FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:日常生活
特定給付金10万円の申請は先日行ったが、まだ振り込まれてはいないようだ。

私は世帯主なので、私の口座に4人分入るはずなのだが音沙汰無。




まだ振り込まれていないにも拘わらず、これを当てにして本日ノートパソコンをネットで注文した。

今使っているパソコンは7年目ぐらいなのだか、不調の日が多くなってきた。

立ち上げだけで30分もかかったり、画面が突然乱れたり、キーボードの一部のキーがゴミで動かなくなったりと。

買い替えるのは、率直に言って面倒が先に立ち、伸ばしに伸ばしたがもうこれが限度。

給付金を切っ掛けに決断した。



ついでに我が家の給付金の使途について記録しておく。

息子は、デスクトップのパソコンを購入した。

給付金が報道されると、給付金で返すから10万円を貸せ、と言ってきた。

仕方なく貸してやると、先月初めに発注したようだが、高性能のものを発注したらしく1ケ月も待たされて先週ようやく来た。

スイッチを入れると直ぐに使えると、とても気に入ってる様子。

私にもデスクトップを進めるのだが、性能は落ちてもリビングでも食卓でもやれるノートパソコンで十分。



妻は、家計の補填に使うと言っていた。

何とも言葉もない。




娘は貯金らしい。

本来は旅行に使いたいらしいのだが、今の状況ではとても無理。

コロナ後の旅行に備えるらしい。



色々と批判も多い給付金だが、我が家では寄付することなく以上のように有意義に使わさせていただく。





スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:写真
コロナで閉鎖されていた山下公園のバラ園も6月1日から開園となった。

撮影に出かけたものの、バラの盛りは既に過ぎていて、気の毒な状況となっており、撮影するにしのびない。
2020-6-7-1.jpg

そこで5月13日に撮影したものをアップすることとした。
2020-6-7-3.jpg

現在このベンチは、一つ置きにテープが張られいるので、半分は座れる状況。
2020-6-7-2.jpg

2020-6-7-4.jpg

閉鎖と言っても、バラ園内部に入れないだけで、外から丸見え状態であった。
2020-6-7-5.jpg

2020-6-7-6.jpg

バラ園を閉鎖しても、山下公園には人が来ていたし、閉鎖する意味が分からないと思っていた。
2020-6-7-7.jpg

それにここは、海岸に接した風の強い場所である。
2020-6-7-8.jpg

ウォーキングの場所としては最高の場所であり、山下公園全体が閉鎖されなくてとてもよかった。
2020-6-7-9.jpg

バラ園の閉鎖は、自粛警察とやらに、「この時勢に何故閉鎖しないのか」とかの苦情を言われるのが嫌だからだろうと推測。
2020-6-7-10.jpg

バラを見ていれば気分転換にはいいし、密にならないようにすればいいだけの話。
2020-6-7-11.jpg

バラ園が外から丸見えとは言っても、中に入らないと撮れないものもある。
2020-6-7-12.jpg

過剰反応だ、とだんだん腹も立ってきた。
2020-6-7-13.jpg

撮影するには、やはりズームだけでは限界があるし。
2020-6-7-14.jpg

やっぱり入って見たかった。
2020-6-7-15.jpg

これまで色々なバラ園を見てきたが、山下公園のバラ園は私のランキングでは最上位にある。
2020-6-7-16.jpg

何といっても入場料が無いことが最大のポイント。
2020-6-7-17.jpg

そして、手入は常に行き届いている。
2020-6-7-18.jpg

実のところ数々ある公園の中で、山下公園が私は一番好きな公園である。

以上、グダグダな文章はいらなかったと思うが、そのままにしておく。





| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:写真
5月25日、この日も在宅勤務の日であったが、安倍首相がすべての都道府県の緊急事態宣言の解除について発表している頃、
宅配便が届き差出人を見ると兄からであった。

野菜かな、なんて思いながら箱をあけてみるとびっくり。

私の子どもの頃のアルバム、小中高の卒業アルバム、成績表、卒業文集などが入っていた。







このアルバムの類は、実家が新築された時に破棄されたものと思っていた。

実家の新築は、私の学生時代の時であり、その時には私は実家を出ていた。

昨年のゴールデンウイークに、我が家の断捨離と称して相当数の本を捨てた時に、ふと「卒業アルバムはどうしたっけ」と思い出したのだが、それまで何の関心も無かった。

ただ、母はマメであったので、そんな簡単に捨てるかな、とも思ったものの、母が亡くなりもう十年以上経ており確認のしようもなかった。





実家に電話をすると兄は不在であり義姉が出た。

「最近お父さんは、小屋の片づけをせっせとやっているので、それで見つけたんじゃないの。私もそのアルバムとか見たかったなあ。」と言っていた。




古いアルバムをめくると、若き頃の両親も写っており、亡霊が出てきたように感じた。


小学校の卒業アルバム
2020-5-30-2


小学校入学式の前日の私。

背景は建て直す前の古い実家でとても懐かしい。
この頃、実家にカメラなど無く、誰かに撮影してもらったのだろうけど、撮影者が誰かは記憶がない。
2020-5-30-3


小学校の入学式の写真。

教員や保護者は、ほぼ全員この世の人ではなかろうと思う。
担任の女性教師は、今見てもとても美しい人であるが、この頃の先生の年齢は、20代後半ぐらいだろうか。
我が同級生からもポツリポツリと訃報が届くようになってきた。

個人が特定できるほどの解像度は無いものの、一応写真サイズを小さくして掲載。
2020-5-20-4



40年以上、半世紀近く手元になかったものが、戻ってきた。

断捨離として捨ててしまうのは、少し惜しいがどうするか。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日本酒
緊急事態宣言が39県で解除になった。

神奈川県でも今週にも解除になるらしいという噂。

この噂を触れ回っている人に、「何処でそれを聞いたの?」と尋ねても「友達がどこかの偉い人に聞いたらしい」とか全くあてにならない情報であるが。

皆すっかり外出自粛に疲れてしまい、少しの希望的観測でもあれば直ぐに飛びついてしまうのかと思われる。





私も居酒屋での飲み会は自粛している。

しかし、これに代わって職場で飲み会をするようになった。

緊急事態宣言以降、ほぼ毎週一回ぐらいやっている。

私と同い年の「家に居場所が無い」氏と、この私がその中心であり、他におじさん連中数人が加わる。

若い人が隠れて飲み屋に行って感染するような事が在ってはならないので職場で飲み会をやってあげる、という名目であるが、若い人は参加しても最初だけしかいない。




食べ物は「家に居場所が無い」氏が、酒は私が買うという分担がいつの間にかできている。

これを見ると結局私が一番飲みたがっているということになろうか。

職場の近くの酒屋さんに会津の酒を売っていることを発見したのも大きな動機であり、この日も酒は、喜多方市の奈良萬と会津坂下町の豊國。
2020-5-16.png

こういう時に出る話は、昔はトイレットペーパーではなくてちり紙だった、そのちり紙は再生されたものでところどころに活字が残っていたとか、いや新聞紙で拭いたとか、いやいや草の葉っぱで拭いたとか、うちなんか縄だぞ、とかそういう話が多い。

大抵若い人は、こういう年寄りの懐古話が出るあたりで、そそくさと職場から消えていく。





職場ですっかり出来上がり、その勢いで普段なら年に一度ぐらしか行かない、今は人が全くいない中華街に行き、空いている店を探して入る、という事の繰り返し。

こういう時も、義を見てせざるは勇無きなりだろうとか、多少は金を使わないと街が死んでしまうとか、いろいろ言い訳しながら店に入っていく。

どの店に行っても消毒には気を付けており、席に付く前にテーブルの消毒をしている。




わが職場からまだ感染者は発生者はいない。

早く終息することを願うばかりである。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日常生活
今年のゴールデンウイークは、どこにも出かけることなく過ごした。

出かけることなくというのは、遠出という意味であり、毎日のウォーキング&ポケモンゴーは欠かすことなくやり、また友人宅での飲み会にも出かけた。

これまで自宅で呑むことはまずなかったが、居酒屋へ行かなくなると、とても飲みたくなり自宅で呑むようになった。

それでも何か不足を感じてしまい、友人に頼んでの飲み会となった。

長年の習慣というのは恐ろしい。




それ以外には、草むしり、芝刈り、ネットサーフィン、そして家の片づけやらである。

ついでに、2月のマルチエアコンの交換に際して、むき出しとなった天井の修理をした。

といっても、ネットで購入した壁紙を上から貼っただけであるが。
2020-5-10-1.jpg

2020-5-10-2.jpg

経年劣化で変色した壁紙と同じ色の壁紙というのは、ネットでも発見できず止む無く白い壁紙を選択。

えいや、といきなり貼ってみたが違和感アリアリ。

だが不思議な事に家族は誰もこれを気にもせず。

そもそも3ケ月間も天井の板がむき出しになっていて、誰も気にしなかったのだから当然か。



さて、ゴールデンウイークは終了したが、在宅勤務という飛び石連休はまだまだ続く。

それが、退職後の日々の過ごし方の予行演習となっている感がある。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ