事例は沢山ヒットする。

おまけに、法務局では懇切丁寧に書類の記載事例も掲載している。
s_逋サ險倡筏隲区嶌

ということで、記載事例を見ながら書類を作成。

登記の手数料は、一筆1000円。

普通なら家と土地で2000円のところてあるが、我が家の土地はどういうわけか三筆ある。

たぶん山林の頃、境界地であったのだろう。

それを宅地開発した時に、合筆しなかったものと思う。

ということで、所要額は4000円。

郵送でも受付してくれるというので、書類を作成して郵送。



数日後、法務局から携帯に電話が入る。

「金融機関の委任状に日付が入っていないので、法務局に来て記入してくれ」とのこと。

法務局に行かずに済むはずであったが、結局出かけざるを得なくなった。




しかし、これほど簡単だとは思いもよらなかった。

ネット時代になって、司法書士も商売は上がったりだろう。



サラ金の過払い金の取り扱いも、もう残っていないはず。

弁護士も大量に作って、余っている状態だし。

と、つい余計なことまで考えてしまう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:うちの猫
気温が上がってきて、猫も衣替えの季節である。

うちの猫は外に出さないので、家の中での衣替えとなり、家の中は毛だらけ状態。

毛玉が、廊下やリビングの隅にフワフワ。

とりわけ珪藻土でてきた脱衣所の足ふきマットがお気に入りで、そこの上に背中を付けて転がって脱毛しており、脱衣所は毛だらけもいいところ。




猫が膝に乗ってきた時は、「コロコロ」で毛を取るチャンス。

だがうちの猫はこれが大嫌い。

だから膝の上に乗ってもなかなか油断はしない。

しかし、つい忘れて油断するので、そこでコロコロ。

何度やられてもついつい油断してコロコロ。

そのたびに逃げ出す。
2017-6-3-1.jpg

逃げ出す先は決まってテーブルというかコタツの下。
2017-6-3-2.jpg

背を向けて、なんか怒っているよう。

毛が抜け替わるまでの辛抱だよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:動物
先日、山下公園でトライアスロンの大会が開催されていた。

あんなところで泳ぐのか、と思ったが、よく見てみると、海は案外きれいなものである。

東京湾はヘドロとゴミ、というイメージは、とっくに昔のことである。



朝、山下公園を散歩していると海の中にエイを発見。

こんなところにもエイがいるものだと初めて知った。
s_2017-5-28-1.jpg

岸壁に沿って泳いでいたが、結構なスピード。
なかなかうまく写せない。
s_2017-5-28-3.jpg

水面の反射が邪魔だが、角度を変えることもできず、あっという間に消えていった。
s_2017-5-28-2.jpg

クラゲだって波で結構移動する。
s_2017-5-28-4.jpg

山下公園でエイを見た、という話を職場ですると、鉄腕DASHでもエイが横浜の海岸にいるのを放送していた、と言う話があった。

横浜の海岸でもエイはかなり生息しているらしい。

来ていたとこ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
先週の5月14・15日の一泊二日で、友人達と長野県にある馬曲(まぐせ)温泉に出かけた。

足は、今回もJさんの愛車ベンツ。毎度のことながら、お礼申し上げます。


長野に行く前に、栃木県下都賀郡にある10年前に亡くなった我々の共通の友人の墓にお参りしたが、雨も降っていたことであり写真も撮らなかったので割愛。

いずれこのブログで彼の菩提寺や、生前の様子を取り上げることもあるだろう。




一気に小布施へ。
2017-5-21-1.jpg

小布施は、「栗と北斎と花の町」なんだそうだが、いつ来ても落ち着いたいい街である。

老後は、こういう街に住んでみたいと来るたびに思う。(思うだけで行動が伴わないが)
2017-5-21-2.jpg

桝一市村酒造場で酒の調達。

この酒蔵は、欧米人で初の利酒師、その後取締役にもなり、小布施の町おこしの中心となったアメリカ人女性で有名であるが、昨年退任したと、店の人が言っていた。

私も何度かテレビで拝見したことがある。
2017-5-21-3.jpg


馬曲温泉は、新潟県境にも近い長野県の北部、スキー場で有名な木島平村の山あいにある。

宿泊先は梨の木荘。ここは村立の施設で一人3000円で宿泊ができるが、食事が出ない。

つまり自炊の宿なので、下界のスーパーで食料と酒を調達することになる。

宴会や朝食の様子も載せたかったがは全く撮影せず。
2017-5-21-6.jpg


梨の木荘と馬曲温泉とは、徒歩2分ぐらいだが離れている。

こんな風景を見ながら、山道を登っていく。
2017-5-21-4.jpg

桜は大半は散っていたが、やまぶきが見頃を迎えていた。
2017-5-21-8.jpg

2017-5-21-5.jpg

馬曲温泉公園内では、やまぶき祭り。山菜などが売られていた。

村を盛り上げていこうという地域の人達の意欲が感じられた。
2017-5-21-7.jpg

馬曲温泉の内湯。
2017-5-21-9.jpg

露天風呂は開放感があり、泉質もよく、申し分なし。

常連と思われる外人さんも来ていたが、程なく出て行った。

誰もいないところに、荷物入れに入れたシャンプーとボディソープが置いてあったので、これは温泉に備え付けのものかと思い、我々はそれを使い切ってしまった。

ところが先ほどの外人さんが戻ってきて、その荷物入れを持ち帰っていった。

ということで、外人さんはここの常連であり、この露天風呂には、シャンプーやせっけんは置いていないことが判明した。
2017-5-21-10.jpg

木島平村の風景。
この辺は標高も高く、まだ田植えはしていなかったが、長野県・山梨県の平野部では既に田植えが終了していたところも多かった。
2017-5-21-11.jpg

帰路に善光寺へ立ち寄り。

中国の人、東南アジアの人など観光客でごった返し状態。
2017-5-21-12.jpg

2017-5-21-13.jpg

新緑が美しい。
2017-5-21-14.jpg

こちらは松本城。
2017-5-21-15.jpg

2017-5-21-16.jpg

ここも大量の外国人観光客、特に中国人観光客で城内は大渋滞。

現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城であり、当然ながら木造である。

なのに、こんなに客を入れて大丈夫なのかとつい心配してしまう。
2017-5-21-17.jpg

本丸跡も整備されていて美しい。
2017-5-21-18.jpg

2017-21-19.jpg

馬曲温泉には、10年ほど前に一度行ったことがある。

その時は、同じ職場にいた木島平村出身の先輩に連れられて、職場の人達と行った。

偶然のことであるが、昨日、その頃の職場の人達が10人ほど集まり飲み会が中華街で行われた。

その木島平村出身の先輩とは四年ぶりでお会いした。

「馬曲温泉に10年ぶりに行ったが大変良かった。」という話を私がすると、「じゃあ来年のこの飲み会は馬曲温泉でしよう」とその先輩が言い出し、そのように決定された。

酔っぱらいの決定であるから、実行されるかどうかは不明である。
| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ