FC2ブログ

プロフィール

メイの家

Author:メイの家
横浜市在住


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


DATE: CATEGORY:ハイキング
京急が「みうらまぐろきっぷ」を発行しているのは承知しており、一度は購入して三崎でマグロを食べたいと思っていた。


そんなささやかな願いが通じたのか、先月、切符二枚が自宅に送られてきた。
s_2018-10-8-1.jpg

ちなみに、「みうらまぐろきっぷ」というのは、京急線品川・三崎口間の往復(途中下車OK)、京急バス乗り放題、加盟店でランチ、お土産付きというもので、品川からだと3500円である。

これは以前、神奈川県のホームページで見つけた「かながわトクトクウォーク」というイベントに、申し込んでおり、めでたく当選したものである。

スマホにアプリをインストールし、登録すればOKという簡単なもので、商品がもらえるのは1日5000歩以上歩くこと、という条件なので、日頃から歩いている私にとっては楽なものである。

ただし、抽選であり「幸運」に左右されるが、私が当たるぐらいなのであるから、よほど参加者が少ないのであろうと推測している。

まあ、それでも気分はいい。



それで、連休最終日の本日妻と出かけてきた。



電車もバスの中の「みさきまぐろきっぷ」を持った人で満杯。

寂れた三崎も商売上手な京急のおかげで復活の予感。



まずは、腹ごしらえ。

古風な建物で目につき、人も少なめの「三崎館本店」に入る。

s_2018-10-8-2.jpg

老舗の料亭という感じだが、味はともかく量が少ないのが難点。
s_2018-10-8-5 (2)

街中は寂れて閑散。
s_2018-10-8-5.jpg

ところが人気店は、まぐろきっぷを持った人で店の外まで人があふれる。
この落差はとても大きい。
s_2018-10-8-6.jpg

s_2018-10-8-7.jpg

古風な酒店も風情ある。
s_2018-10-8-8.jpg

バスを乗り継ぎ城ケ島へ。
s_2018-10-8-9.jpg

s_2018-10-8-10.jpg

s_2018-10-8-11.jpg

s_2018-10-8-12.jpg

妻が選択したおみやげ。
s_2018-10-8-13.jpg

私が選択したおみやげ。
中身は冷凍のマグロのかま。
s_2018-10-8-14.jpg

ネギトロとズケは、晩御飯にあっという間に消えた。



スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昨日、「ヨコハマ・ポップス・オーケストラ2018」に妻と行ってきた。

サブタイトルは、~「宇宙・自然・大地・海」オーケストラで響く壮大な世界~、とスケールが大きい。

場所は、横浜みなとみらいホールである。 

s_2018-9-30-7.jpg


パンフレットを転記すると、ポップスオケに初登場となる神奈川フィル常任指揮者川瀬賢太郎がプロデュースをするコーナーから、邦人作曲家の作品までクラシック音楽の枠にとどまらないオーケストラの魅力をお届けします、とある。

出演者は以下の通り。

川瀬賢太郎(指揮)
村井秀清(作曲・ピアノ)
中村幸代(作曲・ピアノ)
小川里美(ソプラノ)
須磨佳津江(司会)
ヨコハマ・ポップス・オーケストラ
  (神奈川フィルハーモニー管弦楽団)
神奈川フィル合唱団

村井秀清さんは、 NHK「世界ふれあい街歩き」メインテーマの作曲者、中村幸代さんは7時のニュースの作曲者、須磨佳津江さんは元NHKのアナと、NHK感満載。


横浜みなとみらいホールは、ロビーでお茶が飲めるので我々もコーヒーを一杯。
s_2018-9-30-2.jpg

台風が接近しており外は雨。
s_2018-9-30-3.jpg


コンサートはクラッシックとポップスのコラボで、なかなか良かった。

合唱付きだとまた一段と迫力が増すし、それに負けないソプラノにピアノ。


我が町内会の人達もチラホラ会場で見かけた。

それは、我が町内会の人がこのコンサートに出演していたからだが。



コンサート終了後は、町内会の人達は、みなとみらいで食事でもして帰ったのだろうか。

我々二人は、雨が気になってそそくさと帰宅した。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行
先月に引き続き9月22、23日に仙台へ行ってきた。

今度は、妻と二人で宿泊先は、作並温泉。

娘の職場のイベントを見に行くのがメインであったが、ついでに山寺(立石寺)に参拝。

作並温泉に泊まって山寺を見る、というのは随分と昔、三十年ぐらい前に経験があるが、その頃とはかなり印象が異なる。
s_2018-9-24-3.jpg

s_2018-9-28-21.jpg

昔はこんなに人が居なかったし、森閑としていた。

彼岸の中日のせいか、外人観光客増加のせいか、かなりの混雑。
s_2018-9-24-2.jpg

人が多くて、自分のペースで歩けないし、後ろから来る人のために立ち止まって写真を撮るのも気を遣う。
s_2018-9-24-4.jpg

s_2018-9-24-5.jpg

s_2018-9-24-6.jpg

誰がこんなものを置くのだろうか。子供を亡くした人が置いたものとは思えない。
いろんなものが置いてある。
s_2018-9-24-7.jpg

s_2018-9-24-8.jpg

穏やかで美しい顔。
s_2018-9-24-9.jpg


s_2018-9-24-24.jpg

s_2018-9-24-10.jpg

岩を掘る熱意よりも、観光客がコインをはめ込む熱意の方に驚く。
s_2018-9-24-11.jpg

「何か変なものが写ったりするよ」と妻は言うが、私は一度もそんなものが映ったのを見たことが無い。
s_2018-9-24-12.jpg

s_2018-9-24-13.jpg

s_2018-9-24-14.jpg

s_2018-9-24-15.jpg

s_2018-9-24-16.jpg

ほんの少しだが、紅葉が始まっている。
s_2018-9-24-19.jpg

今でも修行している人達がいるらしい。
s_2018-9-24-22.jpg

s_2018-9-24-23.jpg

眼下を見下ろす。
ウォーキングの成果か、この程度の登りでは物足りない。
s_2018-9-24-17.jpg

今回は大手のパックのツアーで申し込んだが、三連休にもかかわらず、新幹線往復、作並温泉宿泊、仙台駅まで送迎付きで二人で45,200円。

ホテルは大規模のリゾートホテルで食事も申し分なし。

JRにしろホテルにしろ正規の値段は一体何なのかと、つい思ってしまう。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
このブログを始めて、どうにか10年経過しました。



ボケ防止で始めたブログ。

このところブログの更新もなかなか重たくなってきたのも事実。

視力の悪化、記憶力の悪化と条件はますます悪くなるばかり。

とはいえ、良く続いたものと思います。

職場の人や親族にも知らせずひっそりとやってきました。

それは、何時でも辞められるように、という逃げもあり。



何度もやめようと思ったけれど、これも皆さま方の暖かいご支援のたまものです。

感謝申し上げます。






ボケ防止の効果はさておき、今しばらく、ひっそりと続けようと思います。

皆さま、引き続きよろしくお願い致します。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:神奈川の名所
「ミナト横浜」というぐらいだから、船がいるのは当たり前になっていて、これまで何の関心もなかった。

しかしよく見ると様々な船があり、とりわけ豪華客船の大きさには驚かされる。

少し関心をもって船名と大きさを調べてみた。

なお、データの出典はwiki。





【ぱしふぃっくびいなす】

総トン数 26,518トン
全長 182.9 m
全幅 25.0 m
喫水 6.5 m
最大速力 21.9ノット
出力 18,540 PS
航続距離 7,000マイル
旅客定員 238室/696名(全室海側)

2018-9-2-2.jpg
ビィーナスというだけあって美しい。



【ダイヤモンドプリンセス】

総トン数 115,875 トン
全長 290.00 m
全幅 37.50 m
高さ 54 m(水面上)
喫水 8.5 m
主機関   ディーゼル
         バルチラ 9L46C(9,450 kW) 2基
         バルチラ 8L46C(8,400 kW) 2基
        ガスタービン
          LM2500+ (25,000 kW) 1基
推進器   電動ポッド推進器(20,000 kW) 2基
航海速力 22ノット
旅客定員 2,704名

2018-9-2-3.jpg

でかい。ビルを横にした感じ。
2018-9-2-5.jpg


【飛鳥 II】

総トン数  50,142トン
載貨重量 8,642トン
長さ    241 m
幅      29.6 m
喫水    7.8 m
主機関   MAN製ディーゼルエンジン4基 32,800 kW
速力    21ノット
旅客定員 872人

2018-9-2-1.jpg

おなじみの飛鳥II、といっても乗ったことはないけど。
2018-9-2-4.jpg



【ナッチャンWorld】

総トン数 10,712トン
全長 112m
全幅 30.5m
主機関  ディーゼルエンジン×4基
推進器 ウォータージェット推進×4基
出力 9,000kW×4
航海速力 約36ノット(満載時)
旅客定員 1,746名(最大)
車両搭載数 普通自動車350台 または
普通自動車  195台、トラック33台

2018-9-2-6.jpg



【PISCES LEADER】

全長199.98m
全幅35.8m
総トン数69.931トン

調べてみると自動車運搬船。
この大さん橋から自動車を載せるわけにも降ろすわけにもいかないと思うが、何故ここに?

2018-9-2-7.jpg



【氷川丸】

一応比較のために記載してみる。

総トン数  11,622トン
全長    163.3m
型幅    20.12m
喫水    9.2m
主機関   B&W社製 ダブルアクティング4ストローク8気筒ディーゼルエンジン2機2軸
出力    11,000hp (5,500hp×2)
最大速力  18.21ノット
旅客定員 一等船客: 76名 二等船客: 69名 三等船客: 186名
2018-9-2-8.jpg



【戦艦大和】
ちなみに、大艦巨砲主義のシンボルでもあり、子どもの頃いくつものプラモデルを作った記憶がある戦艦大和も調べてみた。

排水量  64,000トン (基準)、69,000トン (公試)、72,809トン (満載)
全長   263.0m
幅 38.9m
吃水 10.4m
ボイラー ロ号艦本式缶12缶
主機 艦本式タービン4基4軸
出力 153,553馬力
最大速力 27.46ノット(公試成績)
乗員 最終時:3,332名


なお、大和の「排水量」とは本当の重さであり、他の船の「総トン数」とは容積のことで、「総トン数×40%程度」が排水量になるらしい。
巨大というイメージがあるが、全長だけでみれば、ダイヤモンドブリセスよりやや小さいし、幅はほぼ同じ。

また、15万馬力に反応してしまうのは、アトム世代だけにやむを得ない。




横浜港に入港してくる豪華客船はまだまだたくさんあり、今回はほんの一部。


豪華客船に一度は乗ってみたいが、「俺には似合わないな」とも思う。

とりあえず、三日間ぐらいの安いコースでも試してみるかな。

| BLOG TOP |

copyright © 青い鳥はここにいたよ!! all rights reserved.Powered by FC2ブログ